香典の郵送はお悔やみ文を添えて|送るタイミングは?

訃報(ふほうー死亡の知らせ)を受けた際、遠方に住んでいたり、やむを得ない事情で弔問(ちょうもん)出来ないこともあると思います。

今回は香典郵送するときに気をつけておきたいこと、お悔み文の文例をご紹介します。

スポンサードリンク

香典の郵送はお悔やみ文を添えて

・香典を郵送する その前に…
余計な義理を貰いたくない為に家族葬(身内だけでする葬儀の事)を執り行っているケースがあり、それを知らずに香典を送って先方に迷惑をかけてしまうことも。

まずは香典を送って問題ないかどうかを確認しておきましょう。

もし先方が香典を受け取らない方針であれば、お線香や果物に手紙を添えて”お供え”として送るのもいいでしょう。

・香典の郵送
香典を郵送する場合は

①香典の準備をする

②手紙を書く
(お悔みと参列できないおわび)

③ ①②を封筒に同封して”現金書留”で郵送

の流れとなります。

①【香典の準備をする】
香典は持参する場合と同じように不祝儀袋を用意し、”表書き”と中袋の”住所”・”氏名”・”金額”を書きます。

表書きについて
表書きは”薄墨”の筆または筆ペンを使用。故人の宗教によって使う言葉が変わります。

仏教・仏式
⇒御霊前・御香典・御香料

神   式
⇒御霊前・御玉串料・御神前

キリスト式
⇒御霊前・御花料・献花料

無 宗 教
⇒御霊前

先方の宗教がわからないときは「御霊前」とします。

※注意
不祝儀袋には”蓮の花の絵柄”がついているものがあります。こちらは仏教・仏式用なので他の宗教では使いません。袋を購入する際はご注意ください。

スポンサードリンク

②【手紙を書く(お悔みと参列できないおわび)】

<文例>
○○様の突然のご訃報に接し、心よりお悔み申し上げます。

ご家族の皆様にはさぞご心痛のこととお察しいたします。一日も早くお心の悼みが癒えますよう、心よりお祈りいたしております。

すぐにでも伺いたいのですが、遠隔地のためすぐにご焼香に伺えない失礼をどうかお許しください。

心ばかりのご香料を同封いたしました。

ご霊前にお供え下されば幸いです。

謹んでお悔やみ申し上げます。

<ポイント>
前文(季節の挨拶など)は省略し、冒頭からお悔みの言葉を書く

ご遺族の気持ちを慰め励ます言葉、弔問に伺えないお詫び、同封した香典をご霊前に供えるお願いを述べる。

結語は何も記載しなくて大丈夫です。
 
※書く場合は「合掌」と記載します。

香典を郵送するタイミングは?

③ 【香典と手紙を封筒に同封して”現金書留”で郵送】
・郵送するタイミングは?
香典の郵送はできるだけご遺族に負担をかけないタイミングで送りたいものですね。

葬儀後1週間頃、喪主のご自宅に送るのが無難。

ご遺族は四十九日の法要に合わせて、香典返しを手配します。その頃に香典が届くと改めて香典返しの準備をご遺族にさせてしまうことに。タイミングとしては、”お葬式が終わって一週間頃、遅くても一月前までに”がいいと思われます。

まとめ

香典を郵送する場合でも、ご遺族の方が集まった香典を整理するときに困ることがないよう、必要事項はしっかりと記載しておきましょう。

ご遺族と面識がない場合は、同封するお悔みの手紙に故人との間柄も記載しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP