猫の暑さ対策 お留守番の注意点は?|便利グッズについて

今回は暑さ対策について。

猫にお留守番をしてもらう際の注意点や快適に過ごせるコツをご紹介します。

スポンサードリンク

猫の暑さ対策|お留守番

猫は『砂漠系の動物』で、暑さにはけっこう強いといわれています。

でも、近年の猛暑日はさすがにツラいですよね。猫に留守番をしてもらう際に心配なのが猛暑日の「熱中症」です。

猫も熱中症になります。猫は人間のように
”汗をかくことで体温を下げる”
ということができません。そのため、いちど体温が上がるとすぐにはもとに戻りません。

普段猫に留守番をしてもらう際、風通しのよい居住環境にできるなら問題ないですが、猛暑日で、しかも閉めきった家でお留守番してもらうときだけは十分ご注意を!クーラーは必須です。

【ここが勘所】
■猛暑日に猫にお留守番してもらうときは必ずクーラーをつけましょう。

■1部屋だけクーラーの冷房を弱くかけたままで出かけます。
※28度設定。ドライでもOK

「今日はクーラーのある部屋で涼もう」とか「ここはちょっと寒くなってきたからあっちにいこう」など、その時その時の判断で猫が自由に部屋を移動できる環境にしておきましょう。

スポンサードリンク

■脱水対策として
いつでも飲めるように、何かの拍子にひっくり返ったときのために水はたっぷりと数箇所に置いておきます。

猫の暑さ対策|便利グッズは必要?

「こんなに暑い日が続いたんじゃ何か涼しくなるグッズでも買ってあげなきゃな」

そんなご主人の心配をよそに猫は気ままに涼しい場所を自分で見つけてくつろいでいたりしてw

熱中症対策は非常に大切ですが、それ以外に関してはあまり過保護になりすぎるのもかえって良くありません。

猫がもともと持っている”暑さに耐える能力”を発揮させたほうがたくましく育ち、長寿につながります。(要は、ある程度はほったらかしにすることです。いい意味でですよw)

猫はゴザや大理石の玄関、フローリング、風呂場のタイルなど、涼しいポイントを自分で見つけてゴローンとくつろぎますw

もしなにかグッズの購入を検討されているなら『大理石マット』が自然のものに近いのでおすすめです。ただし、気に入るかどうかは気ままな猫の気分次第です♪

まとめ

【猫が快適に過ごせるコツ】
①猛暑日のお留守番にはクーラーで熱中症対策
※ただし温度設定を下げ過ぎないよう注意。

②猛暑日でないときの留守番はじゅうぶんな換気が行えれば猫は結構大丈夫。水は多めに、数か所に設置。ストレスなく部屋を行き来できる環境づくりを。

猫は暑さには強いですが寒さが苦手。そして自分が心地よく過ごせる場所を探す天才ですw

”いろいろな場所に移動できる状態”にしておいて、快適にくつろぎつつ留守番してもらいましょう。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
食後すぐ横になるとよくないの?腹痛になったり太るって本当?
赤ちゃんの熱中症予防|クーラーや扇風機の上手な使い方と注意点
ハンドルを握った手が汗で滑るときの対策は?
新生児ニキビの原因とケア方法 薬を使わなくても大丈夫?
犬の熱中症症状と応急処置を覚えておこう|塩分の補給は必要?
二日酔いによる”むくみ”の原因は?飲む前から出来る対策ってある?
綿棒でおこなう耳かきのコツと注意点 毎日やって大丈夫?
栗は渋皮にも素晴らしい効能あり!驚きのデトックス効果
マダニの対策 登山・キャンプ編|虫よけスプレーの効果は?噛まれたらどうする?
洗濯槽にカビが発生する原因とその対策|掃除方法と頻度は?
足の爪に白い筋が|原因は何?生え変わりって結構時間かかるの?
デング熱とヒトスジシマカ|蚊の対策は?虫除けのポイント
梅雨の湿気対策 押入れ編|新聞紙などの便利アイテム、扇風機が活躍?
梅雨時期も熱中症に注意!ポイントは湿度? 対策は?

Menu

HOME

TOP