灯篭流しと精霊流しの違いは?|夏の行事

夏の行事のなかで、”灯篭流し”や”精霊流し”という言葉をよく耳にしますね。

目的や形式など、それぞれ全く違ったものなのでしょうか?

スポンサードリンク

灯篭流しと精霊流しの違いは?

【灯篭流し】
灯篭(とうろう)は火が消えないようにカゴの中に灯りをともしたもの。つまり「灯火照明装置」です。

寺院では石造りの実に様々な装飾・構造の灯篭を目にすることができます。その歴史は古く、寺院の建設が盛んに行なわれた奈良時代にまでさかのぼります。

灯篭流し(とうろうながし)は、お盆の時期に紙や木でできた灯篭(灯籠)や盆のお供え物を川や海に流して死者の魂を弔う行事のことを言います。

お盆といえば亡くなったご先祖様の魂を”迎え火”でお迎えし、再び”送り火”でお帰りいただく行事ですが、灯籠流し・精霊流しはこの”送り火”の一種であるとされています。

そのため、お盆が地域によって時期が異なるように、灯籠流し・精霊流しも全国で一斉に行われるわけではありません。

また、お盆の行事としてではなく特別の追悼行事として行なわれるものもあります。

スポンサードリンク

【精霊流し】
精霊流しは、さだまさしさんの曲で全国でも有名になりました。精霊とは”死者の霊魂”を意味します。

灯篭流しと目的は同じで、お盆に死者の魂を弔う行事です。

では、どういったものを精霊流しと呼ぶのでしょう?

答えは”行われる地域”で、長崎県の各地および佐賀市・熊本県の一部、これらの地域で行われるものを精霊(しょうろう)流しと呼びます。

長崎市内で行われる精霊流しがもっとも有名です。

故人の家紋や趣味の品物、または町のシンボルなどが細部にこだわり飾りつけられた”精霊船”が長崎の町を通っていきます。

爆竹の音と掛け声で一気に賑やかになります。そこへ厳粛な鐘の音が合わさると、どこか哀愁をたたえた不思議な雰囲気があたりを包み込みます。

まとめ~灯篭流しと精霊流し それぞれの行事の特徴

灯籠流しと精霊流し
どちらもお盆の送り火の一種で
その違いは
・行なわれる地域で呼び名が変わる
・行事の形式
にあるようです。

故人を弔う思いが地域によって違うかたちで毎年執り行われています。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

花粉症の鼻詰まり|マスクにハッカ油で爽快!刺激が強いときは?
コンビニスィーツ セブンイレブンのさつまいもこを食べた感想
初詣の帰りに初めて太宰府バーガーを食べてみた
食中毒の予防|おにぎりを握るときの注意点 お弁当の保存法など
梅雨の湿気対策 押入れ編|新聞紙などの便利アイテム、扇風機が活躍?
梅雨|窓を開けるときの注意点は?カビや結露対策はどうする?
お月見はいつ?2016年の場合|なぜすすきに団子?台の名前は?
サーキュレーターとは何をするもの?メリットやデメリットは?
不二家のお菓子 3種のチーズのレアチーズタルトを食べてみた
花粉症|五月がツラい 原因は?血液検査の料金は?
出産祝いを贈るタイミングは?ベビー服のサイズはどうする?
友人の出産祝い|二人目に贈る品は何がいい?おすすめは?
さつまいもの保存方法|冷凍の注意点 賞味期限はどのくらい?
noimage
離乳食を五ヶ月から始めるのは早いの?アレルギーとの関係は?

Menu

HOME

TOP