父の日に腕時計のプレゼント|2万円台ではノット(Knot)がおすすめ

s-f4dc789331614a356e1eea9a3bd467e3_s
今回は父の日のプレゼントとして、1~2万円台でも買えるノット(Knot)の腕時計をご紹介します。

低価格なのに品質も良く、”ある理由”からお父さんの生活のあらゆるシーンで活躍してくれますよ(^^)

スポンサードリンク

父の日のプレゼントにおすすめ♪|ノットの腕時計

ノット(Knot)の魅力のひとつはカスタムオーダーができること。時計本体とベルト(ストラップ)を、こちらの好みで自由自在に組み合わせることが出来るんです。

値段も、

時計本体が
1,4000円~20,000円(税抜き)

ベルト(ストラップ)が
2,000円~5,000円(税抜き)

といった価格帯なので、本体とベルトを合わせても1~2万円台です。

そして、時計本体とベルトの組み合わせはおよそ5000種類!ベルトのデザインも、フォーマルな場に付けていける上品なものから休日の家族のお出かけに合うカジュアルで可愛いものまで。あらゆるシーンに対応できるよう様々な商品が取り揃えてあります。

また、ベルトの付け替え作業が自宅で手軽におこなえます。まず時計を裏返して本体とベルトの接合部のつまみを引いて取り外します。次に取り替えたいベルトのつまみを引いて本体に取り付けて終了。工具は必要ありません♪

複数のベルトを持っていれば、その日の服装に合ったデザインのベルトにサッと着せ替えて出かけることができるわけですね。この手軽さがノット(Knot)の最大の魅力ではないでしょうか。

腕時計のプレゼントはノットがおすすめ|1~2万円台なのに日本製

プレゼントとしては本体と一緒にベルトを2~3種類のセットで贈ると、お父さんも出かける場所によってベルトを替えてファッションを楽しめるのでオススメです。それでも組み合わせ方次第では2万円台を超えずにすみますね(^^)

そして、これだけの低価格なのにノット(Knot)の腕時計は日本製なんです。

デザインと品質に優れた、日本製の腕時計を世界中の人に愛用してもらいたい。その為に、Knotは「良い製品は、より良い材質から生まれる」日本の物づくりの哲学を継承し、素材選びにも拘りました。 時計本体の風防にはダイヤモンドに次ぐ、硬度を備える“サファイヤガラス”、医療用に用いられる“高純度ステンレス316L”をケースへ採用。

Knot公式サイトより

ベルトのデザイン・素材には“栃木レザー”や京都伝統の“組み紐”などを採用しており、「和」への強いこだわりが見られます。

スポンサードリンク

腕時計ノット(Knot)はバンドの着せ替えが楽しい♪

「実際に時計本体とバンド(ストラップ)を組み合わせたイメージが知りたい」という方は、一度ノット(Knot)の公式サイトを訪れて「CUSTOM ORDER」というボタンをクリックしてみてください。自分で気に入ったパーツを選んで、組み合わせた画像を見ることができますよ。

公式サイトを開いて「CUSTOM ORDER」をクリックすると画面の右側に時計本体の画像が並んでいます。そのなかから好きなデザインのものをクリックすると、その画像が画面の左側に現れます。

次に、先ほど時計本体を選択した画面右側の上部に「ベルト(ストラップ)画像への切り替えボタン」があるので、そこをクリックしてお好みのベルトを選びましょう。これで先ほど選択した本体と組み合わせた映像の完成です。画面の左側でバックルの色を選択することもできます。

気になるデザインのパーツをどんどん着せ替えてみてくださいね。楽しいですよ♪

まとめ

ノット(Knot)は「腕時計ってバンド交換が煩わしい」というユーザーの声に応えて造られた、専用の工具なしで簡単にベルトの交換ができる腕時計です。

自宅で手軽にベルトの着せ替えができるので、様々なシーンのファッションアイテムとして活躍しそうですね。オシャレが好きなお父さんにピッタリだと思います。

父の日でプレゼントした後も、違うイベントでベルトだけを数本プレゼントして新しいコーディネートを楽しむこともできますよ。

沢山の組み合わせの中からお父さんにピッタリな腕時計を見つけてくださいね。

父の日のプレゼントにノット(Knot)の腕時計をご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
おばあちゃんにお花を贈ろう|りんどうは敬老の日になぜ人気?
幕張ビーチ花火フェスタ&よしもとライブ2016 有料席の基本情報
イルミネーション 夏|新潟県妙高の”幸福を呼ぶ光の双龍”とは?
大阪観光でたこ焼きを満喫|はなだこ(梅田)のネギマヨ
京都の嵐山灯篭流し2016の日程と申込み時間 五山の送り火も見える?
神宮外苑花火大会2016 子連れにおすすめの会場とチケット情報
七五三っていつするの? 祝いの由来や意味は?前撮りがおすすめ
noimage
noimage
火の国まつりで熱気溢れる総踊り♪ 2016年の日程は?お化け屋敷も
彼岸花を観に巾着田曼珠沙華2016へ♪見頃と行き方は?
彼岸花を巾着田曼珠沙華まつりで撮影したい♪混雑具合は?
七夕っていつまで飾るの?笹飾りの後始末|短冊と書道・裁縫
三重県伊勢神宮の神嘗~かんなめ~奉祝祭2016 日本の祭が集結!

Menu

HOME

TOP