離乳食のアレルギーって豆腐を食べた時にも反応が出たりするの?

s-148714
赤ちゃんが離乳食を始めるにあたって心配なのがアレルギーの問題です。

もしかしてアレルギーの反応が出てしまうのではと心配になりますね。

アレルギーの原因となる食べ物もいろいろありますが、豆腐もアレルギー反応が出たりするものなのでしょうか?

スポンサードリンク

離乳食のアレルギー反応について 豆腐の場合はどうなるの?

食べ物のアレルギーで特に有名なのは卵アレルギーだと思いますが、実は豆腐に関するアレルギーも多くて卵の次に多いと言われています。

栄養があり柔らかくて食べやすい豆腐は、赤ちゃんの離乳食のメニューの1つとして重宝しますね。消化にも良いです。

ですが、アレルギー反応が出る可能性を考えて、初めのうちは豆腐は少量だけあげたら一度間を置いて様子をみましょう。

これを数回繰り返してアレルギー反応が出ないことをしっかりと確認しましょう。

症状としては、下痢や嘔吐を起こしたり皮膚に湿疹ができたりします。湿疹は特に首回りにできることが多いので、良くチェックしておきましょう。

スポンサードリンク

まれに呼吸困難などの重篤な症状をきたす事もあるので、高熱がでたり湿疹がひどいときはすぐに病院受診をしましょう。

豆腐アレルギーが起こる主な原因は大豆で、特に”大豆たんぱく”と呼ばれるたんぱく質が関係しています。

赤ちゃんはこのたんぱく質に対する耐性がまだ弱いのでアレルギーを起こしやすいのではないかと言われています。

また、大豆に農薬が残っていたり加工の仕方が悪いこともアレルギーに大きく影響するようなので、無農薬で無添加、そして遺伝子組み換えでない大豆を選んで食べさせてあげたいですね。

たとえアレルギー反応が出なくても、食べさせ過ぎには注意しましょう。

豆腐は食べやすいので赤ちゃんもどんどん食べてくれる事もあります。ですが、たんぱく質の過剰摂取は身体に負担がかかりますので、赤ちゃんが欲しがってもほどほどにしておく事が大切です。

まとめ

・豆腐は意外にアレルギー反応が出るケースが多いので注意が必要です。

・初めてあげるときは少量あげたあと赤ちゃんにアレルギー反応がでないか様子を観察しましょう。

アレルギー反応さえ出なければ、豆腐は赤ちゃんの離乳食としてとても重宝します。柔らかくて食べやすいですし、他の食材と混ぜて味を変えたりする事も出来ます。

ただし、使い勝手が良いために豆腐をたくさん使って食事が偏ってしまうことがないよう気をつけましょう。体に良い豆腐も過剰に摂るのは良くありません。

また、無農薬・無添加・遺伝子組み換えでない大豆を選ぶようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ハムの冷凍方法と保存期間について 解凍はどうする?
花粉症|秋はどんな種類の草が原因なの?風邪との見分け方は?
離乳食を食べてくれない5ヶ月の赤ちゃんにできる簡単な工夫は?
お中元・お歳暮|お返しは必要?マナーは?断り方はどうする?
noimage
冷蔵庫の節約方法|設定温度と整理のコツは?
お中元のお礼状の書き方は?お返しする場合金額は?いつまでに渡す?
赤ちゃんの脂漏性湿疹の原因とケア方法 アトピーとの違いは?
食後すぐ横になるとよくないの?腹痛になったり太るって本当?
noimage
瓶のラベルのキレイな剥がし方|調味料入れに再利用したい♪
日焼けした背中のケア|一人で化粧水を塗る方法は?
旦那が仕事のストレスで体調を崩しそう!自宅で出来る対策は?
洗濯槽にカビが発生する原因とその対策|掃除方法と頻度は?
会社での挨拶や会話|上司 来客時 電話対応の常識マナークイズ

Menu

HOME

TOP