ダイエット目的のランニング|食事のタイミングは運動前?後?

9d375c9ec3d725b9b59f9ecdbe077a77_s
「健康のため」
「美容のため」
「走るとストレス解消になるから」
それぞれの目的で多くの方がランニングに取り組まれています。

今回はダイエット目的のランニングについて。ダイエットに有効な”食事タイミング”はいつでしょうか?

スポンサードリンク

ダイエットを目的としたランニング|食事のタイミングは?

ダイエット目的に運動を始める場合にまず気になるのが、ランニングをするタイミングですね。せっかく走るのなら効果的に脂肪を燃やせるタイミングで走りたいですね。

そのためには
①食事する前に走る
②食事した後に走る
どちらが効果的なのでしょう?

脂肪がどのタイミングで燃焼されるかを考えてみましょう。
お腹がすいている時のほうが体内の”グリコーゲン”が少なく、脂肪が燃焼されやすいと言われています。グリコーゲンとは、体内でエネルギーを一時的に貯蔵することができる物質のこと。

運動すると、この”貯蔵されたグリコーゲン”がエネルギーとして使われます。そして、脂肪が使われるのはその後なんです。

スポンサードリンク

つまり、
グリコーゲンが少ない(=お腹がすいている)食事前の方が脂肪が燃焼しやすいことになりますね。

ダイエット目的のランニングでは食事は運動前に|注意点は?

■朝食前のランニングに注意しましょう
脂肪を効果的に燃焼するには食事前のランニングが有効だと分かりました。そして、もっとも効果的な時間帯は起床後です。体脂肪は、血糖値が低くなるとエネルギーとして使われます。起床後は血糖値が低いので脂肪が燃焼されやすいといえます。

ただし、朝の空腹時のランニングは血管(血圧)に負担がかかるのでおすすめしません。

注意!

人は寝ている間に水分を失っているので朝の血液はドロドロ状態です。朝起きたときに飲む一杯の水がいいというのは、この血液のドロドロ状態に有効だからです。運動をして汗をかくとさらに血液が濃くなってしまい”血栓”ができる原因となってしまいます。

なので、安全面を考慮して”夕食前のランニング”をダイエット目的の方にはおすすめします。

まとめ

ダイエット目的のランニングは夕食前がおすすめです。

全力で走るよりも”ゆっくり長く走る”ほうがダイエット(脂肪燃焼)には効果的です。

食事を制限し過ぎたり過度の運動で身体に負担がかかり過ぎないよう注意して、マイペースでランニングを楽しんでくださいね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

睡眠が浅い原因は食事にアリ?改善に必要な栄養素は何?
いちご鼻を改善する為に中学生の時期はどんな事に注意したらいいの?
オメガ3脂肪酸が私たちの健康に大きなメリットとなる理由は?
熱中症対策に麦茶とスポーツドリンクではどちらが最適?
冷え性対策の入浴は温度設定とお風呂上りの一工夫が効果的♪
アトピー肌に使う保湿クリームはシアバターがおすすめ 効果は?
脇の臭いが洗っても消えない対策男性編 私が効果を感じた対処法
アーモンドは髪の健康にも効果的なの?1日の摂取量と保存方法
はじめての蓄膿症|飲み物でおすすめなものは?
血糖値が急激に上がると太るのはなぜ?上げない食事のコツは?
手軽さが嬉しい!動脈硬化の予防が期待できる便利な食べ物は?
お風呂上り|なかなか汗が引かないので困る人の汗っかき対策
冷え性の改善には足のケアが大切 その理由と効果的な方法は?
冷え性対策に使う入浴剤の効果を高める方法 選び方とおすすめは?
自分の口臭が気になるけど対策はどうすればいいの?

Menu

HOME

TOP