熱中症予防にはうなぎが効果的|その他に食べ物でおすすめは?

s-うなぎ
うなぎは体を強く元気にしてくれる食べ物として、昔から親しまれてきました。熱中症の予防としてうなぎは効果的ですが、具体的にどういった栄養が含まれているのでしょうか?

うなぎに含まれる栄養素と、うなぎ以外で熱中症予防に効果のある食材をご紹介します。

スポンサードリンク

熱中症予防にはうなぎが効果的 栄養素について

■熱中症予防で一番大切なこと
熱中症とは、気温が高いの環境のなかでたくさんの汗をかくことによって起こるさまざまな症状を指します。体の中の水分やナトリウム(塩分)のバランスが悪くなり、体温の調整がきかなくなったりします。気温が低くても湿度が高い場合も発症するリスクが高まります。

まず、何よりも大切な熱中症予防は「こまめな水分補給」です。たとえ食事をしっかり摂っていても、水分補給が十分でないと熱中症になるので注意が必要です。

水分補給の次に重要な熱中症予防が体力作りです。バランスの良い食事を規則正しく摂りいれて、暑さに負けない体をつくりましょう!

「そうは言っても、こう何日も暑い日が続くと食欲が…」

しっかり食べなきゃと思いつつも、連日の猛暑が続くとどうしても食事を”そうめん”だけで済ませたり、冷たい飲み物を大量に飲んだりしがちになりますね。

※冷たい飲み物を一度に大量に飲むと、胃に負担がかかり食欲低下につながります。”適度な量をこまめに”摂ることが大切です。

そこで、暑さで食欲が落ち気味なときに食べておきたいのが”うなぎ”です(^^)うなぎには疲れ気味な体に必要な栄養素が含まれています。

■うなぎにはどんな栄養があるの?
壮熱中症予防に効果が高いと言われている”うなぎ”に含まれる、代表的な栄養素は次のようになります。

【うなぎに含まれる栄養素】
・亜鉛
・カルシウム
・コラーゲン
・脂肪
・たんぱく質
・DHA・IPA
・ビタミンA
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンD
・ビタミンE
など

この中でも、夏の暑さに負けない体を作るのに必要なのが、”ビタミンB1”と”たんぱく質”です。

■ビタミンB1
ビタミンB1には糖質をエネルギーに変える働きがあります。食べたお米やパンを、ビタミンB1の作用で”力”に変えることが大切ですね。

スポンサードリンク

さらにビタミンB1には疲労物質の”乳酸”が体に蓄積するのを防いでくれます。疲れがたまると熱中症にかかるリスクはどうしても上がってしまいます。

疲れを解消して元気になるためにぜひ取り入れてほしい栄養素です。

■たんぱく質
たんぱく質は、内臓や筋肉の材料として働いています。夏バテで偏った食生活になると内臓にも負担がかかります。さらに栄養の偏りでたんぱく質が不足すると、内臓の修復ができない。そのために体全体の調子がおかしくなるという悪循環が起こってしまうわけですね。

また、たんぱく質が少ないと筋力の低下につながり、その結果体力が落ちてしまいます。

たんぱく質をたくさん摂り入れて、体力を取り戻しましょう。

■うなぎは栄養バランスが魅力
うなぎには、さまざまな栄養素がバランスよく含まれているので、暑さが原因で栄養が偏ってしまったときに食べたいですね。何よりも、うなぎの香ばしいにおいが、失われていた食欲を呼び起こしてくれます(^_^)

熱中症予防に”うなぎ”以外の食べ物でおすすめの食品は?

■梅干し
熱中症予防に特におすすめなのが梅干しです。梅干しには豊富なミネラルとクエン酸が含まれているので、疲労回復に効果的です。また、塩分も含まれているので汗をかくことで失われたナトリウムを補給することができます。熱中症予防には最適ですね。

■ビタミンB1とたんぱく質が豊富な食材
先ほども紹介しましたが、熱中症に負けないよう体調を整えるにはビタミンB1とたんぱく質が有効です。

【ビタミンB1が多い食材】
・豚肉

・ハム

・海苔

・大豆

・しいたけ
など

ビタミンB1だけで言えば、これらの食品のほうが”うなぎ”よりもたくさん含まれています。食事のメニューに迷ったときは、ぜひこれらの食材が入ったものを選んでみてくださいね。

【たんぱく質が多い食材】
・豚肉

・鶏肉

・大豆

・カツオ

・イワシ

・イカ
など

特に暑くて食欲が出ない時には、冷たい豆腐だと食べやすく、たんぱく質もしっかり摂れるのでオススメです。

まとめ

土用の丑の日の影響だと思いますが、私はうなぎを焼いている情景をただ思い浮かべるだけで、すぐに食欲が出てきます。これはもう条件反射ですねw

栄養バランスの良い食事をとり、たまに”うなぎ”で滋養強壮をつけて、熱中症に負けないよう体調を整えましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

防災|赤ちゃんのために準備しておきたいものは?
花粉症にマスクは効果あるの?選び方と耳が痛いときの対処法は?
赤ちゃんがアトピーになる原因ってどんなものがあるの?
日焼けした背中のケア|一人で化粧水を塗る方法は?
寿司屋でのマナー|おあいそは間違い?においチェックを忘れずに!
洗濯槽にカビが発生する原因とその対策|掃除方法と頻度は?
noimage
梅雨時期も熱中症に注意!ポイントは湿度? 対策は?
デング熱とヒトスジシマカ|蚊の対策は?虫除けのポイント
友人の出産祝い|二人目に贈る品は何がいい?おすすめは?
ブヨから身を守るための予防策|服装の注意点と刺されたときの対処
カーテンについた花粉を取る|掃除機のかけ方について
noimage
夏野菜で熱中症予防には”きゅうり”が有効 食べ合わせは?
離乳食のアレルギーって豆腐を食べた時にも反応が出たりするの?

Menu

HOME

TOP