赤ちゃんがアトピーになる原因ってどんなものがあるの?

s-148714
私たち大人に比べて皮膚がまだデリケートな赤ちゃんは、肌トラブルが起こる事が多いです。

赤ちゃんがアトピーになるケースもありますが、アトピーになる原因には何があるのでしょうか?

スポンサードリンク

そもそも赤ちゃんがアトピーになる原因は?

アトピー性皮膚炎とは身体がアレルギーを起こしやすい体質となることで、症状としては主に痒(かゆ)みを伴う湿疹が慢性的に続きます。

・症状が良くなったり悪くなったりする
・症状は最初に頭部や顔にあらわれ、上半身→下半身へとおりていく
といった特徴があります。

赤ちゃんがアトピーになる原因としては、
・遺伝
・食物アレルギー
・住居の環境
などがよく挙げられます。

実際にはどうして乳児アトピー性皮膚炎ができるのか、その原因ははっきり分かっていないそうです。

上記のような要素が複雑に絡んでアトピーの症状があらわれるのではないかと推測されています。

【食物アレルギー】
特に
・卵アレルギー
・乳製品によるアレルギー
が原因となることが多いです。

これらを食べていて症状があらわれた場合は、すぐに病院受診をしましょう。

卵アレルギーに関していうと、特に白身に反応します。そして、1歳を超えると赤ちゃんに耐性が出来るようになり、卵アレルギーを起こさなくなるというケースが多いです。

牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品もアレルギーを起こす可能性があるので、始めて食べさせるときは大丈夫かどうかしっかりと観察しましょう。

乳製品ぜんぶに反応が出ないこともあるみたいです。

スポンサードリンク

【住居の環境】
部屋のほこりやダニもアトピーの原因だと言われています。

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、部屋が汚れているとアトピーではなくても他の皮膚トラブルにつながる可能性が高くなってしまいます。

赤ちゃんの身の回りの清潔はしっかりと保ちたいところですね。

部屋の掃除はもちろんですが、
・シーツ類を小まめに取り替えて寝具の清潔を保つ
肌の保湿ケアをしっかりおこなう
ことも大切です。

衣類の材質や洗濯用洗剤の見直しが必要な場合もあります。
お風呂でのケアも大切ですね。特に湿疹があらわれた場合は熱いお湯がかかると痒みが増すので注意が必要です。

特に赤ちゃんの保湿ケアは重要です。
アトピーの発症リスクを下げるには、生後間もない頃から保湿剤を肌に塗ってあげるのが効果的だと言われています。

また、赤ちゃんが過ごす部屋の保湿状態も定期的にチェックしましょう。

常日頃からしっかりと赤ちゃんに保湿ケアをしてあげることが何よりの肌トラブル予防につながりますね(^^)

まとめ

・乳児アトピーの原因はまだ解明されていません。
遺伝・食物アレルギー・環境という要素が絡んでいると言われています。

・食物アレルギーは卵(とくに白身)と乳製品に反応するケースが多いです。
始めて食べさせるときは食べた後に異変がないかしっかり観察しましょう。

・肌トラブルの多い赤ちゃんには、日頃からの肌の保湿ケアが何よりも有効です。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

梅雨どきの洗濯物|部屋干し対策 臭いを抑えるコツは?
日焼けした背中のケア|一人で化粧水を塗る方法は?
すだち風呂でリラックス効果を楽しむ|美肌のメリットも
noimage
お中元のマナー|送り状は?喪中のときは?期間を過ぎたらどうする?
noimage
noimage
バランスボールを勉強机の椅子にしてみた 夏は蒸れる?汚れに注意
さつまいもの保存方法|冷凍の注意点 賞味期限はどのくらい?
noimage
お盆|盆棚の飾り方 なす きゅうりの置き物の名前 ほおずきの意味は?
赤ちゃんのアトピー症状はいつから?原因が母乳の可能性は?
noimage
衣類にカビが生える原因と対策|洗濯かご&突っ張り棒で解消♪
ハムスターの暑さ対策 留守中エアコンが活躍|エアコン以外の対策は?

Menu

HOME

TOP