お月見はいつ?2016年の場合|なぜすすきに団子?台の名前は?

s-132154
日本の秋の風物詩・お月見。今年2016年はいつ行われるのでしょうか?

どうしてお月見ではすすきやお団子飾るのでしょう?お団子を乗せる台の名前、ご存じですか?(^^)

スポンサードリンク

お月見はいつ?2015年(平成27年)の場合

お月見は旧暦の行事なので、毎年行われる時期が異なります。

(旧暦では8月15日と9月13日です)

2016年(平成28年)のお月見は

9月15日(木)~十五夜、中秋の名月~

10月13日(木)~十三夜~

です。

そしてすすきとお団子を飾るわけですが、旬の食材として十五夜(9月15日)には里芋、十三夜(10月13日)に小豆・枝豆・栗などを飾ることもあります。

スポンサードリンク

お月見|なぜ すすきを飾るの?

お月見に飾られるすすきには”魔除け”の力があり、供えたすすきを軒先に吊るしておくと、一年間病気をしないとも言われています。

お月見|なぜ 団子を飾るの? 団子を乗せる台の名称は?

お団子は、十五夜と十三夜とで意味合いが変わります。

十五夜ではこれから行なう収穫が実り多いことを祈って。十三夜では五穀豊饒への感謝を込めて、それぞれの日に収穫物である米の団子を供えました。これが、お月見にお団子を飾る由来だと考えられています。

お団子を乗せる木の台…
あれは三方(さんぼう)、又は三宝(さんぽう)という名称で、神事や仏事に使われるお供え用の器です。

お団子は三方(又は三宝)に直には置かず、半紙や奉書紙(ほうしょがみ)といった白い紙を敷いてから置きましょう。

まとめ

中秋の名月である十五夜は中国から伝わったものですが、十三夜は日本でつくられた風習のようです。

お団子はご自宅にあるお盆やお皿に置いてもいいのですが、お月見の雰囲気を十二分に味わいたいときは三方(三宝)を用意してみるのもいいですね。Amazon、楽天でも購入できますよ。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ハムスターの寒さ対策
熱中症対策|水分補給に適した飲み物は?牛乳は高齢者にもおすすめ
食中毒の予防|おにぎりを握るときの注意点 お弁当の保存法など
洗濯物の紫外線対策|黒い衣類の日焼けによる色落ちを防ぐには?
お彼岸に結婚祝いを渡すのはタブーなの?マナーで気をつける事は?
花粉症の鼻詰まり|マスクにハッカ油で爽快!刺激が強いときは?
赤ちゃんが頻繁に頭をかきむしる原因は何が考えられる?
noimage
バランスボール 75cmサイズを椅子代わりに使ってみた感想 レビュー
noimage
お弁当の夏の対策 おにぎりの具材でおすすめは?腐りやすいのは?
初詣の帰りに初めて太宰府バーガーを食べてみた
掃除|重曹とクエン酸の使い分け方 混ぜるのは危険?注意点は?
離乳食を食べてくれない5ヶ月の赤ちゃんにできる簡単な工夫は?
離乳食を五ヶ月から始めるのは早いの?アレルギーとの関係は?

Menu

HOME

TOP