冷え性対策の入浴は温度設定とお風呂上りの一工夫が効果的♪

5b075488f1947da4a058456457e627d0_s
冷え性対策に効果的なのは、やっぱりお風呂!

特に冬は最高に気持ち良いですね~(^^)

ただ、せっかくのお風呂も利用の仕方を間違えると逆効果になっちゃいます。

今回は、冷え性対策で入浴時におすすめの温度設置と入り方、お風呂上りにしておきたい一工夫をご紹介します。

スポンサードリンク

冷え性対策の入浴 熱いお風呂は大NG!

お風呂の温度は熱いのが好きですか?ちょっとぬるめが好きですか?

入浴中の湯加減は好みが分れるところですが、「身体を効率よく温める」という意味では”ぬるめ”のお湯に軍配が上がります。

「ぬるめのお湯だと温まった気がしない」
と感じるかもしれませんが、実際にはぬるめの方が身体をしっかりと温めることができるんです。

たしかに熱いお風呂に浸かっていると気持ちが良いですね。
でも、温まったのは実は身体の表面だけで、中心部はあまり温度が上がっていません。

熱めのお湯だと、身体の外側だけが急に温度が上がることになります。

身体は急に温度が上がることに対して防衛反応を起こします。
脳が急上昇した体温を下げるように命令を出すんです。

「体中の毛穴を開いて、熱を汗と一緒に外に追い出せ!」と。

そのため、せっかく湯船に浸かったのに身体から熱が逃げてしまい、入浴前より寒くなってしまいます。

冷え性対策の入浴はこの温度設定が効く♪

大切なのはお湯の温度を”ぬるめ”にすることです。

設定温度は38℃、

冬場なら40℃

くらいが理想です。

このくらいの温度設定だと、
「すぐに湯船から出るとちょっと寒いな。もう少し入っていよう」
となると思います。これがポイントです(^^)

半身浴で15~20分ほど浸かるのがおすすめです。

実際に何回かやってみると分かりますが、
ぬるめのお湯でもしばらくすると「ジワ~」っと汗が出てきます。

さらに続けて習慣化すれば、”汗をかきやすい体質”へと変化しますよ。

汗をかきやすい体質とは”代謝が良い”状態なので、

・体温が上昇し身体が冷えにくくなる(冷え性の予防)
・自律神経が整う
・内臓の調子が良くなる
・免疫力の向上(病気になりにくい)

といった効果が期待できます。

スポンサードリンク

熱いお湯に少し入るだけだと逆に身体が冷えてしまい、
ぬるいお湯にじっくり浸かると身体は温まる。

なんだか不思議ですね(^^)

半身浴で肩のあたりをお湯に浸けないので、身体が温まらなさそうなイメージがあるかもしれませんね。
ここでは血流が関係しています。

血は全身を巡っていますね。
半身浴では下半身がじっくりと温められていて、温めなれた血液が身体中をかけめぐります。

その結果身体の芯から温まります。芯からぬくもっているので湯冷めもしにくいですよ(^_^)

冷え性にはお風呂上りのこの一工夫が効果的♪

■湯船から上がって一工夫
冷え性対策に有効なのが、部分的な”温冷交代法”です。身体のなかで特に冷感が強い箇所があれば、ぬるま湯の半身浴から上がったときに、冷感の強い部位に「熱めのシャワー」と「冷たいシャワー」を交互に5回程度かければ血流が良くなります。

※いきなり冷たいシャワーをかけると身体がビックリするので、最初は”ぬるめ”の温度で、徐々に冷水へとシャワーの温度を調整しながら身体にかけましょう。

■脱衣所で一工夫
せっかく身体が芯から温まっているので体温が急に下がらないように、浴室では
・汗をこまめに拭き取る
・髪はタオルドライ⇒ドライヤーで根元から素早く乾かす
・足を冷やさない(靴下・スリッパの使用)
といったケアをしましょう。

ぬるま湯での半身浴の習慣がつくと、代謝が良く(汗をかきやすい体質)なります。汗はていねいに拭き取り、汗が引く前に寝巻きを着てしまいましょう。

ひと手間かかりますが、ドライヤー中は身体を拭いたタオルではなく乾いたタオルを肩にかけておくと、身体が冷えるのを効果的に防いでくれます。

足先を冷やさないことはとても大切です。入浴後も靴下を履くことを習慣にしましょう。

できれば温かいままで寝床につきたいものですね。手足が温かい状態で寝床につくと快眠へとつながりますよ(^^)
寒さが厳しい季節は湯たんぽを足下に置くのが効果的です。
※低温やけどにはご注意ください

肌ざわりの良いタオルで湯たんぽを包んで気分よく眠りにつきましょう(^^)

まとめ

・熱めのお湯では身体の中心部は効率良く温まりません。

・おすすめは38~40℃の温度設定でじっくりと半身浴をすること。

・ぬるめの半身浴を習慣づけると代謝が良くなり湯冷めしにくくなります。

・お風呂上りは体温を急激に下げないよう工夫しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

アトピー肌に使う保湿クリームはシアバターがおすすめ 効果は?
オーラルデントは口臭だけでなく歯ぐきの健康にも効果あり?
ココナッツオイルには体脂肪を燃焼させる効果があるの?
腹式呼吸のやり方のコツは?歌声にも良い影響があるの?
冷え性と不眠をまねく意外なモノとは?原因が分かれば怖くない
ストレッチが寒さ対策におすすめ♪代謝アップで健康的に温まろう
冬の乾燥からお肌を守ろう 知っておきたい洗顔の注意点は?
口臭ケア商品のオーラルデントをひと月試して感じた効果と感想
大人の昼寝で理想的な時間と姿勢は?すっきり起きる方法は?
手汗がひどい時は手洗いにもうひと工夫
化粧品って何ヶ月もつの?使用期限は開封後でどのくらい?
40代の体臭対策に私がおすすめしたい飲み物【体験談】
睡眠が浅い原因は食事にアリ?改善に必要な栄養素は何?
ダイエット目的のランニング|食事のタイミングは運動前?後?
冷え性対策に使う入浴剤の効果を高める方法 選び方とおすすめは?

Menu

HOME

TOP