花粉症|五月がツラい 原因は?血液検査の料金は?

「もう五月なのに目がかゆいし、くしゃみがでる。どうして?」
花粉症といえばスギ科・ヒノキ科の情報が大きくとりあげられ、「春」「4月頃まで」というイメージがありますが、ほぼ一年をとおして花粉は飛散していると言われています。

・五月には主に何科の花粉が飛んでいるのか。
・花粉以外に考えられる原因は?

まずはこの2点を見てみましょう。

スポンサードリンク

花粉症|五月になってもかゆい! 原因は?

五月に飛んでいる花粉は主に『イネ科』であるといわれています。主なイネ科の植物は以下の通りです。

カモガヤ
ハルガヤ
オオアワガエリ
ホソムギ
スズメノカタビラ
スズメノテッポウ など

イネ科花粉症は「夏の花粉症」と言われています。イネ花粉はちょうどスギやヒノキ花粉が終わる5月頃から飛び始めるので「自分はスギ花粉が原因だと思っていたけど、調べてもらったらイネ花粉だった」というパターンもありますね。

注意する点として

・十分な換気を行う
・水田・土手や堤防・河川敷にはできるだけ近づかない
が挙げられます。

スギ花粉などの春の花粉とは違って、イネ花粉は季節がら室内で被害が大きくなることがあります。気温の上昇が関係してくるそうです。

十分な換気を心がけましょう。
※花粉の少ない午前中に行います。
※ご自宅の近くに水田・堤防・河川敷がある場合は逆効果になる場合があり、注意が必要です。

イネ科の植物が生息している場所として水田・土手や堤防・河川敷・植物の多い公園などがあります。こういった場所を意識してなるべく近づかないようにすることも大切です。

スポンサードリンク

また、イネ科の花粉が飛散する距離は約200Mであると言われています。
他の花粉と比べ粒子が大きいので、遠くまでは飛んでいかないのだそうです。

今まではイネ科が原因の花粉症はなかったのに突然症状が出ることもありますので、血液検査(アレルギー検査)を受けて原因を調べることも大切です。

花粉以外に考えられる原因としては、黄砂又はPM2.5がありますね。

これらは花粉症状を起こす、又は悪化させてしまいます。花粉より細かく、様々な物質を含んでいますので、気管支や肺にも影響があるそうです。

これらが原因の場合は花粉情報と共に黄砂やPM2.5の情報もチェックしましょう。

花粉症|血液検査の費用は?

黄砂やPM2.5・ハウスダスト等、アレルギーの原因は花粉だけとは限りませんので一度病院で血液検査(アレルギー検査)を受けて原因をつきとめると対策も立てやすくなります。

花粉症といえば耳鼻科を受診される方が多いですが、
内科や小児科でも検査は可能なようです。

病院によって差はあると思いますが、だいたい3000円~6000円で受けることが出来ます。

特に子供の場合は通年性の鼻炎と鑑別診断する必要もあります。

まとめ

花粉症も季節や花粉の種類によって特徴や対策も変わってきます。

今回ご紹介したイネ科の花粉には

・あまり遠くには飛散しない
・春の花粉の時期とは違い、「換気」が大切
・イネ科の植物は水田・堤防・河川敷などに多い
という特徴がありました。

また、黄砂・PM2.5、ハウスダスト等、他のアレルギーが原因である場合もあるので症状がひどい、または何が原因か気になるという方は病院で血液検査(アレルギー検査)をしてもらってはいかがでしょうか?

何でもそうですが、早めに対処しておくことが大切ですね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

赤ちゃんの首に湿疹ができた場合は病院に行った方が良い?
喪中はがきが届いたらどう対応する?知っておきたいマナー
noimage
食中毒の予防|おにぎりを握るときの注意点 お弁当の保存法など
赤ちゃんの熱中症予防|クーラーや扇風機の上手な使い方と注意点
ハムステーキの焼き方とおすすめソース 付け合わせは何が良い?
レンコンは栄養満点!風邪の初期症状にも効果を発揮
ハムスターの寒さ対策
綿棒でおこなう耳かきのコツと注意点 毎日やって大丈夫?
ブヨから身を守るための予防策|服装の注意点と刺されたときの対処
部下からお歳暮が届いた場合お返しは必要?お礼状の文例は?
土用の丑の日2016|今年はいつ?うなぎを食べる理由は?作った人は誰?
室内犬のお留守番 暑さ対策は?扇風機は有効?|散歩の注意点
秋刀魚のわた(内臓)に美容効果が♪魚の見分け方のコツは?
日焼けした背中のケア|一人で化粧水を塗る方法は?

Menu

HOME

TOP