カーテンについた花粉を取る|掃除機のかけ方について

s-113401 
部屋の掃除ってなかなか手間がかかるものですが、花粉症のシーズンはできれば毎日掃除をしておきたいものです。

花粉の侵入経路ともいえる窓。カーテンは、窓から入ってくる花粉をフィルターのようにキャッチしてくれる大切なアイテムですが、そのままにしておくと花粉の温床になってしまいます。

今回は、カーテンのケアについてご紹介します。

スポンサードリンク

カーテンについた花粉を取る|掃除機のかけ方

人が生活している以上、花粉の部屋への侵入はどうしても避けられません。意外と見過ごされがちなのが、カーテンの掃除です。カーテンは、窓を開けるたびに花粉をガードしてくれているぶん、花粉の汚れが一番溜まりやすいアイテムだとも言えます。

カーテンは洗濯するのが一番ですが、こまめに洗濯するとなるとなかなかの大仕事ですよね。普段部屋で掃除機をかけるついでにカーテンにも掃除機を当てて汚れを取っておくと、手間もかからず効果的ですよ。

ただ、掃除機をそのまま使うと布を吸い込んでしまいます。

スポンサードリンク

そんなときは、台所でつかう三角コーナー用のネットをかぶせると、カーテン生地を吸い込むことなく汚れを取ることができますよ。

掃除機でこまめにカーテンの掃除をしておけば、溜まった花粉が部屋に飛び散るのを防ぐことができます。ひと手間かかりますが、ぜひ掃除のプランに取り入れてみてくださいね。

■換気にはレースのカーテン
花粉が入らないよう、できるだけ窓は閉めたままにしておきたいものですが、ずっと閉めきったままというわけにもいかず、最低限の空気の入れ替えが必要ですね。

窓を開けるときは、あまり開け過ぎないように注意しましょう。外側の窓の他にもう1か所窓を開けておくと、空気がうまく通るようになるので短時間でも効率よく換気ができますよ。

それに加えて、レースのカーテンを閉めておくと花粉の侵入を防いでくれるのでオススメです。レースのカーテンは静電気を帯びやすいので花粉をしっかりキャッチしてくれます。

もちろん、放っておくと花粉はどんどん溜まってしまいますので、レースのカーテンはこまめに掃除機をかけたり洗濯をしてケアしてくださいね。

まとめ

普段しっかり部屋の掃除をされている方も、カーテン関係はつい後回しに……ということもあると思います。花粉症対策としてカーテンのケアはとても効果的なので、この時期だけ手入れがしやすい素材のものに代えてみるのもいいですね。

掃除機のかけ方を中心に、カーテンのケア方法をご紹介しました。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
夏野菜で熱中症予防には”きゅうり”が有効 食べ合わせは?
新築祝いを友人にあげるべきか迷った時の対処|贈り物は何をあげる?
梅雨の洗濯物|除湿器の機能を活かして早く乾かすコツとは?
高齢者が熱中症になりやすい理由は?熱中症対策|水分の取り方は?
食中毒の予防|おにぎりを握るときの注意点 お弁当の保存法など
熱中症の予防に経口補水液|手作り方法は?高齢者の脱水に注意
レンコンが花粉症に効果あり!|食べ方のポイントは?
自律神経を整える|腹式呼吸法が効果的なのはどうして?
会社での挨拶や会話|上司 来客時 電話対応の常識マナークイズ
梅雨どきの洗濯物|部屋干し対策 臭いを抑えるコツは?
夏の停電に備えて|赤ちゃんのミルクや暑さ対策をどうする?
初詣の帰りに初めて太宰府バーガーを食べてみた
夜の”眠れない”を改善してくれる?478呼吸法のやり方とその効果は?
お月見はいつ?2016年の場合|なぜすすきに団子?台の名前は?

Menu

HOME

TOP