ハムスターの寒さ対策

ハムスター
今回はハムスター寒さ対策について。

ハムスターは急に寒くなるといった気温変化が苦手です。体調を崩さないために、どのようなことに注意をしたらいいのでしょうか。

スポンサードリンク

ハムスターの寒さ対策

■温度管理

冬場のハムスターの室温目安は20~25℃。24時間なるべく20度以上の室温を一定に保つことが理想とされています(※ケージ内温度)。

環境面では、金網ケージだと温まりにくいので(通気性が良いため)水槽や衣装ケースがおすすめです。床材や巣材を多めに入れてあげると巣のなかの温度も上がって効果的。

そして、ハムスターの住居近くに必ず温度計を設置してチェックすることが大切です。

冬では特に、ひと晩で一気に気温が下がるような環境だとハムスターは体調を崩してしまい、疑似冬眠につながってしまいます。

スポンサードリンク

■疑似冬眠って何?
疑似冬眠は正確には”低体温症”といってハムスターの呼吸数や体温、心拍数が低下して眠ったような状態になります。これは、冬を越すために食事を取らず眠る蛇やカエルなどの”冬眠”とは違って寒さによる体力の消耗を最小限にするために起こる反応です。

身体が冷たくなっているため、「死んでしまった」と勘違いしてしまうケースが多くみられます。まずは冷静に疑似冬眠かどうかチェックしましょう。

疑似冬眠の場合よく観察してみると、わずかに息をしてときどき背中のあたりが動いたりしています。

■疑似冬眠からの回復
まずはタオルや毛布でくるんで暖かい部屋に移してあげます。時間をかけてゆっくり体温を上げることがポイントで、「はやく温めなきゃ」とストーブに近づけすぎたりすると心臓に負担がかかり、そのまま死んでしまう事もあるので注意が必要です。

こたつを利用したり、ストーブとじゅうぶんな距離をとってじわじわと温めてあげると、そのうち呼吸の回数や背中の動きが増えて目もぼんやりと開いてきます。

目が覚めたら、ぬるま湯に砂糖を溶かしたものを飲ませて体力の回復を図ります。

まとめ

ハムスターの冬の事故は真冬よりも秋や冬の初めに多いと言われています。特に昼と夜の温度変化が激しいときは要注意。

早めの防寒対策でハムスターを寒さのトラブルから守りましょう。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

レンコンは栄養満点!風邪の初期症状にも効果を発揮
乾電池のアルカリとマンガンはどう使い分ける?併用してもOK?
初詣の帰りに初めて太宰府バーガーを食べてみた
お歳暮で頂いたロースハムの食べ方とブロックの使い道は?
梅雨どきの洗濯物|部屋干し対策 臭いを抑えるコツは?
暑さ対策に打ち水|効果的な時間帯と方法は?
ホッチキス針なしの仕組みは?|ハリナックスのメリット・デメリット
高齢者|念入りに紫外線対策を!気をつけたい時期と乾燥について
花粉症|秋はどんな種類の草が原因なの?風邪との見分け方は?
ハムの冷凍方法と保存期間について 解凍はどうする?
コンビニスィーツ セブンイレブンのさつまいもこを食べた感想
お盆の時期は地域で違う?2016年はいつからいつまで?
小学生は熱中症になりやすい? 対策と観察のポイントは?
離乳食を五ヶ月から始めるのは早いの?アレルギーとの関係は?
足の爪に白い筋が|原因は何?生え変わりって結構時間かかるの?

Menu

HOME

TOP