五所川原立佞武多(たちねぷた)2016とは 超巨大山車や花火大会♪

五所川原立佞武多」。これは『ごしょがわら・たちねぷた』と読みます。このお祭では、最大で高さ約23m・重さ約19tの巨大たちねぷたが街中を練り歩きます。ぜひ実物を観て圧巻のスケールを体験して欲しいお祭です(^^)毎年8月4日から8日の5日間に渡って開催されていますよ。

今回は五所川原立佞武多の見所と歴史、2016年の基本情報をご紹介します。

スポンサードリンク

五所川原立佞武多(たちねぷた)とは

♪立佞武多の館から巨大ねぷたが出陣するシーンは圧巻です♪

このお祭でぜひ観ていただきたいのが、「立佞武多の館(たちねぷたのやかた)」から高さ20m超えの立佞武多(たちねぷた)の山車が姿を現して出陣するシーンです。すごい迫力で、まるで映画のワンシーンを観ているかのようです(^_^)

超巨大立な立佞武多は、普段はこの立佞武多の館に収納されています。

立佞武多の館は立佞武多の制作と展示・保管に加え、ねぷたの制作体験や歴史を学ぶことができる観光施設です。お土産コーナーやレストランも完備しています。

有料展示室では、大型の立佞武多が常時展示されています。展示室にある立佞武多の周りは4階まで吹き抜けで、4階から1階までらせん状のスロープを降りて行くことができます。ここに来れば、祭りでは見ることのできない位置から巨大立佞武多をじっくり見学することができますよ。

立佞武多の運行ルートはこちら
↓ ↓ ↓

立佞武多は赤のマークの場所からスタートし、緑のラインを半時計周りに運行します。

3基の超巨大たちねぷたと共に、さまざまなサイズ・デザインのねぷたが市内一円を運行します。なかには子どもが喜ぶアニメキャラクターのたちねぷたもありますよ。

■立佞武多の歴史は?
五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)は、その昔中国から伝わった「七夕祭り」が発展したものとされています。たちねぷたの台の下には「漢雲」の文字があしらわれているんですが、これは右から「雲漢(うんかん)」と読み、天の川を意味しています。

巨大なたちねぷたは明治の中期から運行されていたようですが、その当時でも高さが約18mもありました。

大正時代に入ると、電線の普及が原因でねぷたは小型化していきます。さらに、戦後の大火で設計図が消失したこともあり、巨大ねぷたは街から姿を消してしまいました。

その後、消失したはずのねぷたの設計図と写真が発見された事を契機に、巨大ねぷたを復活させようという運動が起こります。そして1996年には「たちねぷた復元の会」を結成。

1998年には約80年ぶりに五所川原たちねぷたが復活し、夏祭りで市内運行が行われることになりました。

スポンサードリンク

今では「青森ねぶた祭」、「弘前ねぷた祭り」と共に青森三大ねぶたの一つに数えられています。

現在の大型立佞武多のサイズですが、最大で高さが約23mにものぼり、7階建てのビルに相当します。そして総重量は約19t!人形の中心には鉄骨が通っているため、あれだけ背が高くても倒れない構造になっているそうです。

夜の五所川原の街を、闇を明るく照らす巨大立佞武多が力強く行進する姿は一見の価値ありですよ(^_^)

■御所小河原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)
【開催日時】
2016年8月4日(木)~8日(月)の5日間

・立佞武多の運行時間
19:00~21:00

【開催場所】
青森県五所川原市の中心市街地

【交通アクセス】
・電車
JR五所川原駅から徒歩で約5分

・車
津軽道五所川原北ICから国道339号経由で約10分(3km)

【お問合せ】
一般社団法人五所川原市観光協会
TEL:0173-38-1515

五所川原市の南にある弘前市では8月1日(月)から7日(日)にかけて弘前ねぷたまつりが開催されますよ。
詳しくはコチラ⇒弘前ねぷたまつり2016 なぬか日のイベントは?観覧席は7月に発売

■ちょっと一息♪
たちねぷた会場最寄駅のJR五所川原から歩いて約8分のところに五所川原名物”あげたい”のお店『みわや』があります。

”あげたい”は”たい焼き”をさらに揚げたものです。表面には砂糖がまぶしてあります。

そのままでも美味しいたい焼きを、さらに揚げることで香ばしさがもう一段アップした感じ♪

あげたいは一個120円です。午後4時からは”全品90円”で、なくなり次第終了になりますよ(^^)

五所川原に早めに到着した際にはぜひ食べてみて下さいね。

※お店は「立佞武多の館」の裏手にあります(朱色ののぼりが目印)。

営業時間:9時~夕方(売り切れ次第終了です)
住所:青森県五所川原市字上平井町99

休み:第1・3日曜

8月3日(水)は五所川原花火大会

五所川原市では、立佞武多開催日の前日に五所川原花火大会が催されます。予定が合えば『花火を観て翌日ねぷたの運行を楽しむ』というプランも良いですね♪
※花火が観れる8月3日(水)は立佞武多の運行はありません。ご注意ください。

■第67回五所川原花火大会~水と光と音の祭典~
【開催日時】
2016年8月3日(水)

【開催場所】
青森県五所川原市錦町 岩木川北斗グランド(河川敷)

【交通アクセス】
・電車
JR五所川原駅から徒歩で約13分

・交通アクセス
東北道浪岡ICから津軽道経由で約20分

【お問合せ】
五所川原商工会議所
TEL:0173-35-2121

今年の夏は、夜の街を練り歩く巨大山車を観に青森へ出かけてみませんか。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

クラゲ対策はラッシュガードがおすすめ|刺されたときの処置は?
端午の節句|ちまきの由来と屈原 こどもの日と横山大観?
奈良県の三枝祭~ゆり祭り~2016年の日程・交通アクセスと見所は?
noimage
花粉症でもお花見♪|栗林公園の夜桜 ライトアップの時間は?
こどもの日|柏餅とちまき比較|柏餅の葉の由来は?葉と餅がくっつく時は?
七五三の食事会 挨拶はどうする?子どもの服装は晴れ着で?着替える?
父の日の贈り物にオススメ|いい香りの爽やかヘアトニック
洞爺湖ロングラン花火大会2016を遊覧船で楽しむ♪
広島 とうかさんは浴衣でいこう|名前の由来は?2016年イベント情報
住吉祭が大阪の夏祭りのフィナーレを飾る♪時間・開催場所・屋台の状況は?
宮崎県|神武さま~宮崎神宮大祭の”おきよ丸”とは?2016の日程
兵庫県|姫路浴衣祭り2016の日程は?近くでゆかたレンタルできる?
noimage
放生会~福岡の秋のお祭 2016年の日程 梨も柿も放生会の意味は?

Menu

HOME

TOP