佐賀の秋のお祭 唐津くんち|”くんち”の意味や見どころは?

佐賀県の唐津神社で行われる秋祭り、唐津くんち。

お祭りでひときわ目に留まるのは、漆や金箔で美しく彩られた巨大な曳山の姿です。

総勢14台の曳山が、所狭しと行進していく姿は必見です。

スポンサードリンク

佐賀の祭 唐津くんち|”くんち”とは?

唐津くんちは秋の豊穣に対して感謝をあらわすお祭です。

”くんち”という言葉は、九州北部における秋祭りに対する呼び名のことを言います。

なので、日本三大くんちは唐津くんちの他に、福岡県の”博多おくんち(こちらは”お”が付きます)”、長崎県の”長崎くんち”とすべて九州の北部の県になるわけですね。

唐津くんちの見どころとスケジュール

唐津くんちの見どころのひとつとして挙げられるのが、「漆の一閑張り」という伝統工芸技法で制作された曳山(ひきやま)の美しさです。

漆だからこそ表現できる重厚な色彩、そして金箔を施された曳山は、高さが7m余り、重さは2~3tにもなります。

スポンサードリンク

刀町の一番曳山『赤獅子』から、江川町の十四番曳山『七宝丸』までの14台にもおよぶ曳山を、法被姿の曳子たちが勢いよく曳きまわしていきます。

祭りは11月の2日~4日の3日間で、以下のようなスケジュールとなります。

2日(月)宵ヤマ…前夜祭。

3日(火)御旅所神幸(おたびしょしんこう)…唐津くんち。

最大の見せ場、曳き込み・曳き出しが行われる。

4日(水)町廻り…巡行し、最後には曳山が”曳山展示場内”に納められる。

■唐津くんち秋季例大祭
【開催日時】
2016年11月2日(水)・3日(木)・4日(金)の3日間。

※3日が祝日(文化の日)の為、この日が毎年観光客が一番多いようです。

【開催場所】
唐津神社周辺

【交通アクセス】
JR唐津駅から徒歩で約10分

【お問合せ】
唐津観光協会
TEL:0955-74-3355

まとめ

2日の”宵ヤマ”は提灯の明かりに照らされた曳山が幻想的で人気ですよ。

宵ヤマはその名の通り夜に運行開始なので、寒さ対策を万全にしてお越しくださいね(^^)

佐賀県の唐津くんちをご紹介しました。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク