乾電池のアルカリとマンガンはどう使い分ける?併用してもOK?

s-137395
私達の生活の中でずっと活躍し続けているアイテムの一つに乾電池があります。乾電池には主にアルカリとマンガンがありますが、使い分けをどうしたらいいのでしょうか?

現在店頭に並ぶのはほとんどがアルカリ乾電池ですが、マンガン乾電池も生き残っています。ということは、マンガン電池を使ったほうが良いケースもあるって事ですね。

また、乾電池は使う機器によって種類・サイズ・必要な本数がバラバラなのため、よく中途半端に余りますよね。余ったアルカリ乾電池とマンガン乾電池を併用しても大丈夫なのでしょうか?

スポンサードリンク

乾電池のアルカリとマンガンはどう使い分ける?

アルカリ乾電池とマンガン乾電池には、どういった違いがあるのでしょうか?

大きく違うのは、それぞれが異なる「電解液」でつくられている事です。

電解液とは、プラス極とマイナス極の電気の通り道となる液体の事です。

アルカリ乾電池では、電解液に『水酸化カリウム』を使用しています。”アルカリ乾電池”と呼ばれているのは、この水酸化カリウムがアルカリ性だからです。

マンガン乾電池では、電解液に『塩化亜鉛や塩化アンモニウム』を使用しています。

■使い分けの目安
このように内容が大きく異なる乾電池ですが、使い分けの目安としては、使用する機器が「どのくらいの電力を消費するか」、そして「どのくらいの頻度で使うのか」によって決めることができます。

それでは、アルカリ乾電池、マンガン乾電池それぞれの長所・短所を見てみましょう。

【アルカリ乾電池】
『長所』
・長時間、大きな電力を安定して供給する必要がある機器に適している

・最後まで安定した電圧が保てる

そのため、次のような機器への使用が適しています。

  • ワイヤレスマウス
  • デジカメ
  • 音響機器(CDプレーヤー・ラジオなど)
  • ラジコンやミニ四駆などの、モーターを使用した玩具
  • 任天堂Wiiリモコン
  • 懐中電灯(頻繁に使う場合)

『短所』
・小さな電力で長い期間にときどき使用する機器には適さない

【マンガン乾電池】

『長所』
・小さな電力を間欠的に使用する機器に適している。
⇒一定の時間をおいて使ったり使わなかったりする場合に有効

・休ませながら使うと、ある程度電圧が回復する

そのため、次のような機器への使用が適しています。

  • リモコン
  • 置時計・掛時計
  • 電卓
  • 懐中電灯(たまに使う場合)
スポンサードリンク

『短所』
・大きな電力を必要とする機器に使うと電池の寿命が短くなる

・連続使用する機器には向かない

・使用中に電圧が下がることがある

注意!

大きな電力を消費する機器に使うと、故障の原因になることがあるので注意が必要です。特に、説明書でアルカリ乾電池の使用を指示している機器には、必ずアルカリ乾電池を使用してください。

まとめてみると…

乾電池のアルカリ・マンガンの使い分けとしては、使用する機器が

「電力の消費が大きいか・小さいか」

「頻繁に使うか・間欠的に使うか」

で決まります。

電力の消費が大きい又は頻繁に使うときはアルカリ乾電池、

電力の消費が小さく、少し使って休ませることが多いときはマンガン乾電池が適しています。

※ちなみにマンガン乾電池には「黒色」と「赤色」の電池がありますが、この2つには電池容量に差があります。

黒色のマンガン乾電池の方が、電池容量が多くて長持ちしますよ。

乾電池のアルカリとマンガンは併用してもOK?

アルカリ乾電池とマンガン乾電池。これらの種類が異なる乾電池を併用するとどうなるのでしょうか?

まず、電力の消耗が早くなります

電力が長持ちするアルカリ乾電池が、電力の消費が早いマンガン乾電池を回復させようと働くので、電力が無駄に消費されます。

そして、液漏れが起こる可能性もあります
電気容量の少ない乾電池の内部でガスが発生し、電解液が外に出てしまうようです。機器にセットされた状態での液漏れなので、機器を腐食させてしまい故障の原因になります。

漏れた電解液は人体にも有害なので、皮膚に付着しないよう注意しましょう。

最悪の場合、破裂するケースもあり危険なので、種類の異なる乾電池の併用は控えるべきです。

また、
「単三のアルカリ電池が二本必要なんだけど、自宅に新品が一本しかない。使いかけのアルカリ電池があったから一緒に使った」というケースもありますね。

同じ種類の乾電池でも、新品と使い古しを併用すると先ほどのケースと同じように電池の減りが早く・液漏れ等の危険があります。

乾電池を安全に長持ちさせて使うには、同種類・同メーカーのもを使う、そして複数の乾電池の入れ替えをする時は全て新しい乾電池に替えることが大切です。

まとめ

アルカリとマンガンそれぞれの得意な面を活かして使い分けすれば、電池の消耗も少なく、道具の不具合が起こる可能性も減るので上手く使っていきたいですね。

違う種類の乾電池を併用すると、電池の消耗を早め液漏れ等の原因につながりますので注意が必要です。

【マンガン乾電池に適した機器例】

  • ワイヤレスマウス
  • デジカメ
  • 音響機器(CDプレーヤー・ラジオなど)
  • ラジコンやミニ四駆などの、モーターを使用した玩具
  • 任天堂Wiiリモコン
  • 懐中電灯(頻繁に使う場合)

【マンガン乾電池に適した機器例】

  • リモコン
  • 置時計・掛時計
  • 電卓
  • 懐中電灯(たまに使う場合)

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

お歳暮で頂いたロースハムの食べ方とブロックの使い道は?
掃除|重曹とクエン酸の使い分け方 混ぜるのは危険?注意点は?
セブンイレブンの芋パフェ『お芋とほうじ茶の和ぱふぇ』を食べてみた
歯磨き|磨き方の3つのポイント 虫歯・歯周病のリスクを減らそう
アトピーを持つ乳児を入浴させる際のポイントと注意点は?
子供が言うことを聞かない時の対処法|反抗心を和らげる
バランスボールは椅子から始めるのが正解かも|姿勢も良くなりそう♪
さつまいもの保存方法|冷凍の注意点 賞味期限はどのくらい?
フローリングにマットレスを直置きしても大丈夫? カビ対策・寝具編
暑さ対策に打ち水|効果的な時間帯と方法は?
カーテンについた花粉を取る|掃除機のかけ方について
noimage
スーツの長期保管でカビを防ぐ方法|クリーニングのしみ抜き料金は?
中学生になる息子への入学祝いのお返し|金額や礼状はどうする?
お盆玉とは何?発祥と金額の相場は?ポチ袋の特徴について

Menu

HOME

TOP