赤ちゃんのインフルエンザ 6ヶ月未満の対策と判断に迷ったときは?

インフルエンザが流行る時期が近づくと、赤ちゃんがインフルエンザにかかるのではないかと心配になりますね。

今回は、生後6ヶ月未満の赤ちゃんのインフルエンザ対策についてご紹介します。

インフルエンザが流行り出す前に、しっかりと予防策を検討しましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんとインフルエンザ 6ヶ月未満の場合

赤ちゃん(乳児)がインフルエンザにかからないためには、どういった事に注意が必要なのでしょうか。

予防策としては、まずインフルエンザの予防接種が頭に浮かぶと思います。赤ちゃんは予防接種をいつ頃から受けたらいいのか気になるところですね。

インフルエンザの予防接種が受けることができるのは生後6ヶ月からとなっています。

しかも、一般的に1歳未満の赤ちゃんに予防接種をしても免疫をつけることは難しいそうです。

そのため、インフルエンザは”任意接種”として扱われていて、パパ・ママの判断次第となっているのが現状です。

お子さんが6ヶ月を過ぎたら予防接種をどうするか、ご夫婦で一度検討しておきましょう。

6ヶ月未満の赤ちゃんはインフルエンザの予防接種を受けることができませんが、つい最近までママの体内にいたので、まだしっかりとママの免疫が赤ちゃんに働きかけています。

ママからもらった免疫のなかにはインフルエンザに対する抗体も含まれているので、ママが過去にかかった事のあるタイプのインフルエンザであれば、赤ちゃんにも有効にはたらきます。

あとは、どれだけ赤ちゃんが生活を送る空間にウィルスを持ち込ませないかにかかっています。

スポンサードリンク

赤ちゃんのインフルエンザ対策

赤ちゃんが生後6ヶ月未満の時期は外出をする機会もほとんどないため、パパ・ママをはじめ赤ちゃんと一緒に生活を送る家族がインフルエンザウィルスを家庭に持ち込ませないようすることが何よりの対策となります。

【インフルエンザウィルス対策】
・赤ちゃん以外の家族が予防接種を受ける
・外出時のマスクの着用
※インフルエンザ専用マスクが効果的です。通常のマスクも、口や鼻の湿度を保つ効果があるのでウィルスに感染しにくくはなります。
・帰宅時のうがい・手洗いの徹底
・空気清浄機をしっかり稼働させる
・家の中で家族がよく手を触れる箇所はしっかり除菌
 例)
  ・照明のスイッチ
  ・ドアノブ
  ・手すり
  ・机・テーブル・椅子
  ・冷蔵庫
  ・手すり
  ・パソコン
  ・リモコン
  ・トイレ

赤ちゃんに見られる症状について

赤ちゃんがインフルエンザにかかったときは、私たち大人と変わらず”急な発熱”や”ぐったりする”といった症状がみられます。

また、いつもと比べてミルクの飲みが悪かったり、”みぞおち”がペコペコと波打ったりします。

いつでも受診ができるように、かかりつけ医や夜間でも対応してくれる病院を前もって探しておきましょう。

また、夜間や休日で赤ちゃんの体調に異変がありすぐに受診させるべきか判断に迷ったときは、次のような方法があります。

赤ちゃんがインフルエンザかも! 判断に迷ったときは?

赤ちゃんがインフルエンザにかかったかも!

夜間・休日で赤ちゃんの具合が悪くなった場合、病院に行った方がいいのか判断に迷うこともあると思います。

そんなときは電話番号#8000にかけてみましょう。

#8000に電話すると、小児科医・看護師さんが”子どもの救急”に関する相談に対してアドバイスをしてくれます。

※各都道府県の相談対応の実施時間など、詳細については
厚生労働省ホームページをご確認ください。

※#8000はあくまで助言を行うところです。診断・治療を行うわけではありません。

赤ちゃんとインフルエンザ 6ヶ月未満の対策 まとめ

・インフルエンザの予防接種は6ヶ月から受けることができます。ただし、1歳までは効果が期待できない可能性が高いです。
・ママの免疫が働くので、ママがかかった事があるウィルスなら赤ちゃんも抗体を持っています。
・インフルエンザでみられる症状
①急な発熱
②ぐったりする
③ミルクを飲まない
④みぞおちがペコペコと波打っている

・ウィルスを家に持ち込ませないためには、ご家族の協力がなによりも大事です。
・判断に困ったときは#8000へ電話しましょう。

生まれてまもない赤ちゃんをウィルスから守るために、早めにご家族で対策を立てておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

梅雨|窓を開けるときの注意点は?カビや結露対策はどうする?
食中毒の予防|おにぎりを握るときの注意点 お弁当の保存法など
お中元・お歳暮|お返しは必要?マナーは?断り方はどうする?
赤ちゃんの暑さ対策|保冷剤がお出かけに活躍♪ 夜の睡眠を快適に
梅雨の洗濯物|除湿器の機能を活かして早く乾かすコツとは?
自律神経を整える|腹式呼吸法が効果的なのはどうして?
花粉症の鼻詰まり|マスクにハッカ油で爽快!刺激が強いときは?
U-NEXTの無料トライアルを利用中 私には危険です
停電時の冷蔵庫の対策|夏はどうする?何時間もつ?食品の注意点は?
山ヒルに噛まれたら対処法は?血が止まらないのはなぜ?
スーツの長期保管でカビを防ぐ方法|クリーニングのしみ抜き料金は?
アトピーを持つ乳児を入浴させる際のポイントと注意点は?
パソコンによる目の疲れ|原因は何?ひどい疲れは血行不良から
洗濯槽にカビが発生する原因とその対策|掃除方法と頻度は?
花粉症|五月がツラい 原因は?血液検査の料金は?

Menu

HOME

TOP