離乳食のアレルギーって豆腐を食べた時にも反応が出たりするの?

s-148714
赤ちゃんが離乳食を始めるにあたって心配なのがアレルギーの問題です。

もしかしてアレルギーの反応が出てしまうのではと心配になりますね。

アレルギーの原因となる食べ物もいろいろありますが、豆腐もアレルギー反応が出たりするものなのでしょうか?

スポンサードリンク

離乳食のアレルギー反応について 豆腐の場合はどうなるの?

食べ物のアレルギーで特に有名なのは卵アレルギーだと思いますが、実は豆腐に関するアレルギーも多くて卵の次に多いと言われています。

栄養があり柔らかくて食べやすい豆腐は、赤ちゃんの離乳食のメニューの1つとして重宝しますね。消化にも良いです。

ですが、アレルギー反応が出る可能性を考えて、初めのうちは豆腐は少量だけあげたら一度間を置いて様子をみましょう。

これを数回繰り返してアレルギー反応が出ないことをしっかりと確認しましょう。

症状としては、下痢や嘔吐を起こしたり皮膚に湿疹ができたりします。湿疹は特に首回りにできることが多いので、良くチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

まれに呼吸困難などの重篤な症状をきたす事もあるので、高熱がでたり湿疹がひどいときはすぐに病院受診をしましょう。

豆腐アレルギーが起こる主な原因は大豆で、特に”大豆たんぱく”と呼ばれるたんぱく質が関係しています。

赤ちゃんはこのたんぱく質に対する耐性がまだ弱いのでアレルギーを起こしやすいのではないかと言われています。

また、大豆に農薬が残っていたり加工の仕方が悪いこともアレルギーに大きく影響するようなので、無農薬で無添加、そして遺伝子組み換えでない大豆を選んで食べさせてあげたいですね。

たとえアレルギー反応が出なくても、食べさせ過ぎには注意しましょう。

豆腐は食べやすいので赤ちゃんもどんどん食べてくれる事もあります。ですが、たんぱく質の過剰摂取は身体に負担がかかりますので、赤ちゃんが欲しがってもほどほどにしておく事が大切です。

まとめ

・豆腐は意外にアレルギー反応が出るケースが多いので注意が必要です。

・初めてあげるときは少量あげたあと赤ちゃんにアレルギー反応がでないか様子を観察しましょう。

アレルギー反応さえ出なければ、豆腐は赤ちゃんの離乳食としてとても重宝します。柔らかくて食べやすいですし、他の食材と混ぜて味を変えたりする事も出来ます。

ただし、使い勝手が良いために豆腐をたくさん使って食事が偏ってしまうことがないよう気をつけましょう。体に良い豆腐も過剰に摂るのは良くありません。

また、無農薬・無添加・遺伝子組み換えでない大豆を選ぶようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

会議前の眠気覚ましでいい方法は?睡眠不足でつらい時はコレ
noimage
停電時の冷蔵庫の対策|夏はどうする?何時間もつ?食品の注意点は?
ほうじ茶の生ガトーショコラ感想【セブンのコンビニスィーツ】
旦那が仕事のストレスで体調を崩しそう!自宅で出来る対策は?
赤ちゃんの首に湿疹ができた場合は病院に行った方が良い?
noimage
バランスボールを勉強机の椅子にしてみた 夏は蒸れる?汚れに注意
ハムスターの寒さ対策
車の暑さ対策グッズ|ダッシュボードも保護するサンシェード~吸盤付
noimage
ブヨから身を守るための予防策|服装の注意点と刺されたときの対処
土用の丑の日2016|今年はいつ?うなぎを食べる理由は?作った人は誰?
ハムスターの暑さ対策 留守中エアコンが活躍|エアコン以外の対策は?
noimage

Menu

HOME

TOP