冷蔵庫の節約方法|設定温度と整理のコツは?

s-020646
毎日の生活のなかで、ちょっとした工夫で結構電気代が節約できることってありますよね。その中でも、冷蔵庫は節電を意識した方法で取り扱えば大きな成果が期待できます。なんといっても365日、24時間動き続けるわけですから。

今回は冷蔵庫の節約方法を3つご紹介します。

スポンサードリンク

冷蔵庫の節約方法~3つのポイント

①冷蔵庫は壁から少し離して設置する
まずは、冷蔵庫とその周りをチェックしていきましょう。冷蔵庫の放熱器がある面(素手で触って温かい箇所に放熱器がある)に隙間は空いていますか?

放熱器がある面と壁の間に隙間がないと、冷蔵庫は十分に放熱することができません。そのため、にこもったままの熱を冷やすために冷蔵庫は余分な電力を消費しなくてはならなくなるんです。

そこで、適切な放熱スペースを確保するために、10cm程度の隙間を空けましょう。

※放熱器は冷蔵庫によって場所が異なります。側面でなく背面にある場合も。新しいものでは上面で排熱するものもあります。上面の場合は上に直接物を置かないようにしましょう。

【一口メモ】
上記と同じ理由で、冷蔵庫に直射日光が当たらない環境にするのも有効な方法です。

②ものを詰め込み過ぎない
冷蔵庫に食品類を詰め込みすぎてしまうと、庫内の冷気の循環が悪くなります。循環が悪いと余計に電気代がかかってしまうことに。

また、物が沢山あることで中の見通しが悪くなり、

欲しいものを探すのに時間がかかる

開閉時間が長くなる

電気代の消費
といった悪循環になります。

・未開封の缶詰や調味料
・常温で保存が可能なもの
・賞味期限切れや食べ残し
などは冷蔵庫から出しましょう。

物を置くコツとしては
・冷風口の前には物を置かない(冷気の循環が良くなり節電につながります)

・できるだけ真ん中部分に物を置かない(見通しが良くなります)

が挙げられます。

【一口メモ】
牛乳や野菜ジュース、缶ジュースなどの”液体系”は一度冷やされると自ら冷気を出すようになるので、空っぽの状態と比べて節電効果は高くなります。

③ドアの開閉時間・開閉回数を減らそう

冷蔵庫は扉を開けるごとに庫内の温度が上がっていて、それをまた冷やそうと働くのに電力を消費します。

スポンサードリンク

よく冷蔵庫から「ピー!ピー!(開けっ放しですよ~)」の警告音が聞こえてくる人は要注意ですよw

できるだけ開閉時間を短くし、開ける回数を減らすことが節電につながります。

「どこに置いたっけ?」と考えながらひとつひとつ物を取り出していると、手間もドアを開けたままの時間も増えてしまいます。どこに何を置いているか把握しておくことが大切です。

よくセットで使うものがあれば、カゴにまとめて入れておくき、使う時はカゴごとサッと取り出すと時間短縮できますよ。

【一口メモ】
熱いものは冷ましてから入れると節電につながります。

【ココをチェック♪】
冷蔵庫は、定期的にドアのゴムパッキンの状態をチェックすることが大切です。パッキンが劣化していると、すき間から冷気が漏れてしまいます。チェック方法には名刺を使います。パッキンに名刺を挟んでみて、もしもずれ落ちるようなら交換の時期だといえます。

冷蔵庫の設定温度のコツ|節約に効果的なのは……

冷蔵庫の設定温度のコツは、”細かく設定を変更しない”です。

「今は物が少ないから弱にしよう」
「買い物で沢山物が増えたから中にしようかな」
といった感じで細かく温度度設定を変えると、一見節約できているように感じますが、これは逆効果で電気代は高くなってしまいます。
※自動的に設定温度を調整するタイプの冷蔵庫はこの限りではありません

もちろん”夏は「中」”、”冬は「弱」”といった大きな変更は有効ですが、今回のようにあまり細かく変更すると節電効果が低くなるのでご注意ください。

冷蔵庫の整理整頓が節約の要

■冷蔵庫は「整理整頓」が命
冷蔵庫はまさに「整理整頓」という言葉を使うのにピッタリな家電ですよね。
 
「整理」とは、「いるものといらないものを仕分けて、いらないものを捨てる」ことをいいます。

冷蔵庫の中にものを詰め込み過ぎないためには、「整理」の意識づけが大切ですね。一度冷蔵庫の中に何が入っているか紙に書き出してみて、必要かそうでないかの振り分け作業をしてみてはいかがでしょうか。

そして、「整頓」とは「必要なものを誰もがいつでも取り出せるよう、秩序だてて配置する」という意味です。

大切なのは、冷蔵庫のどの場所に何を置くかをしっかりと決めておくということですね。
「品物を、どうグループ分けするとすぐ取り出せるか」を意識して決めていきましょう。

その際には冷気の吹き出し口の前に物を置かないよう注意してくださいね。

まとめ

使い方をちょっと工夫するだけでも大きな節電効果が期待できる冷蔵庫。まずは1日でドアの開閉時間・開閉回数がどの程度なのかチェックしてみてくださいね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

バーベキューの炭 簡単な火の起こし方は?火起こし器編|種類について
noimage
レンコンは栄養満点!風邪の初期症状にも効果を発揮
車の暑さ対策グッズ|ダッシュボードも保護するサンシェード~吸盤付
秋はきのこで健康に|その万能効果とは?
マダニの対策 登山・キャンプ編|虫よけスプレーの効果は?噛まれたらどうする?
梅雨どきの洗濯物|部屋干し対策 臭いを抑えるコツは?
梅雨の時期も熱中症になる人が意外と多い理由は?
大阪の海遊館にJR大阪駅から市営バスを利用して行ってみた
お歳暮で頂いたロースハムの食べ方とブロックの使い道は?
お盆玉とは何?発祥と金額の相場は?ポチ袋の特徴について
花粉症から室内犬を守る対策は?|散歩にはこのアイテム
離乳食のアレルギーって豆腐を食べた時にも反応が出たりするの?
さつまいもの保存方法|冷凍の注意点 賞味期限はどのくらい?
アトピーを持つ乳児を入浴させる際のポイントと注意点は?

Menu

HOME

TOP