天神祭 大阪|2016年船渡御の日程とルート 奉納花火の時間は?

“火と水の祭典”

大阪で行われる天神祭(てんじんまつり)は大川(旧淀川)に映る船上の提灯(ちょうちん)や篝火(かがりび)、花火の彩りからこのように呼ばれています。

京都の祇園祭、東京の神田祭とともに”日本三大祭”にあげられ、毎年130万人あまりの見物客で賑わいます。

今回は大川を航行する「船渡御(ふなとぎょ)」をメインにご紹介します。

スポンサードリンク

天神祭 大阪|2016年の船渡御の日程は?

♪100隻あまりの船団による日本屈指のスケールを誇る船渡御です♪

天神祭は祭神の菅原道真公の命日にちなんだ縁日です。大阪の天神祭は毎年6月下旬吉日からさまざまな神事が行われています。

特に24日の「宵宮(よみや)」25日の「本宮(ほんみや)」が有名です。

【船渡御の開催日】
船渡御は毎年最終日の25日(本宮)に行われています。

平成28年(2016年)は7月25日(月)の開催です。

天神祭|船渡御とルートについて

上流側(飛翔橋)下流側(天神橋)の二手に分かれて午後6時にスタート!総勢約12,000人が乗船した100艘もの船が往復約7キロの航路を2〜3時間かけて渡っていきます。

スポンサードリンク

船路の道中では、あちらこちらで「だんじり囃子」「大阪締め」がみられ、お祭はますます賑やかさと華やかさを増していきます。

船渡御の途中では「船上祭」と呼ばれる荘厳な神事が行われます。御神霊に大阪市内の暮らし・繁栄ぶりを見ていただき、ご加護を祈願します。船渡御は千年以上も前から始まったとされています。

天神祭|奉納花火の日程と時間は?

奉納花火は毎年7月25日に船渡御の華麗な水上パレードと合わせて披露されます。打ち上げ花火を中心とした約4000発の花火が川崎公園・桜宮公園の2カ所から打ち上げて奉納されます。100隻の大船団のかがり火と花火のコラボレーションは幻想的で素晴らしいですよ♪

打ち上げ時間は19時00分頃~21時00分頃の予定です。

電車で来られる方で奉納花火を見る前に夜店を楽しみたい場合は、JR”桜ノ宮駅”または地下鉄・京阪の”天満橋駅”から歩いて屋台を楽しみながら花火が見える場所に移動する方が多いです。

まとめ

船渡御の提灯や灯篭の灯が大川の水面に照らされます。お祭ムードで盛り上がるなか奉納花火が始まり、更に彩り豊かな景色へと変化していきます。

まさに日本の夏を体感できるビッグイベントですね。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

敬老の日|2016年はいつ?発祥の地は兵庫県?何歳から祝うの?
noimage
宗像市 田熊山笠|2016年の日程は?宗像サニックスブルースも参加!
山鹿灯籠まつり千人灯籠踊りを観に行こう♪納涼花火大会はいつ?
灘のけんか祭りとはどんな行事?2016年の日程と桟敷席の値段は?
広島県熊野町の筆まつり2016年の日程 筆の供養も
江東花火大会2016は混雑せずに観たい人におすすめ 露店はある?
noimage
愛知県で紅葉名所の香嵐渓を楽しむ もみじトンネルなど見所満載♪
仙台観光で青葉祭りを楽しむ|出店や食事は?交通手段は何がある?
noimage
母の日プレゼントで疲れ解消!アイマスク クッションで安らぎの時間を
博多おくんちの御神幸行列はいつ観ることができるの?
noimage
イルミネーションをお台場で観たい♪デートにはyakeiがおすすめ

Menu

HOME

TOP