猫の熱中症の症状は?体温はどうなる?応急処置について

s-e29ab22fc479de629ec7ea32f8730bcd_s
は暑さに強い動物ですが、自宅で一緒に生活している場合は熱中症にも注意が必要です。もしも猫が熱中症になった場合どんな症状が出るのか、応急処置としてどんな方法が有効かを知っておきましょう。

今回は
・猫の熱中症にはどんな症状があるの?
・猫が熱中症になったとき体温はどうなる?
・猫の熱中症 応急処置の方法は?
をご紹介します。

スポンサードリンク

猫の熱中症にはどんな症状があるの?

猫は暖かいところが大好き。寝っ転がって気持ちよさそうに日向ぼっこする猫はたくさんいますね。暑さに弱い犬とくらべると、熱中症にかかるリスクは低いと言えるかもしれません。

ただし、ほとんどの汗腺が肉球に集中している猫には、私達人間のように汗をかくことで効率良く体温を下げることが出来ません。そのため急激に体温が上昇してしまうと、なかなかもとの体温には戻りません。

そういった意味では、私達よりも猫のほうが熱中症のリスクが高いと言えます。

猫は涼しい場所を見つけるのが得意なので、気温が上がれば場所を移動するなどして自分で対応できます。

怖いのは、室内飼いの猫を閉めきった室内に残して外出したときのトラブルです。

通り道として開けておいたドアが何かの拍子に閉まって閉じ込められたり、クーラーが停電や他の理由で切れてしまったということもあります。

防犯上戸締まりはやむを得ないことですが、自宅には熱中症のリスクが潜んでいるのです。

もしも熱中症にかかってしまった際には、すぐに対応できるようにしておきたいですね。

猫が熱中症にかかったら、次のような症状が見られます。

■猫の熱中症の症状
・食欲がない

・目の充血

・口を開けて「ハァハァ」とあえぐような呼吸をする

・よだれが出る

・ふらつき

・声をかけても反応が鈍い

・熱が高い

・吐いたり(嘔吐)下痢をする

また、症状が進行した場合には

・意識の混濁または失神

・チアノーゼ(酸素不足で舌や唇が青紫色に)

・全身の痙攣

・出血症状(吐血・血尿・血便)

・意識消失

などが見られ、最悪の場合はショック症状で死に至ることもあります。

猫が熱中症になったとき体温はどうなる?

■猫の危険温度は何度?
猫の場合は体温が40℃を超えると熱中症の疑いが強くなります。

スポンサードリンク

猫の平熱は人間よりも高くて、だいたい38~39℃です。

もちろん猫もそれぞれ体温に差があるので、ご自宅の猫の体温を測り平熱を知っておくと、熱中症かどうかの判断材料になります。

定期的に検温しておけば、普段の体調管理にも役立ちますね。

ペット用の体温計も発売されてますよ。

猫の熱中症 応急処置の方法は?

猫に熱中症の症状がみられたら、すぐに応急処置と動物病院への受診手続きをしましょう。猫は一度上がった温度を下げるのが苦手なので、すぐに涼しい場所へ移動させて体温をさげる処置をしてあげることが何よりも大切です。

■応急処置
・身体を冷やす
体に水をかけたり(霧吹きスプレー容器があると便利)、水で濡らしたタオルを身体を包み込むように当ててあげます。ただし、氷水や冷たすぎる水を使うと冷え過ぎて症状が悪化することがあるので注意が必要です。

体を冷やすのに特に有効な部位が首元・わきの下・後ろ足のつけ根です。太い血管が通っているので効果的に体温を下げることができます。アイスノンなど、保冷剤をタオルで包んだものをこれらの部位に当ててあげましょう。

・水分補給
水が飲める状態であれば水分補給をしっかりとさせてあげます。飲みづらそうなときは水をスポイトに含ませて飲ませしょう。

塩分を含むスポーツドリンクを水で2~3倍に薄めたものを飲ませるのも効果的です。「ペットスエット」という商品はペットの体液に近い電解質組成で造られているので特にオススメです。

猫は普段の食事で塩分をしっかり摂取できています。食欲がなくご飯を食べないときには良いですが、食事と一緒にスポーツドリンクをあげると塩分の摂り過ぎになりますのでご注意ください。

・動物病院への受診
熱中症の怖いところは、死亡してしまうケースももちろんですが、一度かかると回復しても後遺症が残る可能性が高いことです。

熱中症の症状が見られたら動物病院へ連絡をとり、体を冷やしながら急いで連れていってあげることが大切です。

自分で猫の体を冷やす処置をして意識が戻り、症状が落ち着いた場合でも、念のために動物病院へ受診させておくことをおすすめします。

まとめ

どんな病気にも当てはまりますが、猫の熱中症も早期発見・早期治療ができれば体への影響は少なくて済みます。処置が遅れると後遺症が残ることもあるので早めの対応と動物病院への受診が大切です。

暑い日には、普段と違うところはないか、様子をチェックしてあげてくださいね。

検温ができるとさらに良いですね。

猫と一緒に夏を乗り切りましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

バーベキューの炭 簡単な火の起こし方は?火起こし器編|種類について
noimage
noimage
すだち風呂でリラックス効果を楽しむ|美肌のメリットも
お月見はいつ?2016年の場合|なぜすすきに団子?台の名前は?
セブンの抹茶ティラミスわらびを食べてみた【コンビニスイーツ】
ハムスターの暑さ対策 留守中エアコンが活躍|エアコン以外の対策は?
洗濯物の紫外線対策|黒い衣類の日焼けによる色落ちを防ぐには?
子供が言うことを聞かない時の対処法|反抗心を和らげる
秋はきのこで健康に|その万能効果とは?
フローリングにマットレスを直置きしても大丈夫? カビ対策・寝具編
デコパージュの石鹸を100均で作ってみよう♪|必要な材料とコツは?
旦那が仕事のストレスで体調を崩しそう!自宅で出来る対策は?
お中元のマナー|送り状は?喪中のときは?期間を過ぎたらどうする?
noimage

Menu

HOME

TOP