香典の返し方|最近の傾向は?返礼品の取り扱い方も

s-fd8c00a0e234e50418a54d02caa842bd_m
不幸があったご家族を経済的に支えるための香典(こうでん)。
「頂いた香典のお返しはどうしたらいいんだろう?」
「いつもお世話になっている職場の上司から高額の香典をいただいたけど、どうお礼をしたら失礼にならないかな?」
頂いた香典についてどう対処すべきか、最近の傾向を見ていきましょう。

スポンサードリンク

香典の返し方|即日返しとは?

■即日返しが増えている
最近では、通夜や葬儀の際に香典返しの品を手渡す「即日返し」が多くなっています。
※香典返しは基本的には四十九日の忌明けが過ぎて贈るものです

即日返しの場合は、弔問(ちょうもん)の返礼品と香典返しを兼ねた品物を用意し、香典の金額にかかわらず参列者全員に手渡します。

【香典返し】
表書き:志

金額の目安
・即日返しの場合は3000~5000円程度
・忌明けに贈る香典返しの場合は、いただいた香典の3分の1~半額程度

例:お茶、ハンカチ、入浴剤、海苔など

■高額の香典への対応
「職場の上司からいただいた香典が高額なので、何か別のかたちで品物を贈りたいな」
こんなケースもあると思います。

スポンサードリンク

高額の香典(およそ2万円以上)をいただいた方には、無事に四十九日の忌明けが迎えられたことの報告を兼ねて、あらためて香典返しとは別に追加の品を贈ることで感謝の意を伝えるとよいでしょう。

【高額の香典へのお礼】
表書き:志

金額の目安:頂いた金額の5分の1から3分の1程度

例:コーヒーセット、タオル、洗剤、砂糖など

香典返しと返礼品は同じ?

混同してしまうことがありますが、香典返しと返礼品は別物です。

返礼品は、通夜・葬儀に参加してくださった人へ、弔問の礼として手渡すものです。簡単な品物に会葬礼状・お清め用の塩を添えたものとなります。

基本的には
・返礼品→通夜・葬儀の当日に渡す
・香典返し→四十九日の忌明けが過ぎて贈る
となりますが、先ほども述べたように、香典返しを通夜・葬儀のあとに済ませる「即日返し」が増え、返礼品と香典返しを兼ねた品物を渡すケースが増えています。

そのため、「香典返しと返礼品は同じもの」と勘違いしやすくなる環境であると言えますね。

【返礼品】
表書き:会葬御礼

金額の目安:1000円程度

例:お茶、石鹸、洗剤、タオル、海苔など

まとめ

最近の傾向としては、もともと後日郵送するものだった会葬礼状が通夜・葬儀当日に渡すようになり、四十九日の忌明けが過ぎて贈るものだった香典返しを、通夜・葬儀当日に渡す返礼品と兼ねて渡す。このようなケースが増えています。

身内を亡くされたご家族の負担が少しでも軽くなるようにという配慮から、形式が変わってきているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP