七五三のお参りの服装 父親は礼服でもOK?ネクタイの選び方は?

s-195137
七五三って親はどんな服がいいの?

七五三の主役である子供の晴れ着は、彩り豊かで実に可愛らしいですね。見ているだけで微笑ましくなります。

そんな子供に付き添う両親は、どんな服装がふさわしいのでしょうか。今回は父親が七五三のお参りに着ていく服装で、気をつけたいポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

七五三のお参りの服装 父親にふさわしいのは?

「七五三は愛する我が子の晴れ舞台だから、親としては着ていく服もちゃんとしないとな~」

でも、いざ考えだすといろんな服装のパターンが浮かんできて迷ってしまうかもしれないですね。

そこで、知っておくと便利な考え方があります。

それは、

七五三の親の服装を決めるコツは、”格”を意識することにある

これを意識することです。

”格”というと伝わりにくいかもしれませんが、

七五三の主役は子供です。
親は今回は脇役(あえて格を下げる)となってお子さんがより引き立つ(格を上げさせる)ような服装を心がけましょう!

ということです。

七五三の家族写真に映るお子さんを想像してみてください。

周り(わたしたち両親や祖父母)が派手な服を着ると主役(お子さん)が目立ちません。

私たち親が意識的に控えめな色・形の服装を選ぶことで、お子さんがより引き立ちます(^^)

これを意識しておくだけでも、着ていく服の選択肢がかなり絞られてきませんか?

そして、もう一点意識しておきたいことがあります。
それは、パパとママの”格を揃える”ことです。

パパだけがフォーマル色が強すぎたり、ママだけがカジュアル色が強かったりすると、どうしても「ちぐはぐ」な印象になってしまいます。

そのへんを夫婦で前もって打ち合わせておけば、家族写真の印象もとてもバランスの良いものになると思いますよ♪

■もしものために
これは”格”とは関係ありませんが、七五三に連れていくお子さんの状況を予想する事も大切です。

もちろんお子さんの年齢にもよりますが、七五三の当日は着慣れていない服を着るためにお子さんは普段よりも「体力の消耗がはげしい」と考えておいた方が良いです。

スポンサードリンク

なので、もしお子さんが「ギブアップ(^^;)」となったときのために、抱っこも簡単にできる身動きの取りやすい服装かどうかもチェックしておきましょう。この場合は普段から着慣れているスーツが理想的かもしれませんね。

七五三のお参りで父親の服装は礼服でもOK?

「七五三といえば神聖な行事だから、礼服が良いんじゃないかな」

たしかに、礼服は冠婚葬祭で着るものですよね。

ただ、最近の傾向としては、七五三に着ていくパパの服装の種類はダーク系のスーツを選ぶ人が多く、礼服で参加される方はあまり見かけません。

先ほどの格の話になりますが、これも子供の格を上げるためにあえて控えめな色のスーツを選ぶ方が多いのかもしれないですね。

普段仕事でスーツを着用していて、暗めの色合いできれいな状態でしたらそのまま七五三のお参りに使用しても問題ないですね。

また、スラックスにジャケットといったスタイルでもいいですね。

■スーツを買う機会ととらえてみては!
もし、普段スーツを着ることがなくて持っていない場合は、今回の七五三がいい機会だと思って一着購入してみてはいかがでしょうか。

スーツは七五三と同じく子供が主役の入園・入学式などにも使えるので重宝しますよ。

七五三に適した父親の服装 ネクタイの選び方は?

最後はネクタイについてです。

先ほどは七五三の主役であるお子さんを引き立たせる(格を上げる)ために、親は控えめの服装をおすすめしました。

ですが、ネクタイまで控えめにするとさすがにパパの写真写りが悪くなってしまいます(^^;)

なので白や黒、そしてグレー系のネクタイは避けておきましょう。

ネクタイは色味のあるもの、スーツは色を抑えたものを選んで全体のバランスを整えましょう。

スーツの色を控えめにしたぶん、色味のあるネクタイを加えただけでとても引き立ちます!全体的に引き締まった印象になり、写真映えも良くなりますよ♪

特に赤系のネクタイだと顔が明るく見える効果があるのでおすすめです(^^)

ドット入りのネクタイでも大丈夫ですが、目立ちすぎる柄は選ばないよう注意しましょう。

七五三のお参りの服装で父親が気をつけたい事 まとめ

・七五三の主役は子供です。なので、服装もまずは子供から決めて、パパとママはそれよりも目立たない(”格”を下げる)ことを意識しましょう

・パパとママの服装は、”格”が揃うようにお互い話し合いましょう

・子供が抱っこが必要になるパターンも予測して服を選んでおくと当日助かるかも

・最近はダーク系のスーツを選ばれるパパが多い

・スーツは色味控えめ、ネクタイは色味のあるものを選びバランスを整える

今回は七五三のお参りに着ていく父親の服装についてご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP