七五三祝いのお返しで品物を選ぶ時に知っておきたいマナー

親戚から頂いた七五三祝いお返し

七五三が内輪でお祝いをする行事とはいえ、ひととおりのマナーは押さえておきたいものですよね。

七五三祝いのお返しには特有の”しきたり”もありますので、一度チェックしておきましょう。

スポンサードリンク

七五三祝いのお返しはどうする?

七五三も入学祝いと同じく子供の成長をお祝いするものですから、基本的にはお祝いのお返しは必要ありません。

ただし、お返しの品物を贈る必要がないとはいえ、お祝いをしてくれたお礼を伝えるのは最低限のマナーとなります。

お返しをする必要がないからこそ、心を込めたお礼をしたいものですね。

例えば、
・お礼状に晴れ着を着た子供の写真を添える

・お祝いされた子供にお礼の手紙を書かせてお礼状に同封する
(お子さんが字が書ける年齢の場合ですが)

などの”ひと手間”をかけると大変喜ばれると思いますよ。

お礼をかねて会食の席を設けるという方も多いです。

また、
「何かお返しの品物を贈らないと気が済まない」という場合もあると思いますが、あまり大げさにお返しをするとかえって失礼に当たることがあります。

「お祝いを送り返された!」と感じる方もいるので注意しましょう。

もしもお返しの品物を贈るにしても、いただいた金額の3分の1、多くても半額までを目安にするのが良いとされています。

個人的にですが、もし5万円を超えるような大金を頂いた場合でも、お返しの品物は1万円位におさえておいて、あとは感謝の気持ちをしっかりと伝えたほうがお祝いをくだっさった方も満足されると思います。

七五三祝いのお返しを贈る場合、お祝いを受け取ってすぐに贈るのが理想的です。遅くても1週間以内には贈らないと失礼に失礼にあたるのでご注意くださいね。

あと、お祝い事に関する考え方も各地方によって、各家庭によって実にさまざまです。

事前に旦那さんと両家の慣習や方針について、特別な取り決めなどがないか確認しておいた方がいいですよ。

スポンサードリンク

七五三祝いのお返しにふさわしい品物は?

七五三祝いのお返し特有の”しきたり”としては、千歳飴を贈るのがふさわしいとされています。

千歳飴(ちとせあめ)は七五三の象徴ともいえる存在ですね。

千歳飴が贈られると一目で「七五三のお返し」だと分かりますし、「七五三で享受できる幸福と長寿のご利益があなたにもありますように」という意味が込められているので贈り物としてとても縁起が良いんです。

贈り物が千歳飴でしたら相手も気軽に受け取ることができますよね(^^)

他にも、七五三祝いのお返しとしては”お赤飯”も縁起が良くてふさわしいとされています。

「お赤飯はいつでも準備できるけど、千歳飴はどうするの?」
「1人につき何本配るの?」
といった疑問も出てくると思います。

千歳飴の購入方法ですが、七五三の時期が近づいてくるとデパートなどで売り出され始めます。

ネットでも購入できますよ。中には名入れの風呂敷で包んだお洒落な商品もあります。

1人に付き千歳飴を何本贈るかについてですが、お祝いをする子供の年の数を贈ります。

昔は子供が何歳でも紅白で1セットにした2本の千歳飴で祝っていたようですが、近ごろは子供へのお祝いにも七五三祝いのお返しにも千歳飴の本数を子供の年の数にしている方が多いです。

千歳飴やお赤飯の他にはお菓子、タオルや石鹸などの消耗品などが人気です。

熨斗(のし)は”蝶結び”を選び、表書きは結びの上に「内祝」、下に子供の名前を記入します。

七五三祝いのお返し・マナー まとめ

・子供のお祝いなので基本は”お返し不要”

・お返しは不要ですがお礼はしっかりと
(晴れ着を着た子供の写真や子供に書かせた手紙をお礼状に同封するなど)

・お返しの品物を贈る場合は、いただいた金額の3分の1~半額程度が目安

・お返しを贈る(渡す)のはなるべくお早目に

・七五三のしきたりとしては千歳飴や赤飯を贈るのが受け取る側も気軽に応じることができ縁起物でもあるので良しとされています。また、お菓子、消耗品も人気です。

・お返しを贈る際の熨斗(のし)は”蝶結び”にして表書きは「内祝」と子供の名前を記入します。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP