台風による風・大雨から家を守る対策 事前・当日にできること

台風が接近すると「強風で窓が割れたりしないだろうか」「大雨でどのくらい水位が上がるんだろう?」と不安になります。

今回は一軒家で台風に備えてやっておきたいこと、当日できる処置をご紹介します。

スポンサードリンク

台風による風・大雨から家を守る対策

被害を最小限に済ませるためにも、台風が来る前にしっかりと対策をしておきましょう。まずは屋外から見ていきます。

窓に万全の対策をとっても、周りに置いていた物が強風に飛ばされて来たら非常に危険です。まずは庭を見て周って飛ばされそうな物がないかチェックしましょう。持ち運び可能なものは家の中へ。家に入れることができないもので背のあるものは倒しておきます。特に鉢植えは家の中へ入れておきたいですね。

物干し台は意外と簡単に倒れますので地面に倒しておきましょう。自転車は支柱があればチェーンで支柱と自転車を結んで固定しておきます。

次に、道路沿いや庭の中にある側溝、排水溝を見てみます。溝に砂やゴミが溜まっていると水はけが悪くなるので取り除いておきます。

かなりの強風が予想される場合は倒れそうなものを補強しておきます。
■庭の植木に支柱をたてておく

■雨戸がない窓は外から板を打ち付けておく

今度は家の中の準備をします。雨戸を取り付けていない窓はしっかりと補強しておきたいところですね。
■窓ガラスをガムテープで補強
縦・横・斜めに(米の字に)ガムテープを貼っていきます。
テープの素材は紙タイプよりも布タイプの方が後で楽に剥がせます。

スポンサードリンク

テープを剥がしたときにガムテープの接着剤がガラスに残ってしまったら、
”シール剥がし剤”で取り除きましょう。ホームセンター等で売っています。

叩きつけるようなの場合、窓枠の隙間から雨が部屋に入り込むことがあります。窓の付近に貴重品や濡れると特に困るものがあれば距離をとり、なるべく高い場所に置いておきます。

また、カーテンは閉めておきましょう。いざという時はガラスの飛散を抑えてくれます。

窓ガラスの飛散を防ぐアイテムとして、”ガラス飛散防止フィルム”を窓に取り付けておくという手もあります。ガラスの強度が高まり、割れてもガラスが飛び散るのを最小限にとどめてくれます。『UVカット』や『断熱』効果があるもの、表面が凸凹な素材のガラスに対応したフィルムもありますよ。

もしも実際に雨が部屋内に入ってきたら、侵入してきた水を拭き取り隙間にガムテープを貼るか溝に雑巾か新聞紙を詰める処置をします。

床上・床下浸水の心配がでてきたら、ガスの元栓を閉め、電気のブレーカーを落とします。雨水の侵入を防ぐために土嚢を玄関などの出入り口に設置します。

電気製品はなるべく高い場所へ移動させ、コンセントも上にあげておきます。その際にスマホ等携帯電話を充電しておきましょう。

台風が通り過ぎた後も、土砂崩れなどの二次災害には十分注意が必要です。

まとめ

片づけていない事を思いだして台風が来てから外にでるのは大変危険なので控えましょう。

日頃から防災のために食料や道具を準備しておくと、台風のときもいざというとき大変役立ちます。あらゆる被害を想定して防災グッズを揃えておきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
高齢者|念入りに紫外線対策を!気をつけたい時期と乾燥について
noimage
noimage
赤ちゃんがアトピーになる原因ってどんなものがあるの?
花粉症から室内犬を守る対策は?|散歩にはこのアイテム
寿司屋でのマナー|おあいそは間違い?においチェックを忘れずに!
noimage
電子レンジの臭いとりはどうすれば?|3つの方法
栗は渋皮にも素晴らしい効能あり!驚きのデトックス効果
衣類にカビが生える原因と対策|洗濯かご&突っ張り棒で解消♪
ハンドルを握った手が汗で滑るときの対策は?
蜂に刺されないための外出時の予防策は?服装やスプレーについて
梅雨は食中毒に注意 原因は?しっかりと予防・対策を
noimage

Menu

HOME

TOP