紫外線の目への影響は?サングラス以外にも対策グッズは必要?

s-305769
「目にも紫外線対策は必要なの?」
最近は紫外線対策も夏の時期だけでなく、一年を通して必要だという認識が強くなってきました。

ただ、日焼け止めを塗ったり帽子を被りはしても、目のケアは「ときどきサングラスをかける程度」という方も多く、まだ十分とは言えないかもしれません。

目が良くて普段メガネをかける習慣のない人も、紫外線の目への影響は気になるところですね。

スポンサードリンク

紫外線の目への影響には何がある?

目に関する病気のうち、紫外線の影響が大きいと考えられているのが白内障です。

白内障とは、眼球の水晶体という部分が濁ってしまい、視力が低下してしまう病気です。物がぼやけて見えたり、夜間に光を見るとやけに眩しく感じたりします。主な原因は「加齢」、つまり老化現象ですが、WHO(世界保健機関)の調査によると、白内障になる主な原因のうち、約20%が紫外線であるとの結果が出ました。

白内障は長い年月をかけて少しずつ進行する場合が多く、早いうちから目の紫外線対策をしておくことが、目の健康を保つのに有効であると言えそうです。

■目に入る紫外線で日焼けする?
目から紫外線が侵入することで、メラニン生産量が増えてしまう(=日焼けする)という話もあります。

目に強い紫外線が入ると、身体の防衛本能が反応してしまい、皮膚を守るように脳から命令がでる。つまり、メラニン色素を造るよう指令がでます。メラニン色素は身体の”色”を造る成分です。この色素が肌を守るために、

「褐色(黒ずんだ茶色)に変えよう!」

と働くわけですね。

なので、紫外線が当たらない衣服の下も日焼けしてしまうことになります。肌を焼かないようにしたいという方は、日焼け止めなど普段のケアと一緒に、目のケアもしておく事が大切です。

スポンサードリンク

紫外線から目を守る|グッズは帽子・サングラス以外にも必要?

目の紫外線対策といえば、帽子やサングラスですね。

サングラスですが、実はメガネの色の濃さは紫外線を防ぐ能力とは関係ありません。”サングラスだったらどんなものでも目を守ってくれる”というわけではないので注意してくださいね。

【ここがポイント】
色が濃いサングラスを購入する際は、紫外線対策が施されたものかどうかチェックしましょう。
サングラスの中には単に遮光するだけで紫外線対策、つまりUVカット処理されていないものがあります。

目には、色が濃いもので覆われると瞳孔が開くという特性があります。
UVカット処理されていない濃い色のサングラスをかけると、無防備な状態でより多くの紫外線を目に浴びせてしまうことになるので注意が必要です。

今回は、目の紫外線対策グッズとして、”UVカット仕様の伊達メガネ”をおすすめします。

伊達メガネなので、もちろん見た目は普通のメガネです。近頃は夏以外の季節でも紫外線対策が必要なので、目も常に保護しておきたいもの。サングラスだと、時と場所によってはかけづらいこともあると思います。

そこで、日常生活でも気軽に使うことができるUVカット仕様の伊達メガネがひとつあると、とっても便利ですよ。

紫外線から目を守る|対策グッズには伊達メガネがおすすめ

最近はUVカット仕様の伊達メガネもいろいろな物が売られています。もちろん、メガネ専門店で作ってもらうことも出来ますよ。ぜひ、「これ可愛い♪」と思えるような気に入ったデザインのメガネを見つけて下さいね。

まずは、メガネをかけるのを習慣にすることが大切です。オシャレなデザインならメガネをかけて出かけることが楽しみの一つになると思います。意外とメガネひとつで見た目の印象もガラッと変わるので楽しいですよ。

まずは一度、どんなフレームがあるかを見にお店に足を運んでみて下さい。試しにいろんなタイプのメガネをかけてみて、自分にピッタリの「これだ♪」というメガネを見つけて下さいね。

まとめ

今回は、
・紫外線が目に及ぼす影響
・サングラスについて
・UVカット仕様伊達メガネのすすめ
をご紹介しました。

いつもかけたくなるような、可愛いメガネを見つけてくださいね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

新築祝いを友人にあげるべきか迷った時の対処|贈り物は何をあげる?
デコパージュの石鹸を100均で作ってみよう♪|必要な材料とコツは?
日焼けした背中のケア|一人で化粧水を塗る方法は?
赤ちゃんが頻繁に頭をかきむしる原因は何が考えられる?
離乳食を食べてくれない5ヶ月の赤ちゃんにできる簡単な工夫は?
掃除|重曹とクエン酸の使い分け方 混ぜるのは危険?注意点は?
梅雨は食中毒に注意 原因は?しっかりと予防・対策を
スーツの長期保管でカビを防ぐ方法|クリーニングのしみ抜き料金は?
高齢者|念入りに紫外線対策を!気をつけたい時期と乾燥について
二日酔いによる”むくみ”の原因は?飲む前から出来る対策ってある?
熱中症予防にはうなぎが効果的|その他に食べ物でおすすめは?
noimage
お中元・お歳暮|お返しは必要?マナーは?断り方はどうする?
土用の丑の日|チンしたうなぎが固くてまずい時のひと工夫♪
防災|赤ちゃんのために準備しておきたいものは?

Menu

HOME

TOP