さつまいも |ダイエットに効果的な理由は?食べ方にポイントが!

s-247520
さつまいもは炭水化物なのに、どうしてダイエットに有効だと言われているのでしょうか?さつまいもがダイエットにおすすめな理由と、ダイエット効果を引き出す食べ方のポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

さつまいも |ダイエットに効果的な理由は?

■ヤラピンと食物繊維のW効果!
『ヤラピン』とは、さつまいもを輪切りにしたときに出てくる白い乳液状の成分で、腸の蠕動(ぜんどう)運動を活発化させ便通を促す効果があります。

そして、さつまいもには食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は腸内環境を整える働きがあります。大腸内で水分を吸収して膨張することで便のかさが増し、腸壁を刺激して腸の蠕動運動を促進して便通を改善させます。

この『ヤラピン』と『食物繊維』の相乗効果がさつまいもがダイエットに向いている理由のひとつです。

■グリセミック指数が低い
さつまいもはグリセミック指数が低く、炭水化物のなかで太りにくい食材だと言われています。

スポンサードリンク
【グリセミック指数とは】
グリセミック指数(glycemic index)
炭水化物が消化されて糖に変化するまでの速さを相対的に表す数値で、”GI値”とも言います。

GI値が高い→太りやすい
GI値が低い→太りにくい

と判断できます。

【例】
・同じ芋でも”じゃがいも”はGI値が高く太りやすい。
・玄米のほうが白米よりもGI値が低いのでダイエット向き。

■食べ応えがあるわりにカロリー控えめ
さつまいもは満腹感が得られますしローカロリー。飽きが来ない味なので、無理なくダイエットを続けるのに適した食材です(もちろん食べ過ぎてはダメですよw)。

さつまいも |ダイエットに有効な食べ方のポイントは?

■皮ごと食べる
さつまいもに含まれるダイエット効果が期待できる成分は、「周皮」という身と皮が接している部分に集中しています。さつまいもは皮ごと食べてこそ、その効果が十分に発揮されると言えますね(^^)

■最初に食べる
さつまいもにたっぷり含まれている食物繊維は、脂肪や糖の吸収をおさえる(血糖値の上昇がゆるやかになる)働きがあります。食事の順番でいうと、最初に食べたほうが効果的です。

まとめ

ダイエット効果・美容効果が期待できるさつまいもにをご紹介しました。

最後に注意点を二つ、

・いろいろな方法で調理ができるさつまいもですが、揚げるとカロリーオーバーになるのでダイエット目的にはおすすめしません。

・食べただけやせるわけではありません。食べ過ぎればもちろんカロリーオーバーになります。適量を守ってダイエットに活かしましょう(^^)/

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

会社での挨拶や会話|上司 来客時 電話対応の常識マナークイズ
noimage
バーベキューの炭 簡単な火の起こし方は?火起こし器編|種類について
自律神経を整える方法|お風呂でストレスを解消するコツとは?
梅雨の洗濯物|除湿器の機能を活かして早く乾かすコツとは?
花粉症にマスクは効果あるの?選び方と耳が痛いときの対処法は?
友人の出産祝い|二人目に贈る品は何がいい?おすすめは?
小学生は熱中症になりやすい? 対策と観察のポイントは?
noimage
熱中症の予防に経口補水液|手作り方法は?高齢者の脱水に注意
noimage
ブヨから身を守るための予防策|服装の注意点と刺されたときの対処
noimage
赤ちゃんのアトピー対策はステロイド以外では何があるの?
ココアってカフェインが入ってるの?|寝る前に飲んでも大丈夫?

Menu

HOME

TOP