寝つきが悪い時の解消法! 眠れないときは爪もみでリラックス♪

174127
「最近寝つき悪いな~」
せっかく布団に入ったのになかなか眠れないとイライラしますよね。そのせいで疲れも十分に取れないので困ったものです。今回は、寝つきが良くなる方法として、爪もみをご紹介します。

特に、身体の調子を整えたいという方にオススメです。

スポンサードリンク

寝つきが悪い時の解消法! 眠れないときは爪もみでリラックス♪

私は以前、思ったように寝つけなくて悩んでいた時期があります。原因はストレス。その当時の仕事が自分には合わなかったのでしょう(立ち仕事でした)。

夜、寝たいのになかなか寝つけない。そのせいで、仕事中は頭がぼ~っとして集中できない。仕事で疲れているけど夜はなぜか目が冴えるといった悪循環が続きました。眠りたいのになかなか寝つけないってツラいですね。

この頃に始めたのが爪もみで、すぐに効果があったわけではありませんが、徐々に眠りに対して良い影響が出てきました。それ以来、爪もみの習慣はずっと続いています。

【爪もみのやり方】
爪の周りにはたくさんの神経が集まっていて、そこを刺激すると自律神経のバランスが整うと言われています。やり方はとても簡単。下の図の赤印の2カ所、つまり爪の根元を、反対の手の親指と人差し指でつまんで揉むだけです。
指青kai

指を押す強さは「ちょっと痛いけど心地いい」くらいがいいみたいです。これを薬指以外の全ての指に行います。
※薬指は交感神経(心身を活発にする神経)を刺激してしまうので揉みません

ひとつの指に対して10秒程度もんでいきます。

眠れないときは布団で爪もみがおすすめ

【就寝前の爪もみ】
就寝時間に布団に入って以下のような方法で手の爪もみを行います。
①仰向けで寝た姿勢で、両手をお腹の上に乗せる。

②深呼吸を10回行う。
このとき、吐く息をできるだけ長く続けて、吸う息は自然に任せます。お腹に乗せた両手で、お腹が呼吸で上下するのを感じましょう。

③薬指以外を、親指から順に爪の根元を揉んでいきます。

スポンサードリンク
ポイント1

■頭の中でカウントする
声に出さずに『1』から『10』まで数えながら爪を揉んでいきます。これは、頭の中で余計な考え(心配事などの雑念)が浮かばないようにする為です。自分が今からやる動作を”自分に解説するかのように”やるとより効果的です。

(頭の中の声)
「今から左手の親指を揉みます」

「左手の親指をい~ち~、に~い、さ~ん、し~い、ご~お、ろ~く、し~ち、は~ち、きゅ~う、じゅ~う」

「次に、左手の人差し指を揉みます」

「左手の人差し指をい~ち~、に~い、さ~ん、し~い、ご~お、ろ~く、し~ち、は~ち、きゅ~う、じゅ~う」……

と、頭の中で丁寧に言葉にすることで、他の事を考えるスキを与えないわけです。

ポイント2

■吐く息を意識する
吐く息を長く続けるために一工夫します。「数を数えている間は息を吐く」と決めておくのです。そうすると自然に深呼吸を繰り返すことになります。

もちろん、10を数える前に苦しくなったら息を吸ってかまいません。吸い終わった後は途中の数から始めてゆっくりと息を吐きましょう。

【ノルマを決めよう】
薬指以外の手の爪もみをして1往復とします。

私は「必ず10往復までやる」と目標を決めてから爪もみをしています。すると、たいてい4往復目あたりで寝てしまっています♪

頭の中で”実況中継”をやるかのように数を数えていく、しかも10往復。これって面倒くさいですよね。飽きてしまいそうですよね。私はそれが大事だと思っています。

単調なことの繰り返しに人は興味を覚えません。興味がない事にノルマを課してやると、人は眠気を覚えるものです。苦手科目の勉強をすると眠くなるのと同じですねw

爪もみと深呼吸でリラックス効果を、さらに単調に数を数え続けることで眠気を誘うわけです。

【足の爪もみ】
もうひとつオススメなのがの爪もみです。やり方は手と全く同じです。薬指以外の指の爪もみをします。

手の指に比べて足の指は普段なかなか動かすことがないので、疲れが溜まりやすい場所だと言えます。そこへ爪もみをして刺激を与えると気持ちいいですよ。

さらに、爪もみと一緒に、それぞれ足の指を一つずつグルグル回すとより効果的です。時計回りに10回、反時計回りに10回まわしましょう。

心臓から一番遠い足の指を刺激することで血液循環の促進につながるので、全身の倦怠感や足の疲れが溜まっている方に特にオススメです。足の疲れが取れれば睡眠の質もグッと高くなりそうですね。入浴中か入浴後にやってみてはいかがでしょう。

※お昼寝を上手く活用して疲れを解消するコツは
こちら⇒大人の昼寝で理想的な時間と姿勢は?すっきり起きる方法は?

まとめ

爪もみは睡眠以外にもさまざまな症状に効果があります。毎日の習慣にして長く続けていけば「あれ、最近眼が疲れなくなったな」「そういえば腰の調子がいいかも」みたいに良い事が起きるかもしれませんよ♪

試しに一度、爪もみを試してみてくださいね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

頭部から汗がたくさん出て困るときにおすすめの対策
スピルリナってなぜ人気なの?どんな効果が期待できるの?
おしりの黒ずみを解消するために気をつけたいポイントは?
手汗がひどい時は手洗いにもうひと工夫
はじめての蓄膿症|飲み物でおすすめなものは?
冬の乾燥からお肌を守ろう 知っておきたい洗顔の注意点は?
冷え性と不眠をまねく意外なモノとは?原因が分かれば怖くない
シアバターの効果と紫外線との関係 日焼け止めとして使えるの?
脇の臭いが洗っても消えない対策男性編 私が効果を感じた対処法
口臭ケア商品のオーラルデントをひと月試して感じた効果と感想
アーモンドは髪の健康にも効果的なの?1日の摂取量と保存方法
睡眠が浅い原因は食事にアリ?改善に必要な栄養素は何?
青髭の原因は何?脱毛以外で目立たなくする方法は?
ダイエット目的のランニング|食事のタイミングは運動前?後?
スピルリナは食前と食後どちらのタイミングで飲むと良い?

Menu

HOME

TOP