ハロウィンかぼちゃでジャック・オー・ランタン|作り方と保存法

今回は本物のかぼちゃを使ってハロウィンランタンを手作りする方法をご紹介します。

一番オーソドックスな”三角形の目鼻とギザギザの口”のジャック・オー・ランタンを作ってみましょう。

スポンサードリンク

ハロウィンかぼちゃでジャック・オー・ランタン|作り方

【かぼちゃはどこで手に入るの?】
ハロウィンの時期に近づくと
・スーパー

・ホームセンターのガーデニング売り場(大きめサイズがある可能性大)

・東急ハンズ

・コストコ

・花屋(小さい手の平サイズが多い)

・ネット通販
等で手に入ります。

※店舗によっては置いてない場合もあります。

【準備するもの】
・ナイフ(果物ナイフ等)
※小さい手の平サイズのかぼちゃは彫刻刀でOK
・油性マジック
・スプーン
・ビニール手袋
・新聞紙

【作り方】
①テーブルが汚れないよう新聞紙を広めに敷いておく

②油性マジックでかぼちゃに顔を描く

■複雑なデザインの顔の場合
紙に鉛筆で顔を描き、セロハンテープ等でかぼちゃに紙を貼り付けて画鋲を鉛筆の線に沿って指していきアタリをつける。
※紙の端っこを数か所、ハサミで切り込みを入れておくと丸いかぼちゃでも紙を貼り付けやすくなります。

③かぼちゃの底をナイフで切り抜く

キャンドルを設置できるくらいの大きさに切ります。切り抜いたかぼちゃの底はキャンドルを設置しやすいよう、きれいに削って形を整えておきましょう。

④かぼちゃの中の種とワタをスプーンで取り除く
 
取りにくいところはビニール手袋をつけた手で直接取り除いたほうが早いです。

⑤下書きにあわせてナイフを直角に入れる

直線は簡単に切れますが、曲線はゆっくり少しずつ角度をかえて慎重に切りましょう。

スポンサードリンク

目・鼻・口を切り抜いた箇所の内側のわた・皮を大き目に取り除いておくと、完成後ロウソクを灯したとき灯りが綺麗に外側に映し出されます。

⑥濡れたタオルで下書きのマジックの跡を綺麗に拭き取る

⑦最初に切り抜いた底をもとの位置にはめ込んで完成!

【ロウソクについて】
本物のロウソクを使うほうが雰囲気が出ていいのですが、取り扱いには十分注意が必要です。特に小さいサイズのかぼちゃは上面が炎に近くて危険です。

ロウソクに見立てた電池式のキャンドルライトが100均にありますので、こちらがおすすめです。
(※置いてない店舗もあります)

ハロウィンかぼちゃの作り方|保存はどうする?

本物のランタンは生ものだけに保存方法が気になるところですね。

通常”一週間持てばいいほう”だと言われています。少しでも長持ちできるよう次の方法を試してみて下さい。

■風通しの良い場所に置く
乾燥させたほうが長持ちするようです。

■日陰の涼しい場所に飾る
直射日光・湿気はできるだけ避けましょう。

■水で薄めた漂白剤をかける
漂白剤をスプレーすることで雑菌の繁殖を抑えてくれます。

今回ご紹介したようなランタン作りに使用するかぼちゃは、観賞用として売られているもので食べられませんのでご注意を。ハロウィンを楽しんだ後は感謝して処分しましょう。

まとめ

ジャック・オー・ランタンは目鼻口の形の位置や大きさのバランス、角度を変えることで笑ってるような顔、怒ってるような顔などさまざまな表情に変わるので顔に変化をつけて何個か作ってみるとバラエティー豊かになります。

かぼちゃもわざと違う形のものを選んで購入すると仕上がりも随分変わって楽しいですよ。

口の形を切るのが難しいですが、ここをこだわってしっかり作り込むと迫力あるランタンになりますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

酉の市での熊手の買い方・飾り方|初めて買う前に知っておきたい事
はじめての祇園祭|縁起物で金運をつけたいならどこを周るべき?
noimage
西日本大濠花火大会2016の会場以外でおすすめの鑑賞スポット
菖蒲まつり~戸畑の夜宮公園~2016年の基本情報 駐車場はある?
岐阜県 秋の高山祭り2016で人気の”布袋台のからくり奉納”を体感しよう
noimage
父の日に腕時計のプレゼント|2万円台ではノット(Knot)がおすすめ
noimage
福岡県朝倉市のおしろい祭り|杷木大山の自然に囲まれて
敬老の日のプレゼントに赤ちゃんの写真入りマグカップ|撮り方のコツは?
noimage
仙台観光で青葉祭りを楽しむ|出店や食事は?交通手段は何がある?
大津祭2016の日程と厄除ちまきを入手するコツ ゆるキャラの名は?
大曲の花火2016の交通情報を詳しく知る方法は?必要な持ち物は?

Menu

HOME

TOP