高齢者が熱中症になりやすい理由は?熱中症対策|水分の取り方は?

熱中症患者の約半数が高齢者の方だと言われています。ニュースでもよく取りあげられますが、熱中症は日中だけでなく夜でも外出時だけでなく室内でも発生しています。

今回は“熱中症を防ぐための予備知識編”として

・高齢者が熱中症になりやすい理由
・熱中症の予防として気をつけておくポイント
・水分摂取で知っておきたいこと
をご紹介します。
スポンサードリンク

高齢者が熱中症になりやすい理由は?

高齢者が熱中症にかかりやすい理由として
体内の水分量が他の年代と比べて少ない
しかも水分の摂取量が少ない点が挙げられます。

高齢者は身体の中の熱を外に逃がす機能が衰えています。

汗が出にくいので体温を下げることができず、身体の中に熱がこもってしまう。つまり、体温を調節する機能がうまく働いていないのです。

それに加えて、暑さに気づきにくいことと節電対策のためにクーラーを使いたがらない方が多いことから、自宅で熱中症にかかる事例が多いといわれています。

熱中症対策|高齢者が気を付けることは?

熱中症対策として日常生活で気を付けておきたいポイントとして

・通気性の良い服装を着ることを心がける。

・外出時は帽子や日傘を使用する。

・温度計と湿度計をチェックして、高温多湿を避ける。

※温度は28℃以下、湿度は50~60%を目安に

スポンサードリンク

・食事の栄養バランスに気を付ける。メニューに汁物が入ると水分補給にもなり理想的です。

・扇風機で換気をする。クーラーの使用を我慢しない。

・日頃からこまめに水分を摂る。特に運動後と入浴後。

などが挙げられます。

熱中症 水分の取り方|高齢者の場合は?

先程こまめに水分を摂ることをおすすめしましたが、注意することがあります。

まず、一番大切なことは“喉が渇く前に飲むこと”です。実際に喉の渇きを感じだした時はすでにかなりの水分不足の状態になっていることが多いのです。

ご家族の方がときどき声掛けをして促してあげるといいですね。

喉は大して乾いていないと感じても用心のためと思ってこまめに水分補給をすることが何よりの熱中症対策になります。

暑いときには冷えた飲み物のほうがすぐ身体も冷えてよいのでは?と思いがちですが、冷たい飲み物だと内臓機能が低下してしまい、身体が水分を吸収する働きが悪くなってしまいます。飲み物は冷やしすぎないようにしましょう。

一緒に塩分もとると効果的です

アルコール・カフェインの入った飲み物は利尿作用が働いて余計に体内の水分が減ってしまうので、熱中症にかかる人が多い時期はなるべく控えましょう。

薄めたスポーツドリンクや経口補水液(水に食塩とブドウ糖が入っています)・ミネラル入り麦茶が有効です。

まとめ

今回は“熱中症を防ぐための予備知識編”として日常生活で気を付けておきたいこと、特に水分を摂る際に注意しておくことをご紹介しました。

安心して過ごすために熱中症になりにくい環境を積極的につくっていきましょう!

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

お盆の時期は地域で違う?2016年はいつからいつまで?
noimage
入浴後のお風呂場のカビ対策|有効なのは換気扇?窓を開ける?
赤ちゃんの首に湿疹ができた場合は病院に行った方が良い?
マダニの対策 登山・キャンプ編|虫よけスプレーの効果は?噛まれたらどうする?
セブンのかりんとう饅頭を食べた感想【コンビニスィーツ】
赤ちゃんのアトピー症状はいつから?原因が母乳の可能性は?
ハムステーキの焼き方とおすすめソース 付け合わせは何が良い?
セブンイレブンの芋パフェ『お芋とほうじ茶の和ぱふぇ』を食べてみた
初詣の帰りに初めて太宰府バーガーを食べてみた
noimage
赤ちゃんが頻繁に頭をかきむしる原因は何が考えられる?
電子レンジの臭いとりはどうすれば?|3つの方法
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP