東京の浅草酉の市2016で縁起物をゲット♪熊手商や屋台の閉店時間は?

「酉の市ってどんなイベント?」

冬の到来を告げるイベント酉の市(とりのいち)は主に関東地方で催されています。
開運招福や商売繁盛を願って沢山の人が集まるのですごいパワーを感じますよ(^^)

今回は東京で開催される浅草酉の市の楽しみ方と2016年の日程、そして熊手商や屋台が何時まで利用できるのかをご紹介します。

スポンサードリンク

東京の浅草酉の市とは?2016の日程は?

■酉の市とは
酉の市(とりのいち)は「鷲(わし)」や「鳥」にちなんだ寺社の年中行事で、その多くは関東地方で催されています(大阪府や愛知県の一部でも催されます)。

開運招福や商売繁盛の御利益があることから、毎年たくさんの人が酉の市へ訪れます。

酉の市は11月のうち、その年ごとの十二支の”酉”にあたる日が開催日となるので、年によって2回開催のときと3回開催のときがあります。最日から順に「一の酉」「二の酉」「三の酉」と言います。

また、「三の酉がある年には火事が多い」という俗説があるため、その年には熊手に「火の用心」のシールを貼ってくれる熊手商が多くなります。

【2016年の日程は?】
酉の市の2016年(平成28)の日程は

一の酉:11月11日(金)

二の酉:11月23日(水祝)です。

今年は「二の酉」までありますね。

■酉の市の名物
酉の市のシンボルともいえるのが「縁起熊手」で、福を”かきこむ”ことができるとされています。福を”鷲掴み(わしづかみ)”にするという由来もあるそうです。

酉の市ではカラフルな熊手が所狭しと並び、いたるところから威勢の良いかけ声や拍子木の音が鳴り響いて賑わいます。特に夜は雰囲気が出ていいですね~

購入した熊手は自宅や会社に飾ることが多いのですが、北向きに飾るのはタブーなのでご注意くださいね。

※酉の市の熊手についてはこちらの記事に書いています
酉の市での熊手の買い方・飾り方|初めて買う前に知っておきたい事

■浅草酉の市とは 規模はどのくらい?
浅草にある鷲(おおとり)神社と長国寺は酉の市を開催する神社やお寺のなかでも特に有名です。

鷲神社は「おとりさま」と呼ばれ親しまれています。

浅草酉の市は熊手商が約150店・屋台の数が約750店と大規模で、毎年70~80万もの人が福をかきこめるように願い訪れます。

東京の浅草酉の市にはどんな縁起物があるの?

■お守り
浅草酉の市のでは、熊手の他にも縁起物としてさまざまなタイプのお守りを手に入れることができます。

スポンサードリンク

★かっこめ熊手守り(1,000円)
浅草酉の市に行ったらぜひ入手しておきたいのが、江戸時代から続く名物「かっこめ熊手守り」です。

小さな竹の熊手に稲穂が付けられたもので、江戸時代から続く酉の市名物となっています。

名前の通り”福をかっ込む⇒開運招福”の縁起物です。

★金運かっこめ守り(1,200円)
かっこめ熊手守りの”金運アップ版”という感じでしょうか。
鷲が翼を大きく広げたデザインになっていてカッコいいです♪

★小判守り(700円)
金運をつかんで離さない小判型のお守りです。
お財布に入れておけばスゴイご利益がありそうですね(^^)

★良縁守り(700円)
ミニチュアの熊手のついた可愛いお守りです。
熊手で良縁を引き寄せてくれますよ~♪

★火除け守り(1,000円)
「火事が多くなる」とされる”三の酉限定アイテム”です。
江戸の頃の火消しが手にしていた纏(まとい)に見立てた縁起物で、火難・災難よけとして使います。
※三の酉まである年にしか授与されません。
※三の酉の年であれば「一の酉」や「二の酉」でも入手可能です。

■酉の市ショップも開催
浅草酉の市では毎年「酉の市ショップ」が酉の寺境内にて出されます。
開運グッズのなかでも特に”可愛い”ものを入手したいかたはぜひ立寄ってみてください。

■ミニどら焼
おとりさまの縁起菓子で、生地には長国寺の寺紋が入っています。
長国寺の受付わきの屋台にて購入できます。

浅草酉の市2016 熊手商や屋台の閉店時間は?

熊手の購入のほかに、もう一つ楽しみなのが屋台ですね(^^)

浅草酉の市の屋台の場所は下図のオレンジの範囲です。けっこう広範囲に分布していますね。

※毎年屋台の場所が多少変更されるので”予定”として見てくださいね。

※緑のピンマークが鷲神社と長国寺

夏祭りの屋台と違って、ほとんどが食べ物系の屋台が出ているようです。

■熊手の購入や屋台の利用は遅くても大丈夫
浅草酉の市の開催時間は0:00~24:00の丸一日となります。

なので遅い時間になっても熊手の購入や屋台を楽しむ事ができますよ。

屋台に関しては24:00ピッタリに閉まるわけではなく、深夜2:00まで開いている屋台もあります。

東京の浅草酉の市2016 まとめ

・酉の市は11月の酉の日に開催される

・年によって2回開催か3回開催となる

・浅草酉の市の開催時間は丸一日(00:00~24:00)なので、ある程度遅くなっても大丈夫

酉の市は人は多いですが、夏祭りとは違った活気が味わえて楽しいですよ。

11月に東京へ訪れる機会があれば、ぜひ酉の市をお楽しみください。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

博多どんたくにディズニーがやって来る♪4日のおすすめイベントは?
伊勢神宮奉納全国花火大会2016|遠くていいから混雑が少ない場所は?
浅草ほおずき市の由来は?2016の日程と値段について
たまがわ花火大会の場所取り時間とルールとは?混雑状況と屋台について
福岡県秋月城跡の紅葉を観にドライブ♪美味しいパン屋も紹介
札幌 ライラック祭り 2016年の日程は?ワインガーデン等のイベント紹介
兵庫県|姫路浴衣祭り2016の日程は?近くでゆかたレンタルできる?
おばあちゃんにお花を贈ろう|りんどうは敬老の日になぜ人気?
新潟県 全国でも珍しい八角神輿|十日町おおまつり 2015年の日程
和霊大祭うわじま牛鬼まつり2016の花火は何日?ラストは走り込み!
noimage
安倍川花火大会2016の日程と混雑状況 シャトルバスは乗るべき?
ハロウィンかぼちゃでジャック・オー・ランタン|作り方と保存法
彼岸花を観に巾着田曼珠沙華2016へ♪見頃と行き方は?
平成28年 博多祇園山笠の日程は?タイムを計る理由|参加方法は?

Menu

HOME

TOP