赤ちゃんが頻繁に頭をかきむしる原因は何が考えられる?

939a5c9d788a2d1a05e53a723ad56b45_s
赤ちゃんが頭を掻くのは良くあることですが、頻繁に掻きむしる行動が続くと心配になりますね。

赤ちゃんが頭を掻く仕草には、どういった原因が考えられるのでしょうか?

スポンサードリンク

赤ちゃんが頭をかきむしるのを何とかしたい

赤ちゃんを育てていくなかで良く起こるのが、赤ちゃんが頭を頻繁に掻いてしまうこと。
爪で引っかいて血がでることもあるので心配になりますね。

眠たくて仕方がないために頭をかく赤ちゃんもいますが、頭の”かゆみ”が原因の場合が多いです。

赤ちゃんの頃はママのホルモンが影響していて皮脂の分泌が盛んになっています。それに赤ちゃんの肌はまだ未発達でデリケートです。そのため皮膚に関するトラブルが原因で”かゆみ”が起きやすい環境にあります。

赤ちゃんが頭をかきむしる原因は何が考えられる?

また、頭のかゆみにはさまざまな原因があります。

■脂漏性湿疹によるもの
これは先ほどお伝えした”皮脂が盛んに分泌される”ことが原因で良く起こります。

赤ちゃんは毛穴の機能がまだ十分発達していないので、排出されるはずの皮脂が毛穴で詰まってしまい皮膚トラブルに発展しがちです。

よく、皮脂が固まって黄色い”うろこ”のようになります。

これは皮脂の詰まりが原因なので、毎日のお風呂でシャンプーで丁寧に洗ってあげて清潔を保つことが大切です。

スポンサードリンク

■アトピー性皮膚炎
頭皮のかゆみはアトピーが原因の場合もあります。頭皮だけでなく、身体全体に症状があらわれることが多いです。

特に、脂漏性湿疹やアトピーの場合は患部をチェックしておく事が大切です。
髪の毛で見えにくいと思いますが、かゆみを起こしている患部は一度しっかりと観察しておきましょう。

脂漏性湿疹だと清潔を保つことで改善するケースがほとんどですが、改善が見られず症状が続くようであればアトピーの可能性があるので病院受診しておきましょう。

■シャンプーが合っていない
シャンプーが赤ちゃんの体質と合っていないために”かゆみ”が発生する場合もあります。シャンプーの洗浄作用が強すぎるのが原因なことも。

そのため、乾燥肌や敏感肌に適した低刺激のシャンプーに替えると”かゆみ”が改善すことが多いです。無添加なものもオススメです。

■頭皮の乾燥
これは主に環境が原因ですね。
赤ちゃんが過ごす部屋が乾燥していると痒みにつながります。特に冬場は乾燥がはげしいので注意しましょう。

他には、シャンプーで頭を洗い過ぎることが原因で起こる頭皮の乾燥もあるので、日頃洗い過ぎになっていないかもチェックしてみましょう。

乾燥対策としては、頭皮にベビーローションを塗ってあげるといいですね。

ベビーローションは脂漏性湿疹でも活躍します。
皮脂の塊ができた部位にベビーローションを入浴前に塗っておくと、汚れが落ちやすくなります。

身体が温まることで起こる”かゆみ”に対しては、
・お風呂のお湯の温度をぬる目にする

・汗をすぐにふいて保湿クリームでケアする

・室温や布団のかけすぎに注意する

・タオルでくるんだ保冷剤を頭に当ててあげる

といった対策がおすすめです。

また、頭を掻いて血が出たり症状が悪化してしまうときは赤ちゃん用のミトン(手袋)をつけておくと効果的です。

まとめ

赤ちゃんが頭を掻く主な原因
・乳児湿疹
脂漏性湿疹が多い、アトピー性皮膚炎の場合も

・シャンプーが赤ちゃんの肌質とあっていない

・頭皮の乾燥
乾燥やフケがひどいときは、頭皮にもベビーローションのような保湿剤を塗ってあげる

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

noimage
赤ちゃんがアトピーになる原因ってどんなものがあるの?
経口補水液の作り方と効果的な飲み方は?スポーツドリンクとの違いは?
秋刀魚のわた(内臓)に美容効果が♪魚の見分け方のコツは?
デング熱とヒトスジシマカ|蚊の対策は?虫除けのポイント
カーテンについた花粉を取る|掃除機のかけ方について
乾電池のアルカリとマンガンはどう使い分ける?併用してもOK?
赤ちゃんが耳切れになった場合アトピー性皮膚炎が原因なの?
洗濯物の紫外線対策|黒い衣類の日焼けによる色落ちを防ぐには?
歯磨き|磨き方の3つのポイント 虫歯・歯周病のリスクを減らそう
お彼岸に結婚祝いを渡すのはタブーなの?マナーで気をつける事は?
noimage
冷蔵庫の節約方法|設定温度と整理のコツは?
山ヒルに噛まれたら対処法は?血が止まらないのはなぜ?
熱中症|高齢者の症状と見分け方は?水分補給で有効な対策は?

Menu

HOME

TOP