夏の水分補給はココに注意!おすすめな飲み物は?

本番!冷たい飲み物を飲む機会がいっきに増えるこの季節。

水分補給はやり方ひとつで効果が全然ちがってきます。どういった点に気をつけたらいいのでしょうか?

今回は『水分補給の注意点とコツについて』です。

スポンサードリンク

夏の水分補給はココに注意!

【理想的な飲み方は?】
冷たい飲み物をゴクゴクッと大量に一気飲み!爽快感があって気持ちが良いですよね(^O^)私もよくやっていました。

でも、この飲み方は内臓や消化器官にダメージを与えてしまい、かえって夏バテの原因となってしまいます。お腹が冷えて体調が悪くなることもあります。

実は、一気にたくさんの水分をとっても栄養分が血液には吸収されず、そのほとんどがただ排泄されるだけになってしまうんです。

■できるだけ温かい又は常温の飲み物を選ぶ
■少量をこまめに摂る

この二つを意識すると身体に負担がかからず、夏バテ予防としても有効です。

【甘い飲料の飲み過ぎには注意!】
甘い清涼飲料水などを飲み過ぎるとかえって夏バテの症状がでることがあるので注意が必要です。

夏バテ予防には”ビタミンB₁”をしっかり補給することが大切。ビタミンB₁には糖質をエネルギーに変換する働きがあります。

ここでポイントになるのがビタミンB₁と糖質のバランスです。

糖質を摂りすぎる(甘い飲料を飲み過ぎる)とビタミンB₁はどんどん消費され、やがて不足状態に…すると身体は糖質をエネルギーに変換できません。

スポンサードリンク

エネルギー不足は”身体がだるい”、”疲れる”など夏バテへとつながることに。

それを防ぐには糖質を摂りすぎないこと、身体に摂取した糖質がエネルギーに変換できるようしっかりとビタミンB₁を摂取することが大切です。
※ビタミンB₁は一度に多量に摂っても排泄されるので過剰摂取には気をつけましょう

ビタミンB₁は”うなぎ”や”玄米”、”豚肉”等に多く含まれています。

夏の水分補給|おすすめな飲み物は?

夏の水分補給でおすすめな飲み物はミネラルウォーター、麦茶、スポーツドリンクです。

・日常生活ではミネラルウォーターや麦茶

・運動時や大量に汗をかいた時にはスポーツドリンク

と、状況にあわせて飲み分けることが大切です。

麦茶にはカフェインが含まれていないのでおすすめです。

緑茶や紅茶、コーヒーに含まれているカフェインには”利尿作用”があります。利尿作用により水分の排出が促進され、気付かない間に脱水症状になることもあるので飲み過ぎには注意が必要です。

スポーツドリンクは”塩分”を含んでいるので運動して汗をかいたとき、特に熱中症予防に有効です。ただし、飲み過ぎるとすぐにカロリーオーバーになるので注意!

まとめ

夏の水分補給で理想的なのは常温または温かい飲み物を適量をこまめにとること。噛むようにしてゆっくり飲むと身体に優しくさらに効果的です。

塩分は普段の食事でしっかり摂れていますので、運動時や大量に汗をかいたときだけスポーツドリンク等で補給するようにするといいですよ(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

お中元のお礼状の書き方は?お返しする場合金額は?いつまでに渡す?
お弁当の夏の対策 おにぎりの具材でおすすめは?腐りやすいのは?
犬の熱中症症状と応急処置を覚えておこう|塩分の補給は必要?
noimage
赤ちゃんの首に湿疹ができた場合は病院に行った方が良い?
noimage
お盆|盆棚の飾り方 なす きゅうりの置き物の名前 ほおずきの意味は?
高齢者が熱中症になりやすい理由は?熱中症対策|水分の取り方は?
梅雨の洗濯物|除湿器の機能を活かして早く乾かすコツとは?
中学生になる息子への入学祝いのお返し|金額や礼状はどうする?
お盆の時期は地域で違う?2016年はいつからいつまで?
梅雨どきの洗濯物|部屋干し対策 臭いを抑えるコツは?
車の暑さ対策グッズ|ダッシュボードも保護するサンシェード~吸盤付
牛乳が苦手な小学生の子供に試してみたい方法
セブンのベイクドチーズタルトを食べてみた【コンビニスイーツ】

Menu

HOME

TOP