室内犬のお留守番 暑さ対策は?扇風機は有効?|散歩の注意点

今回は室内犬暑さ対策について。

家で一緒に生活するワンちゃんが快適に過ごせる方法をみていきましょう。

スポンサードリンク

室内犬のお留守番|暑さ対策は?

【犬の体温調整について】
ワンちゃんは肉球にしか汗腺がなく、私達のように全身に汗をかいて体温を調節するこどができません。

その代わりに、舌を出して勢いよく小刻みに「ハッハッハッ」と息をして唾液を蒸発させることで身体にこもった熱を外に出しています。これを”パンティング”といいます。

ひんやりとしたフローリングの上に、腹ばいになってお腹を冷やすことで体温を下げたりもします。なので、”大理石マット”は有効です。

ワンちゃんが気に入ればですがw

ちなみに、ゾウも汗をかきません。団扇であおぐかのように大きな耳をパタパタと動かすことで体温を下げています。

【暑さ対策について】
真夏の外出時は家でお留守番のワンちゃんが大丈夫か心配な方も多いと思います。

猛暑日ともなると閉めきった室内は簡単に30度を超えてしまいます。電気代がかかってしまいますがエアコンはやはり必要です。

■猛暑日のお留守番はエアコンで熱中症対策を
【エアコン使用時の注意点】
エアコンから出る冷たい空気は下に下に溜まっていきます。私達が「心地よい」と感じる温度は、私達よりも低いところで生活しているワンちゃんには「寒い」と感じることが多いんです。

ワンちゃん目線で冷え過ぎていないかチェックしましょう。また、エアコンの風がワンちゃんに直接当たる事が無いよう注意しましょう。

■ケージを使用する際は、直射日光が当たらない場所を選ぶ。

スポンサードリンク

■しっかり水分補給ができるよう、飲み水の器は大き目のものにたっぷりと。
 
お留守番させるときは容器がひっくり返って水がこぼれた時のために飲み水の器を複数用意しておくと安心です。

室内犬の暑さ対策|扇風機は有効?

室内で快適に過ごすためのグッズの一つに扇風機がありますが、ワンちゃんに”扇風機”は効果があるのでしょうか?

私達は風で汗が冷やされて「涼しい♪」と感じることができますが、ワンちゃんにとってはただ風が当たるだけではあまり意味がなく、気温自体が下がらないと「涼しい♪」と感じることができません。

・室温が高いまま扇風機をまわしてもワンちゃんにはあまり効果なし。

・クーラーで室温を下げてからの扇風機の併用は冷たい風が循環するので有効です。
※冷やし過ぎと風が直接ワンちゃんに当たらないようご注意ください。

室内犬の暑さ対策|散歩の注意点

ワンちゃんの気分転換・運動不足解消に散歩に連れていくのはとてもいい事ですが、夏場の日中の散歩には注意が必要です。

私達は普段歩く時は靴を履いているので特に意識することはありませんが、ワンちゃんにとって真夏のアスファルトは危険です。

さらに
ワンちゃんは胴体が地面に近いので私達よりもアスファルトの熱から受ける影響が大きいのです。

■まずは自分の手で直接アスファルトに触ってみて散歩に連れて行っても大丈夫か判断しましょう。

■できるだけ日中を避け、朝か夕方過ぎの時間帯を選ぶ。
※夕方でも昼間の影響で熱がこもっていることがありますので、一度アスファルトを触ってチェックしましょう。

■クールベスト、クールバンダナ等、市販されている冷却グッズもあります。

■水分補給はしっかりと。

まとめ

私達でも猛暑日にはぐったり(-_-;)

体温調節の苦手なワンちゃんにもつらい季節ですね。

ワンちゃんが夏バテや熱中症にかかることがないようしっかり対策をとって、夏を快適に乗り切りましょう!

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

掃除|重曹とクエン酸の使い分け方 混ぜるのは危険?注意点は?
蜂に刺されないための外出時の予防策は?服装やスプレーについて
猫の熱中症の症状は?体温はどうなる?応急処置について
お月見はいつ?2016年の場合|なぜすすきに団子?台の名前は?
花粉症|五月がツラい 原因は?血液検査の料金は?
食中毒の予防|おにぎりを握るときの注意点 お弁当の保存法など
パソコンによる目の疲れ|原因は何?ひどい疲れは血行不良から
電子レンジの臭いとりはどうすれば?|3つの方法
noimage
防災|赤ちゃんのために準備しておきたいものは?
ココアってカフェインが入ってるの?|寝る前に飲んでも大丈夫?
バランスボールを勉強机の椅子にしてみた 夏は蒸れる?汚れに注意
noimage
しゃっくりの止め方~二人だから出来る方法~質問する?驚かす?
洗濯槽にカビが発生する原因とその対策|掃除方法と頻度は?

Menu

HOME

TOP