犬の熱中症症状と応急処置を覚えておこう|塩分の補給は必要?

熱中症になるのは人間だけではありません。だって熱中症にかかります。それどころか、犬は私達のように汗をかいて体温を下げることができない為、発症した時のリスクはかなり高いと言えます。

もしも犬が熱中症になった場合、どんな症状が出るのでしょうか?

今回は
・犬の熱中症にはどんな症状があるの?
・犬の熱中症 応急処置の方法は?
・犬の熱中症 やっぱり塩分は必要?
をご紹介します。

スポンサードリンク

犬の熱中症にはどんな症状があるの?

犬は寒さには強いのですが、暑さには弱い動物です。「気温22℃・湿度60%」を超えると、熱中症の危険性が出てくると言われています。

私達は汗をかくことで体を冷やします。犬は汗をかくことがほとんどできません。暑い時は舌を出して「ハッハッハッ」とリズム良く呼吸していますね。あれは「パンティング」といって空気を体に取り入れて体温を下げているんです。

そのため、一旦上がってしまった体温を下げるのは私達よりも大変です。熱中症の症状が見られたら、すぐに応急処置をしてあげることが大切です。

犬が熱中症にかかった場合は次のような症状があらわれます。

【熱中症の症状】
・体を触ると熱い

・呼吸が荒く息苦しい

・舌が出て、ぐったりしている

・呼んでも反応が鈍い

・よだれを垂らしている

・ふらつく

・嘔吐(おうと)、下痢をする

ひどい場合はチアノーゼ(舌・唇が青~青紫色になる)・失禁や血尿・全身のけいれん・ふるえ・意識の混濁または消失といった症状がみられます。最悪の場合はショック状態になり死んでしまうケースもあります。

■熱中症になりやすいタイプ
・室内犬全般
室内犬は気温差が少ない環境で暮らしているので、体温調整が苦手な傾向があります。

・肥満体型の犬
体内に熱がこもりやすいので注意が必要です。

・短頭種の犬
鼻の短い犬種も熱中症のリスクが高いと言われています。

・子犬とシニア犬
子犬は体温を調節する機能が発達しておらず、シニア犬は機能が衰えているため気温の上昇に上手く対処できません。

犬の熱中症 応急処置の方法は?

熱中症は命に関わるケースもあります。少しでも早く応急処置を行うことが大切です。

①場所の確保
まずは涼しい場所へ犬を移動させましょう。首輪など体を圧迫するものがあれば、緩めるか外してあげます。

②身体を冷やす
体に水道水をかけたり、冷たい水で濡らしたタオルを身体に当ててあげます。ただし、氷水や冷たすぎる水を使うと冷え過ぎて症状が悪化することがあるので注意が必要です。

体を冷やすのに特に有効な部位が首元・わきの下・後ろ足のつけ根です。太い血管が通っているので効果的に体温を下げることができます。保冷剤をタオルで包んだものをこれらの部位に当ててあげましょう。

③水分補給
水が飲める状態であれば水分補給をしっかりとさせてあげます。スポーツドリンクを水で2~3倍に薄めたものを飲ませるのも効果的です。

スポンサードリンク

【動物病院への受診】
意識がない場合は身体を冷やす事と共に、動物病院へ連絡をとって急いで連れていってあげることが大切です。意識が戻って症状が落ち着いた場合でも、念のため受診させておきましょう。

犬の熱中症 やっぱり塩分は必要?

私達は汗をかいたときに水分と共にナトリウムを失うので、塩分が含まれた飲料を飲むことが熱中症予防に最適とされています。では、主にパンティングで身体を冷やしている犬に、塩分の補給は必要なのでしょうか?

犬の汗腺は、人間とは違い全身にではなく足の裏に集中しています。そのため普段の生活で人間のように汗で塩分が大量に失われることもありません。

ですが、犬にとっても塩分は大切な成分です。塩分(塩化ナトリウム)を構成しているナトリウムと塩素は、犬の体の細胞レベルで大事な役目を果たしています。それに、人間と同じように塩分は尿となって失われています。人間ほどの量ではありませんが、犬にとっても塩分補給は必要なのです。

犬はドッグフードなど普段の食事で十分に塩分を補給できています。なので、あえて塩水などをあげる必要はありません。むしろ塩分の取り過ぎは体に良くないので注意しましょう。

ただし、高温多湿な天気が続いて熱中症にかかるリスクが高い時期には、犬も塩分補給が有効です。

先ほどの応急処置で紹介しましたが、熱中症予防としてスポーツドリンクをだいたい2~3倍に薄めて飲ませてあげましょう。人間用のものだと心配だという方には「ペットスエット」という犬用のスポーツドリンクがありますよ。

まとめ

犬は特に湿度が高い環境に弱いようです。気温がそれほど高くない日でも「今日は蒸してるな」と感じたら、今回ご紹介したような熱中症の症状が出ていないか良く観察しておくと安心ですね。

犬が熱中症にならない為の対策も、基本は人間と同じです。高温多湿をにならないよう環境を整えて、しっかりと水分を摂らせてあげましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ココアってカフェインが入ってるの?|寝る前に飲んでも大丈夫?
赤ちゃんのアトピー症状はいつから?原因が母乳の可能性は?
梅雨の洗濯物|除湿器の機能を活かして早く乾かすコツとは?
恋愛についての悩み相談を電話で占い師さんとする方法は?
自律神経を整える|腹式呼吸法が効果的なのはどうして?
スズメバチに刺された時の対処法|有効な処置は?こんな症状に注意!
中学生になる息子への入学祝いのお返し|金額や礼状はどうする?
停電時の冷蔵庫の対策|夏はどうする?何時間もつ?食品の注意点は?
赤ちゃんのアトピー対策はステロイド以外では何があるの?
新築祝いを友人にあげるべきか迷った時の対処|贈り物は何をあげる?
経口補水液の作り方と効果的な飲み方は?スポーツドリンクとの違いは?
花粉症|五月がツラい 原因は?血液検査の料金は?
日焼けした背中のケア|一人で化粧水を塗る方法は?
noimage
お月見はいつ?2016年の場合|なぜすすきに団子?台の名前は?

Menu

HOME

TOP