東京の日帰りドライブで紅葉が美しい秋川渓谷を満喫♪食事場所は?

s-434a5a57d0e3178d9c85debc90f477ea_s
秋川渓谷をゆっくりドライブ。

今年は紅葉の景勝地として有名な東京都の秋川渓谷(あきがわけいこく)で美味しい空気を吸いながらゆっくりとした時間を過ごしてみませんか。

今回は紅葉の見頃と基本情報、おすすめの食事処をご紹介します。

スポンサードリンク

東京の日帰りドライブ 秋川渓谷の紅葉を楽しむ

東京の憩いの場・秋川渓谷

東京都あきる野市の自然豊かな秋川渓谷(あきがわけいこく)は、東京駅から約52km西にあります。

都内なので「電車でも車でも気軽に行ける観光スポット」として人気です。

キャンプや釣りといったアウトドアも、ここなら日帰りで行ってもゆっくり楽しめますね。

そんな憩いの場である秋川渓谷ですが、秋になると見事な紅葉が楽しめる景勝地として、よりいっそう観光客が集まりまよ。

ドライブとお昼の食事を兼ねて、秋川渓谷で紅葉を観ながらゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか(^^)

紅葉の見頃は?

秋川渓谷の紅葉の見頃ですが、例年の傾向としては、色づき始めるのが11月の上旬頃、そして最盛期が11月中旬から12月上旬となっています。

今年は11月までの気温が平年並み高くなると予想されていますので、見頃の時期が少し遅くなるかもしれませんね。

■秋川渓谷の紅葉

【紅葉時期の目安】
11月中旬から12月上旬が最盛期

【開催場所】
東京都あきる野市

ドライブ中のおすすめスポットは石舟橋・瀬音の湯近辺(上図赤エリア)、新矢柄橋周辺(水色エリア)、青木平橋周辺(黄色エリア)です。

新矢柄橋(巨大なアーチが目印)

【交通アクセス】
・公共交通機関
JR武蔵五日市駅からバスで約15分 「十里木」下車のち徒歩すぐ

・車
首都圏中央連絡自動車道”あきる野IC”から約30分

中央自動車道”八王子IC”から約50分

【お問合せ】
・あきる野市 観光まちづくり活動課
TEL:042-595-1135

・あきる野市観光協会 五日市支部
TEL:042-596-0514

■石舟橋(いしぶねばし)
秋川渓谷の名所のひとつ。テレビや雑誌で紅葉が紹介されるときに、この石舟橋が被写体によく選ばれます。

スポンサードリンク

長さが96mある歩行者専用の吊り橋で、瀬音の湯(上図の紫マーク)から十里木のバス停への通り道として利用されます。

この橋から渓谷の美しい紅葉を眺めることができるので、混雑が少なければ立ち寄ってみては(^^)

秋川渓谷でおすすめの食事場所は?

■黒茶屋(上図のピンクマーク)
かやぶき屋根や水車がある憩いの民芸レストランです。

あきる野市役所方面から秋川渓谷へ向かう途中にあります。

おすすめはお昼限定の「ゆき笹コース(3,900円)」で、山里料理に果物・おやき等が楽しめます。
※ゆき笹コースは平日の11:00~15:00の提供となっています。

併設された屋外テラスで、コーヒーやスイーツを楽しみながらゆっくりと渓谷の景色を眺めるのも良いですよ(渓谷に下りることもできます)。

紅葉の時期(11月・12月)は無休営業です。専用駐車場(約50台)あります。

【黒茶屋】
営業時間:11:00~21:00(20:00まで受付)

住所:東京都あきる野市小中野167

TEL:042-596-0129

■オステリア・チ(上図の茶マーク)

さきほどの黒茶屋から北西へ600mほどにあるガラスばりのお洒落なイタリア料理店です。

景色を楽しみながら食材にこだわった美味しいイタリア料理が堪能できます。

手打ちパスタが絶品です。

ランチメニューは2種類で
4品コース(3,780円)
7品コース(6,300円)
となります。

こちらは完全予約制ですのでご注意くださいね。紅葉時期に行く場合は早めに予約をしておきましょう。

【オステリア・チ(OSTERIA C.)】
営業時間
12:00~15:00
18:00~22:00

定休日:水曜・木曜

住所:東京都あきる野市戸倉843-1

TEL:042-596-3595

■茶房むべ(上図の緑マーク)
自家焙煎のコーヒーやチーズケーキが美味しい秋川渓谷の隠れ家的なカフェです。

ちょっと小腹がすいたころに立ち寄ってくつろぐのに最適ですよ。

コーヒーの他にも煎茶・トマトジュース・オレンジジュースがあります。

【茶房むべ】
営業時間:11:00~18:00

定休日:火曜日(祝日は営業)
※5月・8月・11月は無休です

住所:東京都あきる野市乙津1312

TEL:042-596-4335

東京の日帰りドライブ まとめ

・東京で紅葉を自然豊かな場所で楽しみたい時は秋川渓谷がおすすめ。

・秋川渓谷の紅葉は11月中旬から12月上旬が最盛期(例年の傾向)

都内であることを忘れてしまいそうな、豊かな自然と触れ合える秋川渓谷。日常の喧騒から離れてゆっくりと過ごすにはぴったりな場所ですね。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

父の日のプレゼント|ネクタイはカジュアルなニットタイがおすすめ♪
天神祭 大阪|2016年船渡御の日程とルート 奉納花火の時間は?
noimage
広島県熊野町の筆まつり2016年の日程 筆の供養も
秩父夜祭の日程と楽しみ方 花火の打上げ予定時間は?
目黒のさんま祭り(区民まつり)2016は整理券が必要!会場はどこ?
初めての祇園祭|一ヶ月のうちでメインの日程は?
ハロウィンネイルを簡単な方法でオリジナルデザインを作ろう
大曲の花火2016の交通情報を詳しく知る方法は?必要な持ち物は?
まつり起業祭八幡|工場見学に子供と楽しめるイベントが沢山!花火も
こどもの日|菖蒲湯のやり方&体験した感想 よもぎ・鉢巻について
父の日に義父へプレゼント|予算は?気をつけたいタブーは?
新庄祭りとは 2016山車の運行スケジュールは?ホテルについて
博多どんたく前夜祭|開催時間とゲストは?整理券の配布日が決定!
博多祇園山笠2016の日程は?走る順番と過去タイム 歴史を学ぶには

Menu

HOME

TOP