蜂に刺されないための外出時の予防策は?服装やスプレーについて

s-190154
夏のアウトドアは楽しいものですが、虫の被害には注意が必要ですね。今回はキャンプや登山などのアウトドアで、(ハチ)に襲われないための予防方法をご紹介します。もちろん蜂に近づかないのが最大の予防策ですが、それ以外にも服装や身につけるものを工夫しておくと、蜂に襲われる可能性はグッと減りますので参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

蜂に刺されないための外出時の予防策|服装などの注意点

外出時に身につける物で蜂に刺されないよう注意するポイントとして、『服装』・『匂い』・『光』の3つが挙げられます。それぞれ見ていきましょう。

服装
■肌の露出を避ける
蜂が狙って来る身体の部位で最も多いのが手や腕。次が頭部や顔になります。蜂は肌が露出しているところへ襲ってくるので、できる限り肌を隠す対策をしておきましょう。
・帽子をしっかり被る
・暑くても長袖のシャツとパンツを選ぶ
キャンプに行くときは、軍手で手を守っておくこともできますね。

■黒いものに注意
蜂は色が黒くて動くものに対して攻撃する習性があります。スズメバチが特に反応します。これは、蜂の巣を襲う熊の身体が濃茶や黒色のものが多いから。外敵である熊への防御本能が働いて、黒いものに反応してくるそうです。

夏は紫外線対策で黒いものを身につける方が多いですが、蜂に遭遇する危険がある場所へ行くときは、黒い服装は避けましょう。

黒色といえば、服装の次に気になるのが髪の色ですね。蜂はもちろん髪にも反応しますので、黒髪をしっかり覆い隠せるような形状の帽子を用意しておきましょう。

他にも、黒い靴、黒色のスマホ・カメラにも反応しますのでご注意ください。
一度、服装も含めて身につけるアイテムの色をチェックしておくと安心です。

②匂い
蜂は匂いに敏感な昆虫です。香水や整髪料、化粧品や体臭にも敏感に反応します。匂いに特に反応するのがミツバチです。アウトドアを楽しむ目的で外出するときは、化粧品はできるだけ使わないことが大切です。

③光るもの
蜂は光るものにも反応します。
腕時計やブレスレット、指輪といったアクセサリーなど、光を反射するものは身につけないようにしましょう。

外出時の蜂の予防策にはハッカ油のスプレーがおすすめ

先ほど蜂は匂いに敏感とお話ししましたが、蜂を寄せつける匂いがあれば、嫌がって逃げる匂いもあります。蜂が苦手とする匂いにハッカ油があります。ハッカ油のスプレーを服や肌に吹きかけておけば、蜂も近づきにくくなります。蜂だけでなく、”蚊”にとっても嫌な匂いなので、夏場の普段の外出時にも虫除けとしておすすめです。

ハッカ油は虫除け以外にもさまざまなシーンで活躍する便利アイテムです。ハッカ油の大きな特徴が「メントール効果」と「殺菌・消臭作用」。「スースー」して気持ちいいので、夏場は暑さ対策でも重宝しますよ。

スポンサードリンク

おしぼりに含ませると気持ちいいし、お風呂にハッカ油の原液を数滴垂らして入るとスッキリします。マスクに含ませて鼻の通りを良くしたり、就寝前に枕元に吹きかけておくと蚊避けにもなるし、リラックス効果も期待できます(ハッカ油の匂いが好みに合えばですが^^)。消臭作用も優れているので、タバコやトイレ・玄関マット等のニオイ取りにも使えますよ。

ハッカ油は原液タイプとスプレータイプがあります。「色んなことに使ってみたいし、コスパが高いほうが良い」という方には原液タイプ。「手間をかけずに虫除けスプレーとしてすぐに使いたい」という方にはスプレータイプがおすすめです。

【ちょっと一工夫】
ハッカ油を帽子の内側にも吹きかけておけば、蜂が顔に近づかないよう予防できますし、頭の汗蒸れを抑えることができます。頭がスースーして気持ちいいですよ♪

こちらはハッカ油の原液タイプです。
ドラッグストアにも置いていますよ。

ハッカ油の原液を使って虫除けスプレーにする方法は、こちらを参考にしてみてください。⇒ハッカ油のスプレーで暑さ対策|汗の臭いを抑える効果も♪作り方は?

まとめ

アウトドア等、夏の外出時の蜂予防として
・肌を露出しない
・服装や帽子、身につけている道具等は黒色を避ける
・帽子で髪の毛をしっかりと隠す
・化粧品は控える
・腕時計やアクセサリーなどの光り物にも注意
・ハッカ油のスプレーがおすすめ
をご紹介しました。

ハッカ油には殺菌・消臭作用があるので、虫除け以外にも汗のニオイを抑える効果もあるので、蒸し暑い夏の外出に小さなスプレー容器に入れてバッグに携帯しておくと便利ですよ。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

防災|赤ちゃんのために準備しておきたいものは?
梅雨の洗濯物|除湿器の機能を活かして早く乾かすコツとは?
会議前の眠気覚ましでいい方法は?睡眠不足でつらい時はコレ
年賀状が故人宛に届いたら寒中見舞いで返事を。書き方と文例は?
自律神経を整える|腹式呼吸法が効果的なのはどうして?
noimage
赤ちゃんの歯磨きはいつから始めたらいいの?
マダニの対策 登山・キャンプ編|虫よけスプレーの効果は?噛まれたらどうする?
会社での挨拶や会話|上司 来客時 電話対応の常識マナークイズ
ブヨから身を守るための予防策|服装の注意点と刺されたときの対処
noimage
赤ちゃんが耳切れになった場合アトピー性皮膚炎が原因なの?
スーツの長期保管でカビを防ぐ方法|クリーニングのしみ抜き料金は?
U-NEXTの無料トライアルを利用中 私には危険です
大阪の海遊館にJR大阪駅から市営バスを利用して行ってみた

Menu

HOME

TOP