こどもの日|柏餅とちまき比較|柏餅の葉の由来は?葉と餅がくっつく時は?

5月5日は端午の節句(こどもの日)。

皆さんは柏餅派ですか?それとも粽(ちまき)派?
私は大の甘党で、買い物先で柏餅を見かけるとつい買ってしまいます。こしあん派です^-^

今回は柏餅と粽(ちまき)を“発祥”“端午の節句に食べる意味”という点で比較しながら紹介していきたいと思います。

最後は“柏餅を作るときのポイント”を二つご紹介します!

スポンサードリンク

こどもの日|柏餅とちまき 発祥の地は?

【柏餅と粽(ちまき) 発祥の地は…】

・柏餅→日本が発祥(江戸時代)。
 歴史的には結構新しい風習。

・粽(ちまき)→中国から端午の節句の風習とともに伝わってきた。

となります。

端午の節句自体が中国からきた風習なので、私は柏餅も中国にルーツがあると思っていました。柏餅は江戸時代の日本で生まれたものだったんですね。

■日本での広まり方
おおまかに分けてみると、柏餅の風習は関東に、粽(ちまき)の風習は関西に広まりました。
このように地域ごとに風習が違う原因は、どうやら“柏の木は西の方では手に入りにくい”という理由から来ているみたいです。もちろん、「どっちも食べるよ」という地域もあります。

スポンサードリンク

柏餅の葉っぱとその由来

柏の葉っぱには“新芽が出ないと古い葉が落ちない”という特徴があります。そこから「子供が生まれるまでは死ぬことがない」→「家系が途絶えない」となり、子孫繁栄の願いが込められています。

【粽(ちまき)と柏餅 食べる意味は…】

・粽(ちまき)→厄払い
・柏餅→子孫繁栄

ということですね。

柏餅作りのポイント2つ|葉と餅がくっつく時どうする?

最後に“柏餅を作るときのポイント”を二つご紹介

■餅と葉っぱがくっつくのを防ぐ方法

・しばらく時間を置いて(冷まして)から葉で包む作業を行う
・餅を手に乗せる前に手の平に油を少量のばしておく
(“ほんの少量”がコツ!!)

■昔から、餅の中に何が入っているかが分かるように、葉っぱを包み込む向きが決まっているそうです。

・あん→柏の表を外向けにして包む

・味噌餡→柏の裏を外向けにして包む
※味噌餡(白餡と味噌を混ぜたもの)

まとめ

今年は端午の節句にかこつけて、柏餅と粽(ちまき)を両方買ってお腹いっぱい食べてみようと思いますw

皆さんも今年の端午の節句は粽(ちまき)を食べるときは“厄払い”を、柏餅を食べるときは“子孫繁栄”を思い浮かべて食べてみてくださいね。より一層美味しく感じるかもしれませんよ( ^^) _U~~

ありがとうございました。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

キャンプの必需品|クーラーボックス活用術
きほく燈籠祭2016の人気花火”彩雲孔雀”とは 臨時駐車場はどこ?
こどもの日|菖蒲湯のやり方&体験した感想 よもぎ・鉢巻について
平成28年 博多祇園山笠の日程は?タイムを計る理由|参加方法は?
若宮八幡秋季大祭の裸祭りを観に豊後高田市へ!大分県の祭り
塩竈みなと祭2016にディズニーがやって来る|花火大会はいつ?
父の日のプレゼント|ネクタイはカジュアルなニットタイがおすすめ♪
noimage
花巻まつり神輿の数でギネス達成!2016年のスケジュールとアクセス
noimage
福岡県秋月城跡の紅葉を観にドライブ♪美味しいパン屋も紹介
和歌山県で那智の扇祭り(火祭り)と周辺のパワースポットを楽しむ
七五三っていつするの? 祝いの由来や意味は?前撮りがおすすめ
noimage
岐阜県 秋の高山祭り2016で人気の”布袋台のからくり奉納”を体感しよう

Menu

HOME

TOP