洗濯槽にカビが発生する原因とその対策|掃除方法と頻度は?

s-190564
衣類にカビが発生する原因のひとつに
洗濯槽カビ”が挙げられます。

洗濯機を清潔な環境に保つためには
・洗濯槽の構造
・洗濯槽にカビが発生しやすい条件を知り、
日頃からこまめにケアすることが大切です。

そして、
「洗濯したのに、なんか臭う(汗)」、
「ときどき何か黒いものが洗濯物にひっついてる」
といった症状が見られたら、洗濯槽の掃除
挑戦してみましょう。

スポンサードリンク

洗濯槽にカビが発生しやすい原因は?

■どうして洗濯槽にはカビが発生しやすいの?
縦型の全自動洗濯機の場合、ほとんどの洗濯槽は
二重構造になっています。この”二重”になった
部分の隙間に湿気が残りやすいために
、カビが
発生してしまうわけです。

そして、洗濯槽の裏側には溶けきれなかった
洗剤や泥がたまりやすいので、ますますカビに
適した環境ができてしまいます。
※溶け残った洗剤は黒カビの原因になると
言われています

極論ですが、洗濯機が”水”を使って汚れを落とす
機械である以上、湿気を完璧になくすのは
無理だともいえます。そのため、日頃の
ケアがとても大切なんです。

洗濯槽のカビの発生を防ぐ3つの対策

■毎日のケア~洗濯槽をカビから守るために~
①服に付いた食べ物の欠片はしっかり取り除いておく
 食べ物もカビの原因のひとつです。
 特にお子さんの服はしっかりと
 チェックしましょう。

②洗濯槽に残った水分は拭き取っておく
 洗濯を終えたらまずは洗濯槽の状態を見てみます。
 水気がどの辺に残っているか、ついでに溶け残った
 洗剤がないかもチェックして、キレイに拭き
 取りましょう。

スポンサードリンク
【ここがポイント】
洗剤の溶け残りがひどいときは、洗濯槽に入れる前に
計量カップ等に洗剤と水を入れてかき混ぜておくと
いいですよ。

③洗濯後、洗濯機のフタを閉じない
 洗濯機のフタを閉めたままにすると、湿気は
 外に出ることができず、洗濯槽に溜まります。
 湿気を外へ逃がすために、フタは極力
 開けておきましょう。
※汚れものを洗濯槽に入れっぱなしにするのも
 カビの原因になりますのでご注意ください。

洗濯槽のカビを定期的に除去しよう!|掃除方法と頻度は?

使用するのは”過酸化ナトリウム”
漂白・除菌効果に優れ、商品としては
「酸素系漂白剤」という名称で売られています。

カビには、
”高温の環境では成長できない、又は死んでしまう”
という特徴があります。
そこで、約45度のお湯に「酸素系漂白剤(過酸化ナトリウム)」を
溶かします。そこで反応が起こり、酸素の力が発揮され
カビを除去する仕組みです。
※洗濯機の取扱説明書を見て「耐熱温度」を確認しておきましょう。

①洗濯槽にお湯を入れ、「酸素系漂白剤(過酸化ナトリウム)」を入れます。
割合としては
お湯(約45度)が10リットルに対して
「酸素系漂白剤(過酸化ナトリウム)」を100グラムです。

②衣類は入れずに「洗い」で3~5分程度洗濯機を回したあと
1時間30分~2時間ほど放置しておきます。
※泡があふれることがあるので放置するまで様子を見ましょう

③もう一度3~5分程度洗濯機を回したあとに排水して、
 何度かすすぎましょう。

【一口メモ】
カビが沢山浮き出るときは、ネットがあると楽にすくい
取れるので便利です。

■洗濯槽の掃除の頻度は?
最低でも3ヶ月に一回は掃除しておきたいところです。
月に一回の頻度で行うと、カビが出ない衛生的な
状態をキープできるのでオススメです。

まとめ

今回は
・洗濯槽は二重構造のためにカビが溜まりやすい
・衣類についた食べ物の欠片、槽内の水分、
 溶け残った洗剤に注意
・洗濯機のフタはできるだけ解放しておく
・定期的な洗濯槽の掃除
をご紹介しました。

カビ関係はみんなそうですが、洗濯機も
普段の細かなケアで清潔を保つ事が
何よりの対策になりますね。

ありがとうございました。

”衣類のカビ”に関する記事を見てみる
衣類にカビが生える原因と対策|洗濯かご&突っ張り棒で解消♪

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

土用の丑の日|チンしたうなぎが固くてまずい時のひと工夫♪
noimage
U-NEXTの無料トライアルを利用中 私には危険です
恋愛についての悩み相談を電話で占い師さんとする方法は?
赤ちゃんのインフルエンザ 6ヶ月未満の対策と判断に迷ったときは?
疲労回復におすすめの料理 豚汁うどん
梅雨の湿気対策 押入れ編|新聞紙などの便利アイテム、扇風機が活躍?
赤ちゃんの首に湿疹ができた場合は病院に行った方が良い?
蜂に刺されないための外出時の予防策は?服装やスプレーについて
離乳食を五ヶ月から始めるのは早いの?アレルギーとの関係は?
ハムの冷凍方法と保存期間について 解凍はどうする?
バランスボールを椅子に|机の高さとサイズが大事 デメリットは?
noimage
バーベキューの炭 簡単な火の起こし方は?火起こし器編|種類について
さつまいも |ダイエットに効果的な理由は?食べ方にポイントが!

Menu

HOME

TOP