夜の”眠れない”を改善してくれる?478呼吸法のやり方とその効果は?

174127
ストレスによる身体の不調に悩まされる人はたくさんいます。そんなとき、ストレス対策としていつでもどこでも”意識”さえすれば出来るのが呼吸法。ストレスで浅くなりがちな呼吸を深い呼吸に戻してくれます。

今回ご紹介する478呼吸法も身体にさまざな良い影響が期待できますが、特に「すぐに眠りにつける」と評判を呼んでいるようです。

夜の”眠れない”を改善してくれる?478呼吸法のやり方

「呼吸法」といえば気功やヨガといったイメージがあるかと思いますが、今回ご紹介する4・7・8呼吸法を開発したのはアメリカ人。アリゾナ州立大学のアンドルー・ワイル博士が提唱したものです。

人が持つ自然治癒力を研究しているワイル博士が薦めるこの4・7・8呼吸法は、「眠れないことが多いのに、この呼吸法をやったらすぐ眠れた」と評判のようです。さっそくやり方をみてみましょう。

【4・7・8呼吸法のやり方】
準備:口から息をできるだけ吐いておく

①鼻から息を吸う(4つ数えながら)

②息を止める(7つ数えながら)

③口から息を吐く(8つ数えながら)

吐く息は吸う息の2倍の長さになっていますね。人はストレスを感じると、知らず知らずのうちに呼吸が浅くなってしまいます。「息を吐ききる」ことを意識して、深い呼吸を取り戻しましょう。

スポンサードリンク

また、「息を止める」動作も入っています。息を吸う時間よりも長いですね。

ビックリした時は無意識に息を止めていますが、ふだん意識的に何秒も息を止めることってないですよね。ヨガでは息を止めることを”クンバカ(クンバク)”と言い、息を止めることでプラーナ(生命エネルギー)を全身の細胞に行き巡らせて、細胞を活性化させることができると言われています。

4・7・8呼吸法でもこのような効果が得られそうですね。

478呼吸法を試してみた。どんな効果がある?

実際に4・7・8呼吸法をしてみて感じたことですが、普通の深呼吸だったら他の事を考えながらでもある程度できますが、4・7・8呼吸法は「4・7・8」という不規則な数を意識しないといけないので、呼吸だけに集中しないとできませんでした。

しかも、「止める」という動作もあるので集中力を持続させないと、呼吸を続けているうちに「あ、さっき止めるの忘れてた!」となりリズムが崩れることも。

なので、ただ吸って吐く呼吸法に比べて精神力が必要とされるし、ずっと不規則な数を意識していないといけないので、余計な雑念が浮かばない呼吸法だなと感じました。この”不規則な数を数えて雑念を浮かべるヒマを与えない”ところが、早く眠りにつける効果につながっているのかもしれませんね。

「布団に入ってもつい余計な考え事をしてしまって眠れなくなるのよね」という人にはオススメな呼吸法だと思います。知らない間に瞑想体験をしているかも(^^)

まとめ

呼吸は知らず知らずに速く浅くなってしまうもの。就寝前だけでなく、起床時やお昼の休憩時など、定期的に4・7・8呼吸法を続ければ、知らず知らずに身体の不調も良くなるかもしれませんね。ぜひ、毎日の習慣にしてみてください。

4・7・8呼吸法をご紹介しました。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
U-NEXTの無料トライアルを利用中 私には危険です
デコパージュの石鹸を100均で作ってみよう♪|必要な材料とコツは?
マダニの対策 登山・キャンプ編|虫よけスプレーの効果は?噛まれたらどうする?
noimage
noimage
暑さ対策に打ち水|効果的な時間帯と方法は?
花粉症|五月がツラい 原因は?血液検査の料金は?
梅雨の時期も熱中症になる人が意外と多い理由は?
noimage
noimage
お中元・お歳暮をやめたい|どちらからやめる?渡し方ひとつで違いが!
初詣の帰りに初めて太宰府バーガーを食べてみた
熱中症|高齢者の症状と見分け方は?水分補給で有効な対策は?
赤ちゃんが頻繁に頭をかきむしる原因は何が考えられる?

Menu

HOME

TOP