赤ちゃんが離乳食を吐く原因は何が考えられる?

s-148714
「離乳食を吐いてしまう」

吐くことが続くと、どこか悪いのかなと心配になってきますね。

赤ちゃんが離乳食を吐くのには、どういった原因があるのでしょうか?

スポンサードリンク

赤ちゃんが離乳食を吐く原因は何?

赤ちゃんの食事を母乳やミルクから離乳食へと替えるとき、離乳食を吐いてしまい心配になることがありますね。

吐く原因も、心配いらないものと病院受診が必要なものとに別れるので、赤ちゃんの様子をしっかりと観察することはとても大切です。

赤ちゃんが離乳食を吐く主な原因をご紹介します。

■胃の構造
赤ちゃんの頃は、”吐く”という現象が起きやすい時期です。

この時期は、胃袋の位置が大人のように”横に”ではなく”縦長に”ついていて、胃の入口も広く吐きやすい構造になっています。

なので、母乳やミルクをあげていた頃から吐くことが多い赤ちゃんもたくさんいますよ。

これは成長過程のひとつなので時期が過ぎれば症状は落ち着いてくるものです。だいたい1歳半頃には落ち着くと思います。

吐いてしまっていても、時期相応の体重増加がみられなかったり吐く回数が増えたりしなければ、あまり心配しなくても大丈夫です。

赤ちゃんは食後にすぐ寝かせてしまうと、重力が上手く作用しない為に消化不良で吐きやすくなる事が多いです。食後はしばらく身体を起こした姿勢で過ごさせてから寝かせてあげましょう。

授乳の際も横向きだと吐きやすいので、体勢を変えて授乳すると改善することもありますよ。

スポンサードリンク

■食物アレルギー
吐く原因にアレルギーが関わっている可能性もあります。

もしも湿疹などがみられたら、すぐに病院受診してアレルギーの検査をしましょう。

血液検査をすれば、どの食べ物に対してアレルギー反応が起こっているのかを特定し、お医者さんと相談したうえで今後の食事メニューを調整していくことができます。

■食べ過ぎ
もしかしたら食事量が多すぎるのが原因かもしれないですね。

赤ちゃんの食事量にも個人差があるので、育児書に書いてある食事量だと多過ぎるケースもあります。

■離乳食が固い・大きい
赤ちゃんの成長段階と離乳食が合っていないことがあります。

まだ食べ物を嚙む力が弱いため、初めは小さいサイズから、段階を踏んで少しずつ大きくしていく必要があります。

急に離乳食のサイズが大きくならないように注意しましょう。

また、食べ物の種類も”柔らかさ”を優先して選んでいきましょう。ある程度固い食べ物を初めて食べるときは、サイズも注意しながらちゃんと噛めているかどうか様子を見ていきましょう。

■体調不良
他の病気が原因の場合もあります。
高熱だったり嘔吐下痢を繰り返しているときは病院を受診して原因を調べてもらいましょう。

まとめ

離乳食を吐いてしまう主な原因に
・胃の構造
・アレルギー
・食べ過ぎ
・離乳食のサイズ・固さ
・体調不良
などがあります。

吐いてしまう原因をいくつか挙げてきましたが、もしも吐いたあと赤ちゃんがグッタリしているようであれば、危険なのですぐに病院受診させましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

お盆|盆棚の飾り方 なす きゅうりの置き物の名前 ほおずきの意味は?
新築祝いを友人にあげるべきか迷った時の対処|贈り物は何をあげる?
noimage
noimage
洗濯物の紫外線対策|黒い衣類の日焼けによる色落ちを防ぐには?
車の暑さ対策グッズ|ダッシュボードも保護するサンシェード~吸盤付
noimage
夏野菜で熱中症予防には”きゅうり”が有効 食べ合わせは?
梅雨の湿気対策 押入れ編|新聞紙などの便利アイテム、扇風機が活躍?
山ヒルに噛まれたら対処法は?血が止まらないのはなぜ?
noimage
乾電池のアルカリとマンガンはどう使い分ける?併用してもOK?
入浴後のお風呂場のカビ対策|有効なのは換気扇?窓を開ける?
高齢者|念入りに紫外線対策を!気をつけたい時期と乾燥について
小学生は熱中症になりやすい? 対策と観察のポイントは?

Menu

HOME

TOP