島根県の祭り|美保関2大神事の一つ 諸手船神事

今回は毎年12月に島根県で開催される諸手船(もろたぶね)神事”をご紹介します。神話に由来する勇壮な海のお祭りです。

スポンサードリンク

島根県の祭り|美保関2大神事の一つ 諸手船神事

諸手船神事は出雲の「国譲り神話」にちなんだ美保関2大神事の一つで、毎年12月3日に美保関漁港で行なわれます。

美保神社の祭神である事代主命(ゑびすさま)が美保関で釣りをしていたところに大国主命(おおくにぬしのみこと)が国譲りの可否を問うため諸手船に乗ってやって来たという故事にちなんだ神事です。”五穀豊穰”や”大漁満足”、”港繁盛”を願ったものともいわれています。

昔の水夫装束をまとった氏子が9名ずつ2艘の諸手船に乗り込み、太鼓の音に合わせて「ヤーヤー」と威勢のいい声を響かせ海へと漕ぎ出します。

スポンサードリンク

対岸の客人社(まろうどやしろ)の下まで行って折り返して岸まで競争、到着後は互いの船に櫂(かい)で海水を激しくかけ合います。そして舳先に挿した「マッカ」と呼ばれる飾りを神社に奉げます。

~諸手船とは~
諸手船(もろたぶね)は古代の造船技法を伝える貴重な資料とされています。およそ40年に一度造りかえることを旨として受け継がれており、12月3日の神事以外は境内に安置され、海に浮かぶことはありません。

当初は一本のクスノキの巨木をくり抜いて作った”単材刳舟”とされていましたが、今現存する諸手船はモミの大木が使用されていて、くり抜き部材を左右に継ぎ複数の材料で作った刳舟となっています。

■諸手船(もろたぶね)神事
【開催日時】
2015年
12月3日(木)

【開催場所】
美保神社
住所:島根県松江市美保関町美保関608

【お問合せ】
美保神社
TEL:0852-73-0506

島根県の諸手船神事をご紹介しました。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

福岡県|親不孝通りハロウィンナイトウォーカーってどんなイベント?
ハロウィンパーティーの子供の仮装は3歳の女の子だと何がいい?
横浜開港祭とはどんなイベント?2016年の日程 みどころは?
クラゲ対策はラッシュガードがおすすめ|刺されたときの処置は?
父の日に義父へプレゼント|予算は?気をつけたいタブーは?
noimage
はじめての祇園祭|縁起物で金運をつけたいならどこを周るべき?
広島|宮島の管絃祭とは?2015年の日程 竹西 寛子さんの小説でも有名
大阪観光でたこ焼きを満喫|はなだこ(梅田)のネギマヨ
麻布十番祭り2016服装や荷物はどうする?たい焼きとおすすめ屋台
父の日のプレゼントは子供と手作りで♪ キーホルダーの作り方
チャグチャグ馬コ 名前の由来は?お祭りはいつ?行進ルートと時間は?
三重県伊勢神宮の神嘗~かんなめ~奉祝祭2016 日本の祭が集結!
イルミネーションをお台場で観たい♪デートにはyakeiがおすすめ
七夕っていつまで飾るの?笹飾りの後始末|短冊と書道・裁縫

Menu

HOME

TOP