お彼岸ってそもそも何? “ぼたもち”と”おはぎ”の違いは?

今回は”お彼岸”について。

お彼岸はお墓を参ってご先祖様にご挨拶・供養をするものですが、どうして年に2回、春と秋の時期に行うのでしょうか?

お彼岸の食べ物といえば ぼたもちおはぎ。一見同じものに見えますが、何が違うのでしょうか?

スポンサードリンク

お彼岸ってそもそも何?

お彼岸は”先祖供養”をおこなう春と秋の行事です。

春分の日と秋分の日を中日(ちゅうにち)として、その前後3日を合わせた7日間のことを指します。

初日を「彼岸入り」、終日を「彼岸明け」と言います。

【2016年(平成28年) 秋のお彼岸の時期】
彼岸入り:9月19日(月)
中日(秋分の日):9月22日(木)
彼岸明け:9月25日(日)

仏教では、極楽(ご先祖様のいる世界)のことを”彼岸”、私達が生きている世界のことを”此岸(しがん)”といいます。

彼岸は”西”、此岸は”東”にあるとされていています。春分・秋分の日は太陽がほぼ真東から昇り真西に沈むので彼岸と此岸が通じやすいと考えられたため、先祖供養をこの時期に行うようになりました。

お彼岸に行う事は主に
・ご先祖様に感謝する
・”六波羅密”の実践
とされています。

お彼岸の”中日”にご先祖様に感謝し、残る6日は、「六波羅蜜」を1日に1つずつ修めます。

スポンサードリンク

「六波羅密」は悟りの境地に達するための6つの徳目のことで、これを実行し、守れば幸せになると言われています。

「六波羅密(ろくはらみつ)」
一、「布施(ふせ)」感謝の心で自分の持っている物を他の人に分け与える

二、「持戒(じかい」規律を守る

三、「忍辱(にんにく)」不平不満を言わない。怒りを捨てる

四、「精進(しょうじん)」精進努力する

五、「禅定(ぜんじょう)」常に心を安定させる

六、「智慧(ちえ)」ありのままを見つめる。智慧を働かせる

お彼岸の食べ物 “ぼたもち”と”おはぎ”の違いは?

お彼岸の食べ物といえば”牡丹餅(ぼたもち)”と”お萩(おはぎ)”ですね。

どちらも材料は同じものです。もち米などを炊き、つぶして丸めたものを”あん”や”きな粉”で包むというもの。

春と秋、食べる時期の違いをそれぞれの季節に咲く花を名前にすることで表しているのです。春に咲く”牡丹”、秋に咲く”萩”ですね。牡丹は大きなお花なので牡丹餅は”大き目”に、萩は小さなお花なのでお萩は”小さ目”に作られます。

まとめ

お彼岸は仏教の思想が深く関わっている行事でしたね。

お墓参りでご先祖様への感謝と供養を行ないますが、それを含めて”「徳」のある生活を送れているか自分を見つめ直す期間”という意味が込められているようです(^^)

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
熱中症の予防に経口補水液|手作り方法は?高齢者の脱水に注意
手汗対策でベビーパウダーを制汗剤代わりに塗ると効果あるの?
梅雨|窓を開けるときの注意点は?カビや結露対策はどうする?
夏野菜で熱中症予防には”きゅうり”が有効 食べ合わせは?
お中元を渡すときのマナー|内のし 外のし、どっち?
赤ちゃんの暑さ対策|保冷剤がお出かけに活躍♪ 夜の睡眠を快適に
花粉症の鼻詰まり|マスクにハッカ油で爽快!刺激が強いときは?
秋はきのこで健康に|その万能効果とは?
足のむくみの原因|高齢者の場合は何が考えられる?確認方法は?
重曹は除湿アイテムとしても効果的!再利用はできる?
ローソンのウチカフェスイーツ/生チョコ純生クリーム大福の感想
お中元・お歳暮|お返しは必要?マナーは?断り方はどうする?
アトピーを持つ乳児を入浴させる際のポイントと注意点は?
ほうじ茶の生ガトーショコラ感想【セブンのコンビニスィーツ】

Menu

HOME

TOP