浅草ほおずき市の由来は?2016の日程と値段について

s-c037af82755cbb628891fe47ef67944d_s
雷門で有名な浅草の浅草寺(せんそうじ)。

6月の中旬になると、浅草寺境内とその周辺でほおずき市が開催され、200店ものほおずき販売店と250店あまりの露店が立ち並びます。

ほおずき市は毎年7月9日・10日の両日開催ですが、これにはとても縁起のいい理由があります。ご利益がある催しに興味がある方には特にオススメですよ。

今回は浅草寺境内とその周辺で開催される江戸の夏の風物詩・”ほおずき市”の由来や2016年の日程、そしてほおずきの値段についてご紹介します。

スポンサードリンク

浅草ほおずき市の由来は?

♪風鈴の音が心地良い♪

浅草寺では毎年7月10日は『四万六千日(しまんろくせんにち)』という縁日になります。

室町時代以降に「毎月18日(観音様の縁日)」の他に「功徳日(くどくび)」と呼ばれる新たな観音様の縁日が始まりました。功徳日は月に一日ですが、その日に参拝すれば素晴らしいご利益が得られるとされました。

その中でも7月10日の功徳日に参拝したものには千日分のご利益があり、「千日詣」と呼ばれています。

さらに享保年間の1716年~1736年頃になると、浅草寺に7月10日に参拝すれば「四万六千日」分のご利益があると言われるようになりました。

一日の参拝でおよそ126年分のご利益があるわけですから、多くの民衆がこぞって参拝へやって来ます。そのうち一番乗りするために前日の9日から来る者がどんどん増えた為、四万六千日の縁日は7月の9日と10日の両日に行なわれることとなりました。

『ほおずき市』は、もともとは東京都港区の愛宕神社の縁日で、参拝土産・薬草としてほおずきが売られていました。

その当時、ほおずきは煎じて飲むと癪や子供の虫封じに効くという言い伝えのある縁起物。これが浅草寺でも行われるようになり、現在では都内各地で開かれるほおずき市のなかで最も有名になりました。

スポンサードリンク

ほおずきは主に盆棚の飾りに用いられます。また、この縁日に限り「雷除(かみなりよけ)」のお札も授与されます。

江戸時代に落雷の被害にあった集落がありました。ところが、なぜか「赤とうもろこし」を吊るしていた農家だけが落雷の被害を免れます。そして文化年間の1804年~1818年以降に赤とうもろこしが「雷除」として売られるようになりました。

明治時代になると、赤とうもろこしが不作となりお守りが作れなかったことから、「四万六千日」の縁日に浅草寺より雷除のお札を授与されるかたちになり、現在に至ります。

浅草ほおずき市 2016の日程等の基本情報

■浅草のほおずき市

【開催日】
2016年7月9日(土)~7月10日(日)

ほおずき市は8:00頃~21:00時頃、

本堂は6:00時~20:00時頃となります。

雨天決行/荒天中止

【開催場所】
浅草寺境内 (東京都台東区浅草2-3-1)

【交通アクセス】
東京メトロ浅草駅→徒歩5分。または都営地下鉄・東武浅草駅→徒歩5分。またはつくばエクスプレス(首都圏新都市鉄道)浅草駅→徒歩7分

【お問合せ】
浅草観光連盟
TEL03-3844-1221

浅草ほおずき ほおずきの値段について

浅草ほおずき市で販売されるほおずきの値段は、

1鉢2,500円です。風鈴とセットになります。

値段は一律です。

頑張れば2,000円までは値切れるという噂もw

そして、最終日の7月10日(日)の遅い時間帯になれば、売れ残りを値引き価格で販売する店もあるのであえて遅い時間を狙ってみるのもアリですね。

■宅配サービスあり
遠方からほおずきを求めて来られた場合は宅配サービスを利用すると便利です。

配送料はかかりますが、ほうずき市で購入したほおずきはヤマト運輸がほおずき市専用の箱に詰めて指定した場所へ届けてくれます。

これなら自分用にお土産用と、たくさん購入できますね。

まとめ

全国から多くの観光客が訪れる人気スポット『浅草寺』。

『ほおずき市』ではお寺の華やいだ景色に色鮮やかな”ほおずき”と風鈴の涼しげな音色、そして道行くお客さんに呼びかける売り子さんたちの元気な声で賑わいます。

日没から午後11時ごろまで行われている浅草寺のライトアップも素晴らしいですよ。
(※ライトアップは平成15年10月1日から始まりました。)

露店も23:00頃まで開けている店もあるようです。

風情があるので浴衣でデートしても楽しそうですね。

浅草のほおずき市をご紹介しました。

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

目黒のさんま祭り(区民まつり)2016は整理券が必要!会場はどこ?
東京六義園の紅葉2016 ライトアップの期間と開園時間は?
新潟県 全国でも珍しい八角神輿|十日町おおまつり 2015年の日程
麻布十番祭り2016服装や荷物はどうする?たい焼きとおすすめ屋台
松戸の本土寺へ紅葉鑑賞♪見頃の時期とライトアップの予定は?
noimage
よさこい祭り(高知)2016の日程と飛び入り参加方法 花火大会はいつ?
浅草サンバカーニバルの撮影禁止場所とおすすめスポット 屋台はある?
大牟田 大蛇山まつり2016年の日程|かませとは?花火大会は8月開催
函館港まつりにディズニーパレードが参加!2016年の基本情報
母の日に感謝状ケーキ|今年は面白いものでびっくりさせよう♪
広島 とうかさんは浴衣でいこう|名前の由来は?2016年イベント情報
noimage
大阪の愛染まつり2016|カップルで浴衣で行こう!日程や時間は?
秋田竿燈まつりとは 2016の楽しみ方と体験イベントについて

Menu

HOME

TOP