フローリングにマットレスを直置きしても大丈夫? カビ対策・寝具編

s-312200
「自宅がフローリングでマットレスを直置きしてるんだけど、カビが生えないか心配」という方は、今回の記事を参考にしてみてください。

マットレスにカビを発生させないためのケア方法と、カビ対策アイテムをご紹介します。

スポンサードリンク

フローリングにマットレスを設置するときの注意点|カビ対策

フローリングにマットレスという組み合わせで、しかも直置きしている場合だと、カビが発生するリスクはかなり高いといえます。

どうして直置きがカビ発生のリスクが高いかというと、低温のフローリングに対して布団からの温かさが伝わり、その温度差で結露が発生してしまうのです。寝ている間にかく汗もかなり影響してきます。

そして、フローリングとマットレスが密着しているため、湿気が外に逃げる隙間がなく、カビが発生する絶好の環境となってしまいます。

こういった理由から、フローリングとマットレスの間に空間を作り、湿気が籠らないようにする対策が必要になります。一度カビが生えてしまったら後が大変です。梅雨の時期がくる前に、これからご紹介する方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

マットレスを直置きしないためのカビ対策アイテムは?

カビ対策としておすすめなのが、フローリングとマットレスの間にスノコや畳を敷く方法です。空気の通り道をつくり湿気が発生しない環境を作るのに便利なアイテムですよ。

【スノコ】
湿気・カビ対策として折り畳みができるスノコベッドがあります。ふとんを掛けたりもできるので便利です。
価格は4,000~7,000円程度。

【畳】
2cm程度の厚みの畳がホームセンターで手に入ります。サイズも半畳用と1畳用があります。

値段の目安としては
半畳で1,000~3,000円
1畳用で2,000~5,000円程度です。

また、これらと併用して”除湿シート”か”除湿マット”を敷くことをお勧めします。3,000円ほどで買えますよ。

■日々のケア
さらに、以下の定期的なケアも行えば、カビ発生のリスクがグンと下がりますので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

・マットレスを窓側にたてかけ、日光と風に当てる

・布団乾燥機を使う

・エアコンをかける(”除湿”設定で)

マットレスを立てかけるケアが特に重要です。立てかけたついでにカビが発生していないかチェックしておくといいですね。梅雨の時期は特に念入りにケアしましょう。

【一口メモ】
寝る場所で発生するカビは喘息やアレルギーの原因となるので、お子さんの寝具には特に注意が必要です。

まとめ

・フローリングにマットレス直置きは危険
・カビ対策として、スノコや畳を活用しよう
・日々のケアのすすめ
をご紹介しました。

梅雨が来る前にぜひ実践してみてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

会社での挨拶や会話|上司 来客時 電話対応の常識マナークイズ
梅雨は食中毒に注意 原因は?しっかりと予防・対策を
梅雨の洗濯物|除湿器の機能を活かして早く乾かすコツとは?
花粉症にマスクは効果あるの?選び方と耳が痛いときの対処法は?
noimage
お盆の時期は地域で違う?2016年はいつからいつまで?
中学生になる息子への入学祝いのお返し|金額や礼状はどうする?
熱中症対策|水分補給に適した飲み物は?牛乳は高齢者にもおすすめ
部下からお歳暮が届いた場合お返しは必要?お礼状の文例は?
お月見はいつ?2016年の場合|なぜすすきに団子?台の名前は?
瓶のラベルのキレイな剥がし方|調味料入れに再利用したい♪
花粉症から室内犬を守る対策は?|散歩にはこのアイテム
夏の停電に備えて|赤ちゃんのミルクや暑さ対策をどうする?
noimage
秋バテは夏バテより怖い?|どんな症状?温熱・食事・静養で回復しよう

Menu

HOME

TOP