花粉症|秋はどんな種類の草が原因なの?風邪との見分け方は?

は春の次に花粉症の症状が出やすい季節だと言われています。秋の花粉症はどんな植物が原因でどんな特徴があるのでしょうか?

そして、夏を乗り切り疲れがたまったこの時期は風邪にも注意が必要ですね。
風邪と花粉症は症状が似ているので「これってどっち?」と迷ったことはありませんか?

見分け方のポイントはどこにあるのでしょうか。

スポンサードリンク

花粉症|秋はどんな種類の草が原因なの?

s-113398
秋の花粉の特徴として(春の花粉と比べて)
■花粉の飛散量が少ない

■花粉の飛散する範囲が狭い

が挙げられます。

秋に花粉を飛ばす植物がどこに生息するか。これをしっかりと把握して近づかないようにする!これで発症する可能性を減らすことができます。

それでは秋の花粉症の原因と言われる主な植物が、どんな場所に生息するかを見ていきましょう。

■ブタクサ
生息場所:野原、道端、土手など

キク科の一年草(飛散時期:8月~10月)

日本ではスギ、ヒノキの次に患者が多いと言われています。アメリカではブタクサによる花粉症の患者が一番多いそうです。

■ヨモギ
生息場所:山地、野原、土手、畑など

キク科の多年草(飛散時期:8月~10月)

天ぷらでおなじみの草です。花粉の飛散量が増加していて患者さんも増えています。

スポンサードリンク

■カナムグラ
生息場所:野原、道端、荒地など

アサ科の一年草(飛散時期:8月~10月)

つる植物で電柱や木、ガードレール等に絡みついています。茎には小さなとげが沢山あります。

晴れで風の強い日は特に注意が必要です。

どうしても野原や山などに行かなくてはいけないときは、マスク・メガネ・帽子等で花粉をしっかりとガードしましょう。

スカーフ等、ツルツルしたものを身につけていると花粉がつきにくく効果的です。

花粉症|風邪との見分け方は?

風邪の場合くしゃみは数回で治まり、鼻水もさらさらしたものから次第に色のついた粘りのあるものに変わってきます。

花粉症の場合くしゃみは一度に何回も繰り返して出ることが多く、鼻水は大量でさらさらしています。

一番分かりやすいのは『鼻水』で、

■鼻水が粘着性(どろっとしている)で、吸い上げることができる⇒風邪

■鼻水がさらさらしていて、勝手に垂れてくる⇒花粉症

といった特徴が見られます。

『症状がどのくらい続くか』、これも見分けるポイントになります。

風邪は安静にしていれば2~3日で症状が軽減するので、1週間以上症状が変わらなければ花粉症の可能性が高くなります。

まとめ

花粉症と風邪どちらにも言えますが、外出後の”手洗い”と”うがい”が大切です。また、秋はハウスダストが原因のアレルギーも多くなります。

ハウスダストが原因かどうかハッキリさせたいときは病院での検査が必要です。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

夜の”眠れない”を改善してくれる?478呼吸法のやり方とその効果は?
熱中症対策|水分補給に適した飲み物は?牛乳は高齢者にもおすすめ
noimage
恋愛についての悩み相談を電話で占い師さんとする方法は?
大阪の海遊館にJR大阪駅から市営バスを利用して行ってみた
冷蔵庫の節約方法|設定温度と整理のコツは?
会社での挨拶や会話|上司 来客時 電話対応の常識マナークイズ
猫の暑さ対策 お留守番の注意点は?|便利グッズについて
足のむくみの原因|高齢者の場合は何が考えられる?確認方法は?
お中元・お歳暮をやめたい|どちらからやめる?渡し方ひとつで違いが!
noimage
蜂に刺されないための外出時の予防策は?服装やスプレーについて
noimage
赤ちゃんの首に湿疹ができた場合は病院に行った方が良い?
重曹は除湿アイテムとしても効果的!再利用はできる?

Menu

HOME

TOP