お弁当の夏の対策 おにぎりの具材でおすすめは?腐りやすいのは?

の暑さに負けないためにも毎日の食事はしっかりと摂りたいものですが、昼間お弁当を利用する場合は食中毒対策として食材を慎重に選ぶ必要があります。

朝の限られた時間でお弁当を作るのは大変ですが、食中毒予防に欠かせない処置だけはおろそかにしないようにしましょう。

今回はお弁当の夏の対策、おにぎりにおすすめの具材と夏場には使わない方が良い具材をご紹介します。

スポンサードリンク

お弁当の夏の対策 おにぎりの具材でおすすめは?腐りやすいのは?

お弁当の夏の暑さ対策としてチェックしておきたい項目を下記に並べていますので、今までやった事がない項目があれば取り入れてみてくださいね(^^)

■お弁当チェックリスト
【おかず編】
□おかずの再利用はなるべく避ける
昨晩のおかずの再利用は夏場はお勧めしません。朝しっかりと加熱しても熱に強い菌がいると食中毒になることがあります。
※熱が加わりやすい食材ならOKです。

□和え物など、汁(水分)の多いものは避ける

□味付けを通常よりも濃い目にしておく
特に塩分は菌から素材を守るとともに熱中症対策としても有効なので夏場にはもってこいです。

□卵はきちんと中まで火を通す

□ミニトマトやイチゴ等のヘタ又はヘタの凹みの部分は菌が多いので、しっかりとこすり洗いをするかヘタを取る

□生野菜や生の果物は傷みやすいので夏場は弁当に入れない

【ご飯・おにぎり編】
□ご飯は当日炊く
まず、当日の朝にご飯を炊くことが大切です。又はお弁当に必要な分量だけパック冷凍しておくのもいいですね。一晩保温したご飯をお弁当に使う事はお勧めしません。保温で時間を置いたご飯は食中毒の原因になることもありますし、何よりご飯の味が落ちてしまいます。

□炊く際の一工夫
ひと手間かかりますが、夏場にご飯を炊く際に以下のどちらかの方法をとると傷みにくくなりますよ。
★お酢を少量入れて炊く(米2合に対して、酢大さじ1程度)
★梅干しを入れて炊く

□ラップでにぎる
おにぎりはラップで包んでにぎるのが理想です。もったいないですが、ラップの再使用はやめましょう。

□海苔はおにぎりとは分けておいて、食べる直前にまく

【お弁当箱編】
□お弁当専用の抗菌シートを使う
ワサビと同じ抗菌作用がある成分で防腐効果を高めてくれます。

スポンサードリンク

□フタはご食材が冷めてから
お弁当箱は必ず冷ましてからフタをします。菌が繁殖しやすい温度は20℃~50℃と言われています。そのため20℃以下に温度を下げることが大切です。

□外出先では保冷剤を使ってお弁当の鮮度を保つ
日の当たらないできるだけ涼しいスペースに保管できれば問題ありませんが、それが出来ない環境の場合はお弁当に保冷剤をつけてタオルやハンカチで巻くという対策をとりましょう。

□お弁当ケースの手入れも念入りに
容器をしっかり洗い乾かすのはもちろん、その後にアルコールで消毒しておくと有効です。ゴムパッキンを外して隙間に汚れがついていないかもチェックしましょう。

お弁当の夏の対策 おにぎりの具材でおすすめは?

お弁当のお楽しみのひとつはおにぎりの具材ですね。好みの具材が入っていると夏の暑い日でも食欲が湧いてきそうです。

ここでは食欲も湧いて食材の傷み対策にも有効な具材を、最後の章では夏場には控えておきたい具材ご紹介します。

・梅干し
お馴染みの具材ですが塩分とクエン酸で十分傷み防止に効果ありです。ただし、梅干しとご飯が触れている範囲にしか効果がないので注意が必要です。そのため梅干しはつぶしてご飯全体に混ぜ込んだものが理想的です。

・昆布
昆布には塩分が含まれているうえ水気がないので理想的な具材のひとつです。

・ゆかり

・ちりめんジャコ

・混ぜ込みタイプのふりかけ
しそわかめのふりかけが特におすすめです

お弁当の夏の対策 おにぎりの具材で腐りやすいのは?

・生もの
明太子やしらす等の生ものを夏場のおにぎりの具材に使うのは避けましょう。

・マヨネーズを使ったもの
材料に卵が入っているマヨネーズは傷みやすいのでNGです。なので人気具材のツナマヨは夏のお弁当では我慢しましょう(^_^;)

・具入りチャーハンや炊き込みご飯

・卵
十分加熱したものはともかく半熟卵は絶対にNG!

まとめ

お弁当のメニューの中で大定番の人気メニューでもあるおにぎりは、梅雨や夏のあいだに最も食中毒に気をつけたいものでもあります。今回ご紹介したラップを使用する方法はぜひ取り入れてくださいね。

お弁当は実際に食べてみて酸味や臭いの違和感を少しでも感じた時は危険なので食べるのはあきらめてください。

また、仕事が忙しく疲れ気味のときは一時的に仕事先での昼食を外食に切り替えて睡眠時間を確保して体力回復を図るというのも有効な対処法です。

夏バテと食中毒には十分注意して夏を乗り切りましょう♪

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

初詣の帰りに初めて太宰府バーガーを食べてみた
土用の丑の日2016|今年はいつ?うなぎを食べる理由は?作った人は誰?
赤ちゃんがアトピーになる原因ってどんなものがあるの?
noimage
ハンドルを握った手が汗で滑るときの対策は?
離乳食を五ヶ月から始めるのは早いの?アレルギーとの関係は?
フローリングにマットレスを直置きしても大丈夫? カビ対策・寝具編
足のむくみの原因|高齢者の場合は何が考えられる?確認方法は?
自律神経を整える方法|お風呂でストレスを解消するコツとは?
離乳食のアレルギーって豆腐を食べた時にも反応が出たりするの?
バランスボール 75cmサイズを椅子代わりに使ってみた感想 レビュー
お中元・お歳暮|お返しは必要?マナーは?断り方はどうする?
noimage
離乳食の初期は一回食をどの時間帯で食べさせたらいいの?
U-NEXTの無料トライアルを利用中 私には危険です

Menu

HOME

TOP