お盆玉とは何?発祥と金額の相場は?ポチ袋の特徴について

ここ数年、ハロウィンやイースターといった海外の行事がどんどん注目を浴びるようになってきましたね。そして、日本の行事に目を向けると最近は「お盆玉」という言葉を耳にする機会が増えてきたように思います。

果たしてお盆玉も日本の定番行事となるのでしょうか?今回はお盆玉発祥と金額の相場、ポチ袋についてご紹介します。

スポンサードリンク

お盆玉とは何?

お盆玉(おぼんだま)は夏のお盆の帰省シーズンに子ども(孫)にあげるお小遣いのことを指します。

そう、日本の年始めの大定番「お年玉」と同じような慣習がお盆にも定着するかもしれないのです。

子ども達にとっては夢のような話ですね(^_^;)

お盆玉の発祥と金額の相場は?

■発祥は?
実は、お盆玉の風習の発祥は江戸時代にあるとされています。山形県の一部の地域に伝わる習慣で、夏の時期に奉公人に衣服や履き物などを渡す風習がありました。

それが昭和初期に入ると、子どもにお小遣いを渡すという内容に変化したとされています。

■どうして注目されてるの?
このように一部の地域の慣習でしかなかったお盆玉ですが、どうして現在のように注目されるようになったのでしょうか。

まず最初のきっかけを作ったのが、お盆玉の発祥の地である山形県に本社と工場を持つ(株)マルアイです。

「お盆玉」という名称はこの(株)マルアイがつくった造語で(商標登録済み)、2010年からお盆にふさわしい夏のデザインを取り入れたポチ袋を作成し販売を開始しています。

地元に古くから伝わる文化を自社の企業戦略にうまく取り入れたわけですね。

スポンサードリンク

そして、このお盆玉のポチ袋を全国の郵便局や大手の雑貨店が店頭で発売するようになりました。するとメディアでもお盆玉を特集として取り上げる機会が増えていき、現在では全国的にも認知度が上がり続けている状況です。

■金額の相場は?
実際にお盆玉をあげる場合に金額の相場が気になるところですが、お盆玉自体が全国的に新しいものなのでまだ特に相場も決まっていません。

以下はお年玉の相場ですが、もしお盆玉が今後普及してもお年玉より高額になることはないと思います。

もしもお盆玉が全国的な慣習になったら、その影響で今度はお年玉の相場が変わってくるかもしれませんね(^^)

【お年玉の相場】
幼稚園(保育園)児…1,000~2,000円

小学生…2,000~5,000円

中高生…5,000~1,0000円

お盆玉のポチ袋の特徴について

■お盆玉のポチ袋の特徴は?
現在商品化されているお盆玉のポチ袋には、ヒマワリ・うちわ・スイカ・かき氷・金魚・ヨーヨー風船・貝殻・海の生き物・雲といったイラストが入ったものが多く、やはり「夏の風景・夏休み」を連想させるものが王道になりそうですね。

手づくりでポチ袋を作るときは「海・雲・青空」を連想させる”青色&白”の模様が入った紙を使うと涼しげでちょうど良さそうです。

真っ白のポチ袋に夏を連想するイラストを自分で描いてみても楽しいですね(^^)

まとめ

「お盆玉」という言葉はまだまだ全国的に浸透しているわけではありませんが、もしかしたら近い将来当たり前のように使われるようになるかもしれませんね。

お年玉は新しい年を迎えた「お祝い」というイメージが強いですね。お盆玉は「暑い中よく帰ってきたね」といった”ねぎらい”のイメージになりそうです。

いつの日か「え?昔はお盆玉が無かったの?」とビックリされる時代が来るのでしょうかw

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

冷蔵庫の節約方法|設定温度と整理のコツは?
車の暑さ対策グッズ|ダッシュボードも保護するサンシェード~吸盤付
noimage
二日酔いによる”むくみ”の原因は?飲む前から出来る対策ってある?
ハムスターの寒さ対策
赤ちゃんの首に湿疹ができた場合は病院に行った方が良い?
子供が言うことを聞かない時の対処法|反抗心を和らげる
お弁当の夏の対策 おにぎりの具材でおすすめは?腐りやすいのは?
梅雨の湿気対策 押入れ編|新聞紙などの便利アイテム、扇風機が活躍?
noimage
さつまいも |ダイエットに効果的な理由は?食べ方にポイントが!
レンコンが花粉症に効果あり!|食べ方のポイントは?
アトピーを持つ乳児を入浴させる際のポイントと注意点は?
梅雨時期も熱中症に注意!ポイントは湿度? 対策は?
綿棒でおこなう耳かきのコツと注意点 毎日やって大丈夫?

Menu

HOME

TOP