室外犬の暑さ対策に有効なグッズは?タイル・氷など

s-254909
小さなころから外で暮らしてきたワンちゃん。暑さにも慣れているコが多いと思いますが、近年の気温の上昇にはやはり注意と対策が必要ですね。

今回は室外犬暑さ対策をご紹介します。

スポンサードリンク

室外犬の暑さ対策|有効な方法&グッズは?

■犬舎に日が当たらないよう”よしず”を置く
ワンちゃん・犬舎に直射日光が当たらないだけでなく、”犬舎周辺の地面に熱がこもる(蓄熱)”のを防ぐ効果も期待できます。近年注目されている”緑のカーテン”も、もちろん効果大です。

※注意
クーラーの室外機が犬舎の近くに設置されている場合は注意しましょう。クーラー使用時は外の室外機からは常に熱気がでているので気温がさらに上昇してしまいます。

■ブラッシングで抜け毛をとる
余計な毛をブラシでとってあげることで風が身体に通りやすくなります。

■サマーカット
適度なサマーカットは毛の中で熱がこもるのを防いでくれるので効果的です。ただし、地肌が透けて見えるまで切るのは以下のような理由から、とても危険なのでやめましょう。

・外気温が直接身体に伝わってしまうので、短く切りすぎるとかえって熱中症になりやすい

・”毛”のクッションがないのでワンちゃんがケガをしやすい

スポンサードリンク

室外犬の暑さ対策|タイルを使う?使わない?

ワンちゃんは涼しい場所を見つけるのが得意だし、土を掘るのが大好き♪よく、夢中になって土を掘りおこしたあとお腹をピタッとひっつけて涼んだりしてますよねw

タイルも体温を下げるのに効果的ですが、”ワンちゃん自身が気に入るかどうか”で全てが決まります(^_^;)

タイルを検討する場合は、最初は安価なものを購入してワンちゃんの反応を試してみて、気に入るようだったら次の機会に冷却効果の高いペット用タイルを購入してみてはいかがでしょうか(^^)

室外犬の暑さ対策|ワンちゃんは氷好き?

暑さのためワンちゃんがあまり水を飲まない時は、水の代わりに”氷”をあげると好んで食べてくれるかもしれません。

夏は特に小まめな水分補給が大切ですので、ワンちゃんが氷を気に入ってくれると熱中症対策として重宝しますね。飲み水の中に氷を2~3個ほど浮かべてあげると、氷を食べるうちに水も一緒に飲むことになるので効率がいいですよ。

※注意
氷の食べ過ぎでお腹が冷えて下痢になることもあります。”水を飲む”が基本で、水を飲まないときに補助的に”氷をあげる”というかたちが理想です。

夏は水が飲めないと熱中症や脱水症状など危険な症状につながることがありますので朝から水をたっぷりとボウルに入れてあげましょう。

ボウルが倒れて水がこぼれたり蒸発することもあるのでボウルを複数置いておくと安心です。定期的に飲み水を確認して、水が切れないように注意しましょう。

まとめ

ワンちゃんが脱水や熱中症になることがないようしっかり対策をとって夏を乗り切りましょう!

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

出産祝いを贈るタイミングは?ベビー服のサイズはどうする?
花粉症の鼻詰まり|マスクにハッカ油で爽快!刺激が強いときは?
梅雨時期も熱中症に注意!ポイントは湿度? 対策は?
花粉症|五月がツラい 原因は?血液検査の料金は?
子供が言うことを聞かない時の対処法|反抗心を和らげる
寿司屋でのマナー|おあいそは間違い?においチェックを忘れずに!
室内犬のお留守番 暑さ対策は?扇風機は有効?|散歩の注意点
赤ちゃんのアトピー症状はいつから?原因が母乳の可能性は?
経口補水液の作り方と効果的な飲み方は?スポーツドリンクとの違いは?
お中元のマナー|送り状は?喪中のときは?期間を過ぎたらどうする?
花粉症から室内犬を守る対策は?|散歩にはこのアイテム
乾電池のアルカリとマンガンはどう使い分ける?併用してもOK?
夏の停電に備えて|赤ちゃんのミルクや暑さ対策をどうする?
夏の水分補給はココに注意!おすすめな飲み物は?
猫の暑さ対策 お留守番の注意点は?|便利グッズについて

Menu

HOME

TOP