高齢者|念入りに紫外線対策を!気をつけたい時期と乾燥について

065942
最近では高齢者の熱中症による被害がテレビや新聞で取り上げられることが多くなり、しっかりと熱中症対策を行われる方も増えてきていると思います。

そんななか、熱中症と同じく高齢者に被害が出やすいのが「紫外線が原因の疾患」です。

今回は高齢者の紫外線対策についてのお話です。

スポンサードリンク

高齢者|紫外線の影響は?

私達の身体は、紫外線を浴び過ぎるとどうなるのでしょうか?

シミやしわの原因とはよく言われますが、その他にも腫瘍の原因となることがあります。そして、皮膚の疾患が注目されるなか見過ごされがちなのが“”です。

紫外線は白内障の原因の一つとも言われています。

>高齢者|紫外線に気を付けたい時期は?

春は紫外線の影響がなさそうなイメージですが、四月から夏にかけての時期でもかなりの紫外線がでているそうです。本当は四月ごろから夏本番と同じくらいの紫外線対策が必要なのですが…。

スポンサードリンク

「まだ大丈夫だろう」と油断することがないよう、早めの紫外線対策に取り組みましょう。

高齢者|紫外線と乾燥について

日傘をさす、帽子をかぶる、サングラスをかける、日焼け止めを塗るなど、基本的に紫外線対策のやり方に関しては子供や成人と変わりはありません。

ただし、注意することが1点あります。
それは高齢者は他の世代に比べて“油分が少なく肌が乾燥しやすい”ということです。

洗顔後は保湿液などで肌に潤いを与えてしっかりとケアすることが大切です。

まとめ

散歩や買い物で適度に身体を動かす事は、気分転換や身体の機能低下の予防につながりますね。
そこで更に紫外線対策をしっかりとしておけば、病気の予防にもつながり安心です。

皮膚に疾患を伴いやすい高齢者は特に紫外線対策をとる事が大切だというお話でした。

ただ、紫外線は完全な“悪者”というわけでもありません。
骨粗鬆症の予防に必要とされるビタミンDを体内で作るには、紫外線が必要であるといわれています。

紫外線を浴びることが悪いのではなく、”浴びすぎること”が悪いのです。

身体に必要な程度は浴びて、あとはしっかりと対策をして紫外線と上手く付き合うことが大切ですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

赤ちゃんがアトピーのときスキンケア方法は?石鹸はどうする?
バランスボールは椅子から始めるのが正解かも|姿勢も良くなりそう♪
noimage
noimage
友人の出産祝い|二人目に贈る品は何がいい?おすすめは?
赤ちゃんが離乳食を吐く原因は何が考えられる?
U-NEXTの無料トライアルを利用中 私には危険です
スーツの長期保管でカビを防ぐ方法|クリーニングのしみ抜き料金は?
恋愛についての悩み相談を電話で占い師さんとする方法は?
デング熱とヒトスジシマカ|蚊の対策は?虫除けのポイント
洗濯槽にカビが発生する原因とその対策|掃除方法と頻度は?
離乳食を食べてくれない5ヶ月の赤ちゃんにできる簡単な工夫は?
梅雨どきの洗濯物|部屋干し対策 臭いを抑えるコツは?
ハッカ油のスプレーで暑さ対策|汗の臭いを抑える効果も♪作り方は?
noimage

Menu

HOME

TOP