隅田川花火大会2016 激混みはもうヤダ!遠くからでも見える場所は?

隅田川花火大会は東京湾大華火祭・神宮外苑花火大会とともに東京三大花火大会と呼ばれています。打上げ総数・来場者共にトップクラスで、人気が高いために問題になるのが混雑具合ですね(^_^;)

打ち上げ会場間近で観ようと思ったら場所取りから帰りの大渋滞までかなりの忍耐が必要になります。

今回は「激混みはもううんざり、今年は遠くからゆっくりみよう」という場合におすすめのスポットをご紹介します。

スポンサードリンク

隅田川花火大会2016の基本情報

隅田川花火大会は、1733年(享保18年)の江戸中期に始まった「両国川開き花火大会」を継承する伝統ある花火大会です。激混みで有名ですが、それでも毎年多くの来場者を集める魅力ある花火行事です。

■第39回隅田川花火大会
【開催日時】
2016年7月30日(土)

19:05~20:30

※小雨決行 荒天時は中止

【開催場所】
東京都墨田区

桜橋下流~言問橋上流(第一会場)

駒形橋下流~厩橋上流(第二会場)

【交通アクセス】
・公共交通機関
東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄

★第一会場
浅草駅から徒歩15分

★第二会場
浅草駅または都営地下鉄蔵前駅から徒歩5分(第二会場)

【打上数】
約2万発
※第一会場・第二会場の合計

【お問合せ】
隅田川花火大会実行委員会事務局
TEL:03-5246-1111

隅田川花火大会2016 激混みはもうヤダ!

昨年2015年の来場者は第一・第二会場合わせて約95万人でした。

それぞれの会場近くで花火鑑賞をしようと思ったら、相当な努力と忍耐が必要になりますね。

スポンサードリンク

素晴らしい花火を間近で観る代償に、激混みの中に我が身を投じる覚悟が必要です(^_^;)だって95万人ですから。

立ち止まることもできず歩きながら観ることなり、しかも密着しているのでかなり暑くなります。そして「なかなか駅にたどり着けずしばらく帰れない」という最後の難関が待ち構えています(汗)

「もうコリゴリ」と感じる人が多いのも仕方がありませんね。

隅田川花火大会2016 遠くからでも見える場所は?

隅田川花火大会を遠くからでも比較的きれいに観えるスポットをご紹介します。知名度が上がって混み合うスポットもありますが、会場近くの激混みに比べればまだまだ快適だと思われます。

■両国国技館(下図の水色マーク)
打ち上げ場所との距離:約1.9キロ

有名なスポットですが、まだそこまで混雑していないようです

■東白鬚公園(下図の青マーク)
打ち上げ場所との距離:約2キロ

ゴザの無料貸し出しや屋台があります

■汐入公園(下図の緑マーク)
打ち上げ場所との距離:約2.4キロ

最近は人が増えていますが激混みではありません

■上野恩賜公園(下図の赤マーク)
打ち上げ場所との距離:約2.6キロ

通称”上野公園”。ゆっくり鑑賞できます。

■タワーホール船堀(下図の紫マーク)
打ち上げ場所との距離:約6キロ

無料のタワー展望室があります。


※それぞれのマークをクリック(タップ)すると名称が表示されます。
※黄色い★マークは花火の打ち上げ場所です。

まとめ

下町情緒あふれる東京の夏の風物詩・隅田川花火大会。

ビックリする程込みますが、それでも毎年沢山の人が集まる魅力ある花火大会です。

今回は毎年激混みの隅田川花火大会を遠くから観る場合におすすめな場所をご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

函館港まつりにディズニーパレードが参加!2016年の基本情報
noimage
安倍川花火大会2016の日程と混雑状況 シャトルバスは乗るべき?
奈良県の三枝祭~ゆり祭り~2016年の日程・交通アクセスと見所は?
江東花火大会2016は混雑せずに観たい人におすすめ 露店はある?
noimage
新潟祭りにディズニーがやって来る♪2016の日程と基本情報 花火も
松戸の本土寺へ紅葉鑑賞♪見頃の時期とライトアップの予定は?
宗像市 田熊山笠|2016年の日程は?宗像サニックスブルースも参加!
おばあちゃんにお花を贈ろう|りんどうは敬老の日になぜ人気?
父の日のプレゼント|ネクタイはカジュアルなニットタイがおすすめ♪
豊橋祇園祭の手筒花火を楽しむ|2016年の日程は?
能代七夕 天空の不夜城2016とは 迫力満点の城郭灯篭が練り歩く!
博多どんたくとはどんな祭り?しゃもじの由来 2017 年の日程は?
七夕っていつまで飾るの?笹飾りの後始末|短冊と書道・裁縫

Menu

HOME

TOP